FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四次投げスキル:スピリットダーク

スピダアイコン スピリットダーク

アクティブスキル。






*マスタリーブック入手法*

スピダ20 MB20:   トリプルプテラスからドロップ

スピダ30 MB30:   ファントムプラントまたは忘却の神官からドロップ













スキル効果

手裏剣200個を一度に消費した後、一定時間手裏剣を消費せずに、攻撃する。


LV

消費MP

効果

15

 持続時間62秒

15

 持続時間70秒

10

15

 持続時間80秒

11

25

 持続時間82秒

15

25

 持続時間90秒

20

25

 持続時間100秒

21

30

 持続時間102秒

30

30

 持続時間120秒




スキルレベルが1上昇する毎に持続時間が2秒増加する。 地味。

スキルレベル11と21でそれぞれ消費MPが5ずつ増加。 地味。









スキル詳細

使用中は手裏剣を投げ放題に出来るスキル。

補助スキルだが、他の攻撃スキルや補助スキルを出し終わった後の硬直中にも発動出来るという特殊な性質を持っている。

さらに発動の隙は非常に少なく、ダークサイト並みかそれ以下。

なので手裏剣を投げた(スキルボタンを押した)直後にスピリットダークが切れても、

次の手裏剣を投げ始めるまでにスキルをかけ直すことが出来るので、怒涛の連続手裏剣攻撃の邪魔にならない。



持続時間は短めだが、

スキルレベルが上がるほど、持っている手裏剣の枚数が多いほど、特にボス戦など投げっぱなしの状況が続くほど効果が大きい。



スキル使用時、最初に200枚消費する。直後にスキルカットを受けると切ない。

消費欄の一番上にある手裏剣から消費するが、

スキル効果中に手裏剣の並び順を変えても「使用する手裏剣のカーソル」がずれることはない。

スピダ並び

なので例えば水手裏剣を先頭にしてスピリットダークを使ったあと、日の手裏剣を先頭に持っていっても投げるのは水手裏剣になる。



消費欄の一番上にある手裏剣が200枚未満だと、その次にある手裏剣を消費する。

手持ちの手裏剣が200枚未満だと「スキル発動に必要な手裏剣が足りません」と出て使用出来ない。

また、例えば「雷シュリ100枚+日シュリ100枚」で違う種類の手裏剣の合計で200枚以上あっても使用出来ない。

こういった特徴から

二次スキル・プログレスをMAX(充填数+200)にしておかないと何かと損をする。



また、200で割り切れない水・月・木・金の手裏剣とは相性が悪い。(100枚余る)

多分「水シュリ100枚+水シュリ100枚」という状況でも使用出来ない?





以下ちょっと諸々の計算。

 


 




スピリットダーク未使用時の各スキルの分間手裏剣消費枚数(シャドパ込み)はそれぞれ

ラッキーセブン・・・  400枚(4×100)

トリプルスロー・・・  600枚(6×100)

アヴェンジャー・・・  570枚(6×95)



なので スピリットダーク1:効果時間1分2秒で消費200枚 からかなり有用であると言える。

ただ実際には手裏剣投げる以外にもごちゃごちゃと行動を取るはずなので、

ボス戦でも上の70~90%ほど、雑魚敵だと狩り場によるが50~90%ほどになるんじゃないだろうか。

それでもレベル1からほぼ有用と言えそうだ。




持っている手裏剣の枚数とスピリットダークの各レベルによってどれくらいの時間もつのか計算してみた。

自分が持っている手裏剣とスキルレベルから「自分がどのくらいの時間手裏剣を投げ続けていられるか?」の目安にでもどうぞ。


持っている手裏剣は

雷1200枚 × 4セット (消費欄一段分)
日1000枚 × 4セット

とする。


  Slv. 1 SLv. 5 SLv.10 SLv.15
 セット

24分48秒  

28分  

32分  

36分  

 セット

20分40秒  

23分20秒  

26分40秒  

30分  



 

  Slv.20 SLv.25 SLv.30 SLv.--
 セット

40分  

44分  

48分  

--  

 セット

33分20秒  

36分40秒  

40分  

--  





MAXで雷なら二段+2セットほど、日なら三段分もあれば二時間もつ。

SLv10くらいあればどっちでも二段分につき一時間ほど狩っていられるようだ。

ちなみにスキルレベルが1上がると一段につき、雷なら48秒、日なら40秒投げ放題タイムが伸びる。









スキル振りのヒント

とりあえずこちらも最初に1振るのをすすめる。

みっちり狩り続けられるタイプのプレイヤーであれば1でも有る時と無い時との違いを大きく実感出来るだろう。

チャットしながらのんびり狩るタイプの人だとチャット中に効果が切れてしまうことも多々あって使いにくいが、

それでもボス戦ではかなり有効に使えるので一応習得しておきたい。



レベルを上げることで直接火力が増える訳ではないので、トリプルスローやメイプルヒーローより後回し気味でいい。

ひとまず10あれば手裏剣一段分に付き30分くらいもち、かなり使いやすくなるので余裕が出来たときに上げておこう。

以降は効果時間が物足りないと思う人や、あまり枚数の無い高価な手裏剣を有効に使いたいと思う人は上げていくといい。



個人的な意見になるが、

”一時間くらい狩ると疲れてやる気が落ちるタイプ”且つ”色んなスキル使いたいタイプ”としては15止めがおすすめ。

手裏剣が2段分=8セットもあれば、大体どんな種類の手裏剣でも一時間からちょっとくらい狩っていられる。

MB30も使えるようになるので、さっさと宿らせて安心したあとに他のスキル、

ベノムや忍者ストーム、ネタと言われるアンブッシュなどにも早い段階からSPを振っていける。



ちなみにMBの入手にそれほど苦労しない分類のスキルなので上げやすくはある。





スポンサーサイト

テーマ : メイプルストーリー
ジャンル : オンラインゲーム

tag : 四次スキル スピリットダーク

四次投げスキル:フェイク

フェイクアイコン   フェイク

パッシブスキル。







*マスタリーブック入手法*

フェイ~1    MB20:ダークワイバーンまたはワルメンボウ(左)からドロップ


フェイ~2    MB30:後悔の神官、レヴィアタン、ワルメンボウ(右)からドロップ














スキル効果

身代わりの木製人形で敵を騙し、攻撃を回避する。


Lv

効果

 1%の確率で敵の攻撃を回避

 5%の確率で敵の攻撃を回避

10

 10%の確率で敵の攻撃を回避

11

 11%の確率で敵の攻撃を回避

15

 15%の確率で敵の攻撃を回避

20

 20%の確率で敵の攻撃を回避

21

 21%の確率で敵の攻撃を回避

30

 30%の確率で敵の攻撃を回避



SLvが上がる毎に1%ずつ回避率が上昇。







スキル詳細

通常の回避が失敗したあと(攻撃が当たったとみなされたあと)表記の確率で敵から受けるダメージを無効化する。

フェイク発動時にはF2(笑顔)の表情を浮かべる。

フェイク発動

「この人何故だか笑ってる!」と思われるかもしれませんが、勝手に出るので気にしないでください。きっと怪しい人ではないんです。









HPダメージと一緒にMPへのダメージも回避するのでHPMP1攻撃もフェイクが成功すれば完全に無効化出来る。

ただし一度”当たった”と見なされている為か、その他の追加効果(気絶・暗闇など)は無効化出来ない(ダメージだけ回避する)。

HPダメージを伴わない状態異常攻撃(スロー・スキル解除などほか)に対してはフェイクが発動しない。

忍耐MAPなどにあるダメージトラップに対しても発動しない。





通常の回避が出たときとフェイクが発動したときの無敵時間では、フェイクの方が若干短い気がする。










実際の回避成功率については、

説1「実際の数値通り、1%なら1%の確率で回避する」

説2「実際の数値に+10%、1%なら11%の確率で回避する」

説3「SLv9までは数値+10%、SLv10以降は実際の数値通り」

説4「実際の数値より+10%になるのは斬りだけ。投げは数値通り」

など諸説ある。









どれも噂の域を出ず、実際のところはさっぱり分からんので狩りついでに検証してみた。






スキルレベルは10。回避率は10%表記。

狩りながらフェイクが発動した、またはフェイクが失敗した(ダメージを受けた)回数をカウント。MISSが出た場合はカウントしない。

一回目失敗なら1・0、二回目でフェイク発動したら2・1、三回目で失敗なら3・1、と言った感じでカウント。

フェイクが発動した+ダメージを受けた回数が10回になるごとにフェイクの発動回数をメモ×20セット(総検証回数は200回)








結果

一回目・・・    フェイク発動3回
二回目・・・    フェイク発動4回
三回目・・・    フェイク発動1回
四回目・・・    フェイク発動0回
五回目・・・    フェイク発動3回
六回目・・・    フェイク発動5回
七回目・・・    フェイク発動1回
八回目・・・    フェイク発動3回
九回目・・・    フェイク発動4回
十回目・・・    フェイク発動5回
十一回目・・・    フェイク発動3回
十二回目・・・    フェイク発動2回
十三回目・・・    フェイク発動3回
十四回目・・・    フェイク発動1回
十五回目・・・    フェイク発動3回
十六回目・・・    フェイク発動0回
十七回目・・・    フェイク発動3回
十八回目・・・    フェイク発動0回
十九回目・・・    フェイク発動3回
二十回目・・・    フェイク発動5回



200回中総発動回数 52回

検証結果から見る実際の成功率 = 26%







あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

『おれは表記通り10%回避出来ると
思っていたらいつのまにか26%も回避していた』

な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
おれも何が起きたのかわからなかった

頭がどうにかなりそうだった…

計測ミスだとかたまたまだとか
そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ

もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…













いやフェイク1(確率1%)のときから妙に回避するなーとは思ってたんだけどねぇ。

それこそ1%が信じられない程に。


確率10%で200回検証なら20回成功となるはず。

余裕で倍以上成功してるとなるとこれは偶然とは言えないのではないか?



説1と4は違ってそうだし、スキルレベルも10だから説3も違ってそうだ。

とりあえず今回の検証としては説2の

「実際の数値に+10%、1%なら11%の確率で回避する」

を支持することにする。

+6%くらいなら誤差と言ってもいいだろー。
















スキル振りのヒント

スキルレベル1でも妙に回避してくれるのでとりあえず1振っておくのがオススメ。



レベルを上げる毎にダメージを受ける機会が減るので、結果攻撃のチャンスも増える。

さらに思わぬ墓ドロップを紙一重で救ってくれることもある優良スキル。


四次スキルのアンブッシュ(Lv5)とショーダウン(Lv10)の前提スキルにもなっている。

どちらもスキルの隙が大きい為、フェイクを上げておけば動作の保険になる。










上げれるだけ上げておいて損のないスキルなのだが、MB20のレア度が少々高い。

ボスであるワルメンボウを除くとダークワイバーンからのみのドロップ。

ダークワイバーンを効率よく狩れるMAPは「龍の巣の入り口」と「峡谷の東道」・「峡谷の西道」。

しかし「入り口」はまとめて狩るには少々数が少なく、

「峡谷の~」は数が出るがMAPが横に狭く、篭手パンチが出てしまいやすい狩りにくいMAP。






MAX忍者ストームがあれば「峡谷の~」で狩るのがいいだろうが・・・

そもそもリプレ奥地の敵のMBドロップ率自体低いので自力ドロップは大変だろう。

露店に並ぶのを探すのが無難か?ただし投げのスキルの中では少し高め





MB30は後悔の神官から狙うのがいいだろう。

こちらは結構な確率でドロップするので自力ドロップも目指せる。











効率・火力面を考えると、トリプルスロー、ベノム、メイプルヒーロー、スピリットダークあたりがある程度揃ってから上げるといい。

その後はかなりお好みで上げて構わない。








テーマ : メイプルストーリー
ジャンル : オンラインゲーム

tag : 四次スキル フェイク

四次投げスキル:アンブッシュ

アンブアイコン   アンブッシュ

アクティブスキル。

前提スキル:フェイクLv5






*スキル習得方法*


クエスト「影の中に隠れている存在」をクリアすることで習得出来る。

初期習得ではないスキルの中では一番簡単な部類に入る。



ヘリン


まずは四次転職官のヘリンからクエストを受けよう。


受けたら続いてダークロードの元へ。













ダークロードに声をかけてください   ダークロー・・・



ダークロード    「’ダークロード’に声をかけて」クエストを完了する。






その後再び話かけ、ダークロードの子分を六体倒せばクエスト完了。

子分は三次転職のときに出て来たダークロードの分身と同じ強さというかどうも同じやつっぽいので特に苦労はないだろう。

もう一度話しかければアンブッシュを習得出来る。















*マスタリーブック入手法*

アンブッシュ20    MB20:バイキングまたはワルメンボウ(左)からドロップ


アンブッシュ30    MB30:ワルメンボウ(右)からドロップ














スキル効果

隠れていた仲間が一斉に飛び出し、一定時間攻撃する。

一度に6匹以上は攻撃せず、敵のHPは1以下に落ちない。



Lv

消費MP

効果

 16

  ダメージ62%、持続時間4秒、攻撃範囲110%

 16

  ダメージ70%、持続時間4秒、攻撃範囲120%

10

 16

  ダメージ80%、持続時間4秒、攻撃範囲140%

11

 32

  ダメージ81%、持続時間8秒、攻撃範囲140%

15

 32

  ダメージ85%、持続時間8秒、攻撃範囲150%

20

 32

  ダメージ90%、持続時間8秒、攻撃範囲170%

21

 48

  ダメージ91%、持続時間12秒、攻撃範囲170%

30

 48

  ダメージ100%、持続時間12秒、攻撃範囲200%





ダメージはSLv1~10まで2%ずつ上昇、11以降は1%ずつ上昇。

持続時間・消費MPはSLv11で4秒→8秒・16→32、SLv21で8秒→12秒・32→48と大きく上昇。

攻撃範囲はSLv4で10%増加、以降は3レベル毎に10%ずつ増加。SLv28でMAXになる。












スキル詳細

使用した瞬間、攻撃範囲内にいたモンスターに忍者がとりつき毎秒ダメージを与える。最大6体まで。

攻撃対象の物理・魔法防御を無視した固定ダメージ技。

また対象が物理1、魔法1、反射状態にあってもそれを無視してダメージを与え続けることが出来る。

ただし反射中に使うと、忍者のエフェクトが反射のエフェクトと同じ位置に出るため見づらくなる。

特にボスでPTを組んでいるときの使用は注意すべき。

与えるダメージは使用者のSTRとLUK、スキルレベルに影響される。

どれほどのダメージを与えてもKBは発生しない。

シャープアイズがかかっている状態であったとしても、クリティカルは発生しない。




使用時の硬直はおよそ2秒。

メイプルヒーローやシャドーパートナーと同程度の時間だが、梯子に掴っての使用は不可。

使用した瞬間から範囲にいた敵のターゲットを取ってしまうため、

こちらが動けるようになる前に敵の反撃を受けることはほぼ必至。

ダメージを受けないようにするのには工夫が必要。

スキル使用と同時に回復薬を使ったりするとタゲだけとって忍者が出てこないことがあるような。

効果時間はMAXで12秒。その間に大体12~14回ほど忍者が攻撃する。

補助スキルのように効果中に再使用することで、効果時間の上書きが出来る。







物理攻撃というより敵にかけられる補助スキルといった感じのスキルであるためか、必中。

また物理攻撃ではないため、物理攻撃でとけるタイプの気絶や、シャドーウェブの効果を打ち消さない。

シャドーウェブで捕獲→アンブッシュで子分取り付けを繰り返すことで、

敵の反撃を一切受けずシャドーウェブのみの場合より素早く敵のHPを1に出来る。

実戦的ではないがネタとしてどうぞ。

装備武器が篭手や短剣以外でも使える。






横の効果範囲はMAXで忍者ストームMAXと同程度。

忍者ストームMAXで吹き飛ばした敵に当たるときもあれば当たらないときも。

敵の横幅が広い、忍者ストーム使用時の敵との距離が近い、ストーム使用後素早く発動など、条件が良い程当てやすくはなる。

1だと篭手パンチの出る距離くらいでないと当たらない。

縦の効果範囲は上下1キャラ分くらいだろうか?








与えるダメージは以下の計算式で求められるらしい。


ダメージ = α × ( STR + LUK ) × スキル攻撃力(%)

αの値 = 1.5 + スキルレベル × 0.05

「メイプル記 気ままな独り言」様より。

スキルレベルMAXで (STR + LUK) × 3 になるんだとか。



色々とデータとったりごちゃごちゃとした計算をこなした上で導き出した答えなのだろうが、世の中凄い人がいるもんだ。

他にもメルプロ、チャクラ、ピクポケ、暗殺等斬りのスキルを詳細に検証しておられます。

残念なことに更新は止まっているようですが、斬り賊の方は参考にしてみては?











実際にどれくらいのダメージを期待できるのか、またアヴェンジャーやトリプルスローのダメージと比較してみよう。



適当にサンプルとしてステータスは、


攻撃力 = 篭手70 + 手裏剣27 + 手袋10 + マント3 + Jタコ20 + 祝福10 = 140

STR = 14

DEX = 160

LUK = 600

とする。







アンブッシュMAXのダメージ = ( 600 + 14 ) × 3 = 1842

実際は12回ほど攻撃するので 1842 × 12 = 22104









トリプルスローMAX、シャドパ込みで考えて

最小ダメージ = ( 600 × 2.5 ) ÷ 100 × 140 × 1.5 × 3 × 1.5 = 14175

最大ダメージ = ( 600 × 5 ) ÷ 100 × 140 × 2.5 × 3 × 1.5 = 47250

平均ダメージ = ( 14175 + 47250 ) ÷ 2 = 30712

アンブッシュの硬直時間を2秒として、TTは分間100回攻撃できるので、

2秒間の攻撃回数 = 100 × 1 / 30 = 3.33・・・


アンブッシュ使用中にTTで与えられるダメージ = 30712 × 3.33 = 102271





続いてアヴェンジャー。

最小ダメージ = ( 600 × 0.9 × 3.6 × 0.6 + 14 + 160 ) ÷ 100 × 140 × 1.8 × 1.5 = 5066

最大ダメージ = ( 600 3.6 + 14 + 160 ) 100 140 1.8 1.5 = 8822

平均ダメージ = ( 5066 + 8822 ) ÷ 2 = 6944

アヴェは分間95回攻撃なので、

2秒間の攻撃回数 = 95 × 1 / 30 = 3.166・・・


アンブッシュ使用中にアヴェンジャーで与えられるダメージ = 6944 × 3.17 = 22012






ダメージ比較・アンブッシュ一回使用中、およそ2秒の間に与えられるダメージ期待値

アンブッシュダメージ   22104

TTダメージ        102271

アヴェンジャーダメージ 22012





思ってたより弱ぇえな ('A



TTに勝とうと思ったら5体は巻き込むべきか。


実際とこTTとアヴェンジャーは敵の防御力分ダメージが下がるのと、

3回攻撃する間にはほぼ一回反撃が来るので上の数字よりかは幾分ダメージが下がるだろうが・・・

相手にベノムの効果があると考えた場合は、その下がる分のダメージを補って余りあるだろう。

もしシャープアイズがかかっていたとしたらアンブッシュがTTやアヴェに並ぶのは絶望的。



サンプルより攻撃力が上がればTTとアヴェンジャーのダメージがあがるだろうが、

もしLUK極のキャラクターだったならばもう少しアンブッシュの方が強くなるはず。







結果から考えると、アンブッシュが有効に働く状況というのはかなり限定的か。



TT一回またはアヴェ一回投げれるところを、周囲を敵に囲まれていて(出来れば5体以上)、

篭手殴りで一手、

FJで一手、

と余計な行動で消耗するより、アンブッシュを使った方がいい。そんな状況も全くないではないこともないかもしれない。

逆にアンブッシュを当てるためにわざわざ敵に近づくのはまさに無駄だろう

この近づかないと当てられないというのもかなりネックなんだがね。

敵に近づくと篭手パンチが出る分無力になるという投げの性質と相性が悪い。












にしてもMAXでこれだから、MAX未満のアンブッシュだとホントゴミみたいなもんなんだな・・・







せめてダメージ量が倍ほどあれば、、、

せめてスキル硬直がアヴェンジャーほどなら、、、

せめて効果が10体くらいにあれば、、、

あるいはポイズンミストのような設置型のスキルなら、、、

またあるいは禁術クラスの効果範囲と効果対象数があったら、、、







使っててそんな妄想の耐えない、要は残念なスキル。











MAXになったので実際の使用感をちょっと追記。

与えるダメージ量と実際使ってみての隙は、体感的にアンブッシュMAX=アヴェ×2+ベノムダメージ(ベノムはLV21)くらい。

集め狩りに向いている。

FJで飛び回りながらタゲを取る際、

前方に敵が複数いたらアヴェンジャー、着地点に密集していたらアンブッシュと使い分けが出来そうだ。

硬直が長く被ダメの機会が増える気がするけど、その為にフェイクが前提スキルなのかもしれない。案外深いなネクソン。



それでも無理矢理使ってる感が少しある。なければないで困ることはないように思う。

狩りでの選択肢が増えてちょっと楽しいけど。

MH30とフェイク30が揃えばもう少し雰囲気が変わるだろうか?








スキル振りのヒント

まずはご決断を。

無難な1止めか、MAXという無駄に厳しい道のりを歩むのか


その必中性能、タゲは取ってもとどめは刺さない、という性質があるので1でも使い道がないことはない。

というかある意味充分。


例1) ある程度低いレベルで大親分戦に参加して経験値をもらいたいとき。

例2) 天狗戦で姫を片側に寄せたいとき。


MAXにするのはこれ以上の効果を望む人だけにしよう。






何よりもMB30の入手元が問題。

ワルメンボウ(右)ってな。

ワルメ~1

もともと使えないのにそんな無駄な希少価値を付けてどうすんだ?



まず被ダメ4.8kほど、ハイパーボディでもかけてもらわないと投げは大抵即死。

沸き時間も12時間ほどから1日~2日ほど?で滅多にお目にかかれない。

ドロップ率も悲しい程低い。

各鯖露店を探して一冊あるかないかくらいのレアリティと言えばわかるだろうか?







相場はおいくら?と言われても難しい。

ワルメンドロップ(レア)と知ってふっかけてくる人もいれば、

悲惨な性能ゆえ、ネタスキル認定されていることを知っていて格安で置いてあったり。




ちなみに私は忍者ストーム30のMBを探してフリマを巡っているときに偶然5万メルで置いてあるのを発見して

しかも偶然成功したという(いつでも使えるよう15で止めていた)、何とも運任せな来歴。通算2枚目だった。








投げなんてTTとかラッキーセブンやってるだけっしょ?みたいに見られるのが嫌な方。

ネタと言われると上げたくなる方。

投げという職業をあらゆる意味で使いこなしたいなんてお考えの方。

これらに該当する人はそれなりのお覚悟を。

望まねば手に入ることもなく、望んでも手に入りにくい、なんというかもう運の世界だ。

それでもMAXにすれば使える、、、なんていう風には言えそうにない。。。








11/24 スキル詳細をちょっと追記+修正

テーマ : メイプルストーリー
ジャンル : オンラインゲーム

四次投げスキル:トリプルスロー

トリスロアイコン  トリプルスロー

アクティブスキル。






*スキル習得方法*


エルナス奥地にいるボス

ジャクム本体1  ジャクムからドロップするスキルブックを使うことで習得。







*マスタリーブック入手法*

トリプルスロー20   MB20:ジャクムからドロップ

トリプルスロー30   MB30:ホーンテイルからドロップ






スキル効果

手裏剣を一度に3個投げ、敵に大ダメージを与える。


LV

消費MP

 効果

11

 ダメージ102%

12

 ダメージ110%

10

14

 ダメージ120%

15

15

 ダメージ130%

20

17

 ダメージ140%

30

20

 ダメージ150%













スキル詳細

ラッキーセブンの強化版。投げる枚数が2枚から3枚に増える。だけ。

(一応HIT時効果音がトリプルスロー専用のものに変わるけど。ラッキーセブンは敵によってHIT音が変わる)




下表はラッキーセブン(MAX)とトリプルスローの各レベル時の合計ダメージ比較。

LUKは500、攻撃力合計は篭手+Jタコ焼き+手裏剣で100として計算。シャドーパートナーなし。

 

 ラッキー30 トリスロ1 トリスロ5 トリスロ10 トリスロ15 トリスロ20 トリスロ30
最小ダメージ3750382541254500487552505625
最大ダメージ750076508250900097501050011250
最小ダメージ(クリティカル)6250757578758250862590009375
最大ダメージ(クリティカル)12500151501575016500172501800018750
平均ダメージ81259487.59937.51050011062.51162512187.5



トリプルスローレベル1からラッキーセブンより強いことがわかる。実質相手の防御力を計算に入れると低くなることもあるが。


シャドパ込みで考えるとラッキーセブンより2回攻撃回数が増えるため、よりベノムの効果が出やすくなるのも強み。


シャドパ中は攻撃回数の多さから、HPの割りにKB値が低い敵では一回の攻撃で敵が2回ノックバックすることもある。




手裏剣の消耗もかなり激しくなる。手裏剣16セットで1時間半弱くらいだったかと。

長時間狩る人は一時的に手裏剣を消費せずに攻撃出来るようになる スピリットダークアイコン スピリットダークも合わせて使いたい。










スキル振りのヒント

四次投げにとっての主力となるスキルなのでスキルブック、マスタリーブックが手に入り次第優先的に振っていきたい。

スキルブックのジャクムドロップ率は3~4回に一回だろうか。

ボスルートを取った人がザクチケ持ってたりDT内に撃破すれば2回に一回は出るか?






MB20は出回りが良く安価。スキルブックさえ手に入れてしまえば20までは簡単に上げられる。

というかスキルブック取りに行ったついでにジャクムから出ることもある。




問題はMB30。

こちらはホーンテイルからのドロップ。

希少価値とその重要性から投げで使うMBの中で最高額で取引される。

成功率は50%・・・。ナイトロードとしてのより高みを目指すなら避けては通れないギャンブルでもある。





他の四次スキルのベノムやスピリットダークと相性が良いので、使う際はどちらにも最低1ずつは振っておくといい感じ。








振り方案

四次転職後すぐスキルブックを入手出来るなら、転職時にもらえるSPを

トリプルスロー1、ベノム1、スピリットダーク1、と振って以降はトリプルスローに振れるだけ振ろう。



それ以外の場合は入手後に優先的に振る感じで。

ベノム1、メイプルヒーロー9と振ったあとは、他のスキルに振っても効率がよくなるとは言えないので20程SPを貯めておきたい。











テーマ : メイプルストーリー
ジャンル : オンラインゲーム

tag : トリプルスロー 四次スキル

四次投げスキル:忍者ストーム

忍者ストームアイコン   忍者ストーム

アクティブスキル。






*スキル習得方法*

かなり手間。







何はなくともまずは  正体不明の手紙  ”正体不明の手紙”の入手から。








落とす敵は

BP.gif   ブレイブパイレーツ。






恐らく四次するより前に持っている人は少ないだろう。


なにぶん投げには狩りにくい相手。思えば忍者ストームがあれば狩りやすくなるだろうけどすごい矛盾。




KB値3700とノックバックさせ辛い上にぐいぐい近づいてくる。

距離が詰まって逃げようとすと後ろから魔法でべしっ。

遠距離からなら攻撃は届かないだろうと思ってもべしっ。

この高さには届くま・・・べしっ。





かなりイラつかせてくれる。






自力ドロップを狙うより、フリマあたりで探すのが無難だろう。(高い火力があればごり押しも出来るだろうが)

逆に戦士にとっては狩りやすい相手なので、戦士の友達がいれば聞いてみるのも手。










首尾よくゲットしたら

テラスホール     テラスホールからひたすら左へ。

雲のバルコニー   雲のバルコニー。





何もいないと思いつつもさらに奥に進むと   盗賊転職教官  ← こんな感じの”正体不明の盗賊”が出現。



オルビスの紅葉玉のところへ行ってこいと言われるので、オルビスのギルド本部(出会いの丘)へ。


紅葉玉



紅葉玉は建物の外の一番高い位置にある。浮いた足場に乗って↑キーでワープしていける。

クエストを完了したら再び盗賊のところへ戻る。





そしてここからが本番。今度は

 グリフォンの羽風(グリフォンからドロップ)

 ブギの呪われたハリケーン(ジャクム本体召還雑魚、テンからドロップ)

 タナトスの黒い突風(タナトスからドロップ)


を集めてくるように言われる。


入手難易度は  突風 < 羽風 < ハリケーン   といった感じ。


難しい物から集めることを勧める。最初はハリケーン。

そもそもジャクム参加の為のクエストもかなり手間だしね。











テン   テン


テンを召還するボス・ジャクムは重く、PCの性能によっては参加すら難しいことも。

最悪ネカフェからのINといったことも視野に入れておく必要があるかもしれない。

そもそもコネがないとジャクムいくことすら難しかったりするけど。

逆にコネさえあれば存外すんなり。友達って大事だなって思わされる。

友達の友達など出来る限り広く聞いてみよう。




コネがない人は”ジャクムへの門”で待機している人のところへ直接行ってお願いするしかないだろう。

拡声器を使うよりか誠意が感じられていいんじゃないかと思う。

諦めずに何度もアタックしていこう。






テンを召還するのは腕を全て落としたあとの本体戦、HP1ゲージ目の間だけ。

しかもテンは召還されて即高レベルプレイヤーの範囲攻撃に巻き込まれて倒されていく。

結果折角出たETCも大抵ジャクムに接触しないと拾えない位置に落ちる。

ジャクムの接触ダメージはおよそ1万。体力面で貧弱な投げにはまず無理な数字。

アイテム自動収集機能のついたペットに取りに行かせるしかないかと。




自動収集付きペットを持っていない人でもデンデンがまだ残っていればいいけどね・・・。

ペットデンデン











ついでに基本的にスキル取得者のペット出しは禁止されていることが多い。(ドロップ持ち逃げ防止のため)

事前に主催者にペットを出しておく理由を伝え、ETCを拾ったら速やかにペットをしまっておけばトラブルも起きにくいだろう。








さらについでに本体撃破まで生き残ることが出来れば  トリスロアイコン小 トリプルスロー のスキルブックを入手するチャンスもある。

トリプルスローは四次の主力となるスキルであり、何よりもまず最初に取得したいところであるが、

ジャクムに気軽にいけない人は特に、忍者ストームとセットで取得するため上記の手順を済ませておくことで手間を省ける。

テンETCは3~4回に一回(個人的な経験上)、トリプルスローは2回に一回くらいで出るかな?やるだけやったら後は運次第。










テンETCを入手できたら、次はグリフォンの羽風を狙おう。

グリフォン   グリフォン


四次したてでは相手の攻撃にHPが耐えられない場合が多く、また倒すのにも時間がかかるだろうので友達に協力を願おう。



気張らずとも楽なやり方もある。

どこぞの誰かがグリフォンと戦っているところを探し、 相手が倒した頃を見計らって(相手が出てくるのを待って)こっそり中に入りETCをかっさらうという技。

羽風はクエストアイテムな為、クエストを受けていない人には見えず、拾うことも出来ないという点をついたテクニック。




正直後者が楽。俺も後者さ!












最後はタナトスの黒い突風。頑張れ。

タナトス   タナちゃん。















全部入手出来たら

ヘリン  四次転職官ヘリンのところへいけば無事習得。





お疲れ様。

笑顔で忍者ストーム









*マスタリーブック入手法*
忍者ストーム20   MB20:スケルゴサウルスからドロップ

忍者ストーム30   MB30:ギルドクエストの報酬






スキル効果

仲間の忍者たちが旋風のように素早く動き、周囲の敵を左右に押し出しつつ、わずかな時間気絶させる。


LV

消費MP

効果

16

 ダメージ42%、42%の確率で短距離吹き飛ばし

16

 ダメージ44%、44%の確率で短距離吹き飛ばし

16

 ダメージ46%、46%の確率で短距離吹き飛ばし

11

24

 ダメージ61%、62%の確率で中距離吹き飛ばし

21

30

 ダメージ71%、82%の確率で長距離吹き飛ばし

26

29

 ダメージ76%、92%の確率で長距離吹き飛ばし

30

25

 ダメージ80%、100%の確率で長距離吹き飛ばし












スキル詳細

ダメージ+吹き飛ばし+気絶の効果を与える。最大6体まで吹き飛ばせる。一度発動させると1秒くらいの間隔をおかないと再使用出来ない。

武器を装備していない状態でも発動出来、また篭手以外の武器を装備した状態でも発動出来る。

気絶時間は1~2秒。攻撃を加えるとこの気絶は解除される。

吹き飛ばし距離はMAXでちょうどシャドーウェブが届くくらいの距離。スキルの射程距離はそれより気持ち短い程度。

上下範囲はアベンジャーくらいだろうか?もう少し狭いかもしれない。上よりも下の方向にやや判定が広い。








他の攻撃でKB中の敵に当てると吹き飛ばずにダメージと気絶だけ発生する。

特にアヴェンジャーでKBをとりやすい相手にはよく起こりがちな現象。

当たった敵は、キャラクターを中心に同じ距離まで飛んでまとまった位置に停止する。

FJ後すぐ発動したりするとちょっとずれることもある。覚えていても使えない知識。









ダメージ量は微々たるもの。ダメージソースとして期待は出来ない。

デンデンとか弱い敵なら手裏剣を消費せず狩れるけども。

手裏剣を使わないせいか、プログレスは効かず、クリティカルも発生しない。さらに手裏剣分の攻撃力も上乗せされないようだ。








ボス扱いのモンスターは吹き飛ばせず気絶もしない。

一応ダメージだけは出るがあくまで雑魚狩り用のスキルと捉えておこう。




スキルレベル毎の成功率次第でミスも出る。

ミスが出るとダメージも気絶もなく、吹き飛ばしも発生しない。

暗闇状態や、必中でない相手を狙ったときの攻撃でも普通にミスが出るため、

通常の命中処理を行ったあと、 100 - 成功率 の確率で必ずミスになるといった処理がなされているんだろうと予想。

ミスと出ているのに、ダメージと気絶だけ出て(HPゲージちょっと減ってたり)吹き飛ばないってこともあった。バグ?


ミスが出た場合でも勿論タゲを取ってしまう。






















スキル振りのヒント

1~20程度のスキルレベルでは使いものにならない。

ミスしてもタゲをとる、連続で使用出来ないというところが非常にネック。




スキルレベルが低いと、

「遠くの敵を攻撃していたら、近くに急に沸いた敵を篭手でぶん殴ってしまった。

 あわてて忍者ストームで吹き飛ばそうとしたがMISSが出てしまい、

 しかも背後にいた敵もストームで巻き込んでいた為、結果三匹に囲まれしかも連続で忍者出せなくてあばばばばばばば」

なんてことが頻発する。




スキルレベル21以降でも、

「4匹中3匹しか吹き飛ばず、残った一匹が邪魔で吹き飛ばしたさらに後ろの敵をアベンジャーでうまく巻き込めなかった。」

とかよくあるので非常に歯痒い思いをする。

え、これホントに94%??6匹中2匹も残るとかありえないんですけど???

もどかしい。














しかしマスタリーブックの入手難易度がかなり問題だ。MB20,30ともに自力ドロップは非常に難しい。

特に30。ギルクエ報酬とか勘弁してくれ。


フリーマーケットでもあまり見かけない。値段もそう安いことはない。

ある程度の覚悟がいるんじゃないかと。










しかしそれにつけても30になったときの使用感はすこぶる良い。

篭手パンチがどうしても出やすい、足場の狭い狩場などで活躍する。狩りにくい場所が狩れる場所へと変化する。

忍者ストーム30は投げの可能性を広げてくれることだろう。






習得からレベルマックスまでの道のりは厳しいが、その苦労にはきちんと答えてくれるはずだ。








振り方案・ネタで1止めまたは0。MB20をなんとか貼り付けて15で止めてMB30待ち。使うなら絶対にMAXだ。

順序としてはTTを振れるだけ振って、ベノム少々、スピリットダークをお好みで振った後くらいがいいだろう。








テーマ : メイプルストーリー
ジャンル : オンラインゲーム

tag : 忍者ストーム 四次スキル

訪問者数
プロフィール

ぐんじょお

Author:ぐんじょお


メイプルストーリーぽぷら鯖で
ぼちぼち活動していた投げ賊

PSO2 ウル鯖にて活動開始!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。