FC2ブログ

四次投げスキル:忍者ストーム

忍者ストームアイコン   忍者ストーム

アクティブスキル。






*スキル習得方法*

かなり手間。







何はなくともまずは  正体不明の手紙  ”正体不明の手紙”の入手から。








落とす敵は

BP.gif   ブレイブパイレーツ。






恐らく四次するより前に持っている人は少ないだろう。


なにぶん投げには狩りにくい相手。思えば忍者ストームがあれば狩りやすくなるだろうけどすごい矛盾。




KB値3700とノックバックさせ辛い上にぐいぐい近づいてくる。

距離が詰まって逃げようとすと後ろから魔法でべしっ。

遠距離からなら攻撃は届かないだろうと思ってもべしっ。

この高さには届くま・・・べしっ。





かなりイラつかせてくれる。






自力ドロップを狙うより、フリマあたりで探すのが無難だろう。(高い火力があればごり押しも出来るだろうが)

逆に戦士にとっては狩りやすい相手なので、戦士の友達がいれば聞いてみるのも手。










首尾よくゲットしたら

テラスホール     テラスホールからひたすら左へ。

雲のバルコニー   雲のバルコニー。





何もいないと思いつつもさらに奥に進むと   盗賊転職教官  ← こんな感じの”正体不明の盗賊”が出現。



オルビスの紅葉玉のところへ行ってこいと言われるので、オルビスのギルド本部(出会いの丘)へ。


紅葉玉



紅葉玉は建物の外の一番高い位置にある。浮いた足場に乗って↑キーでワープしていける。

クエストを完了したら再び盗賊のところへ戻る。





そしてここからが本番。今度は

 グリフォンの羽風(グリフォンからドロップ)

 ブギの呪われたハリケーン(ジャクム本体召還雑魚、テンからドロップ)

 タナトスの黒い突風(タナトスからドロップ)


を集めてくるように言われる。


入手難易度は  突風 < 羽風 < ハリケーン   といった感じ。


難しい物から集めることを勧める。最初はハリケーン。

そもそもジャクム参加の為のクエストもかなり手間だしね。











テン   テン


テンを召還するボス・ジャクムは重く、PCの性能によっては参加すら難しいことも。

最悪ネカフェからのINといったことも視野に入れておく必要があるかもしれない。

そもそもコネがないとジャクムいくことすら難しかったりするけど。

逆にコネさえあれば存外すんなり。友達って大事だなって思わされる。

友達の友達など出来る限り広く聞いてみよう。




コネがない人は”ジャクムへの門”で待機している人のところへ直接行ってお願いするしかないだろう。

拡声器を使うよりか誠意が感じられていいんじゃないかと思う。

諦めずに何度もアタックしていこう。






テンを召還するのは腕を全て落としたあとの本体戦、HP1ゲージ目の間だけ。

しかもテンは召還されて即高レベルプレイヤーの範囲攻撃に巻き込まれて倒されていく。

結果折角出たETCも大抵ジャクムに接触しないと拾えない位置に落ちる。

ジャクムの接触ダメージはおよそ1万。体力面で貧弱な投げにはまず無理な数字。

アイテム自動収集機能のついたペットに取りに行かせるしかないかと。




自動収集付きペットを持っていない人でもデンデンがまだ残っていればいいけどね・・・。

ペットデンデン











ついでに基本的にスキル取得者のペット出しは禁止されていることが多い。(ドロップ持ち逃げ防止のため)

事前に主催者にペットを出しておく理由を伝え、ETCを拾ったら速やかにペットをしまっておけばトラブルも起きにくいだろう。








さらについでに本体撃破まで生き残ることが出来れば  トリスロアイコン小 トリプルスロー のスキルブックを入手するチャンスもある。

トリプルスローは四次の主力となるスキルであり、何よりもまず最初に取得したいところであるが、

ジャクムに気軽にいけない人は特に、忍者ストームとセットで取得するため上記の手順を済ませておくことで手間を省ける。

テンETCは3~4回に一回(個人的な経験上)、トリプルスローは2回に一回くらいで出るかな?やるだけやったら後は運次第。










テンETCを入手できたら、次はグリフォンの羽風を狙おう。

グリフォン   グリフォン


四次したてでは相手の攻撃にHPが耐えられない場合が多く、また倒すのにも時間がかかるだろうので友達に協力を願おう。



気張らずとも楽なやり方もある。

どこぞの誰かがグリフォンと戦っているところを探し、 相手が倒した頃を見計らって(相手が出てくるのを待って)こっそり中に入りETCをかっさらうという技。

羽風はクエストアイテムな為、クエストを受けていない人には見えず、拾うことも出来ないという点をついたテクニック。




正直後者が楽。俺も後者さ!












最後はタナトスの黒い突風。頑張れ。

タナトス   タナちゃん。















全部入手出来たら

ヘリン  四次転職官ヘリンのところへいけば無事習得。





お疲れ様。

笑顔で忍者ストーム









*マスタリーブック入手法*
忍者ストーム20   MB20:スケルゴサウルスからドロップ

忍者ストーム30   MB30:ギルドクエストの報酬






スキル効果

仲間の忍者たちが旋風のように素早く動き、周囲の敵を左右に押し出しつつ、わずかな時間気絶させる。


LV

消費MP

効果

16

 ダメージ42%、42%の確率で短距離吹き飛ばし

16

 ダメージ44%、44%の確率で短距離吹き飛ばし

16

 ダメージ46%、46%の確率で短距離吹き飛ばし

11

24

 ダメージ61%、62%の確率で中距離吹き飛ばし

21

30

 ダメージ71%、82%の確率で長距離吹き飛ばし

26

29

 ダメージ76%、92%の確率で長距離吹き飛ばし

30

25

 ダメージ80%、100%の確率で長距離吹き飛ばし












スキル詳細

ダメージ+吹き飛ばし+気絶の効果を与える。最大6体まで吹き飛ばせる。一度発動させると1秒くらいの間隔をおかないと再使用出来ない。

武器を装備していない状態でも発動出来、また篭手以外の武器を装備した状態でも発動出来る。

気絶時間は1~2秒。攻撃を加えるとこの気絶は解除される。

吹き飛ばし距離はMAXでちょうどシャドーウェブが届くくらいの距離。スキルの射程距離はそれより気持ち短い程度。

上下範囲はアベンジャーくらいだろうか?もう少し狭いかもしれない。上よりも下の方向にやや判定が広い。








他の攻撃でKB中の敵に当てると吹き飛ばずにダメージと気絶だけ発生する。

特にアヴェンジャーでKBをとりやすい相手にはよく起こりがちな現象。

当たった敵は、キャラクターを中心に同じ距離まで飛んでまとまった位置に停止する。

FJ後すぐ発動したりするとちょっとずれることもある。覚えていても使えない知識。









ダメージ量は微々たるもの。ダメージソースとして期待は出来ない。

デンデンとか弱い敵なら手裏剣を消費せず狩れるけども。

手裏剣を使わないせいか、プログレスは効かず、クリティカルも発生しない。さらに手裏剣分の攻撃力も上乗せされないようだ。








ボス扱いのモンスターは吹き飛ばせず気絶もしない。

一応ダメージだけは出るがあくまで雑魚狩り用のスキルと捉えておこう。




スキルレベル毎の成功率次第でミスも出る。

ミスが出るとダメージも気絶もなく、吹き飛ばしも発生しない。

暗闇状態や、必中でない相手を狙ったときの攻撃でも普通にミスが出るため、

通常の命中処理を行ったあと、 100 - 成功率 の確率で必ずミスになるといった処理がなされているんだろうと予想。

ミスと出ているのに、ダメージと気絶だけ出て(HPゲージちょっと減ってたり)吹き飛ばないってこともあった。バグ?


ミスが出た場合でも勿論タゲを取ってしまう。






















スキル振りのヒント

1~20程度のスキルレベルでは使いものにならない。

ミスしてもタゲをとる、連続で使用出来ないというところが非常にネック。




スキルレベルが低いと、

「遠くの敵を攻撃していたら、近くに急に沸いた敵を篭手でぶん殴ってしまった。

 あわてて忍者ストームで吹き飛ばそうとしたがMISSが出てしまい、

 しかも背後にいた敵もストームで巻き込んでいた為、結果三匹に囲まれしかも連続で忍者出せなくてあばばばばばばば」

なんてことが頻発する。




スキルレベル21以降でも、

「4匹中3匹しか吹き飛ばず、残った一匹が邪魔で吹き飛ばしたさらに後ろの敵をアベンジャーでうまく巻き込めなかった。」

とかよくあるので非常に歯痒い思いをする。

え、これホントに94%??6匹中2匹も残るとかありえないんですけど???

もどかしい。














しかしマスタリーブックの入手難易度がかなり問題だ。MB20,30ともに自力ドロップは非常に難しい。

特に30。ギルクエ報酬とか勘弁してくれ。


フリーマーケットでもあまり見かけない。値段もそう安いことはない。

ある程度の覚悟がいるんじゃないかと。










しかしそれにつけても30になったときの使用感はすこぶる良い。

篭手パンチがどうしても出やすい、足場の狭い狩場などで活躍する。狩りにくい場所が狩れる場所へと変化する。

忍者ストーム30は投げの可能性を広げてくれることだろう。






習得からレベルマックスまでの道のりは厳しいが、その苦労にはきちんと答えてくれるはずだ。








振り方案・ネタで1止めまたは0。MB20をなんとか貼り付けて15で止めてMB30待ち。使うなら絶対にMAXだ。

順序としてはTTを振れるだけ振って、ベノム少々、スピリットダークをお好みで振った後くらいがいいだろう。








スポンサーサイト

テーマ : メイプルストーリー
ジャンル : オンラインゲーム

tag : 忍者ストーム 四次スキル

四次投げスキル:トリプルスロー

トリスロアイコン  トリプルスロー

アクティブスキル。






*スキル習得方法*


エルナス奥地にいるボス

ジャクム本体1  ジャクムからドロップするスキルブックを使うことで習得。







*マスタリーブック入手法*

トリプルスロー20   MB20:ジャクムからドロップ

トリプルスロー30   MB30:ホーンテイルからドロップ






スキル効果

手裏剣を一度に3個投げ、敵に大ダメージを与える。


LV

消費MP

 効果

11

 ダメージ102%

12

 ダメージ110%

10

14

 ダメージ120%

15

15

 ダメージ130%

20

17

 ダメージ140%

30

20

 ダメージ150%













スキル詳細

ラッキーセブンの強化版。投げる枚数が2枚から3枚に増える。だけ。

(一応HIT時効果音がトリプルスロー専用のものに変わるけど。ラッキーセブンは敵によってHIT音が変わる)




下表はラッキーセブン(MAX)とトリプルスローの各レベル時の合計ダメージ比較。

LUKは500、攻撃力合計は篭手+Jタコ焼き+手裏剣で100として計算。シャドーパートナーなし。

 

 ラッキー30 トリスロ1 トリスロ5 トリスロ10 トリスロ15 トリスロ20 トリスロ30
最小ダメージ3750382541254500487552505625
最大ダメージ750076508250900097501050011250
最小ダメージ(クリティカル)6250757578758250862590009375
最大ダメージ(クリティカル)12500151501575016500172501800018750
平均ダメージ81259487.59937.51050011062.51162512187.5



トリプルスローレベル1からラッキーセブンより強いことがわかる。実質相手の防御力を計算に入れると低くなることもあるが。


シャドパ込みで考えるとラッキーセブンより2回攻撃回数が増えるため、よりベノムの効果が出やすくなるのも強み。


シャドパ中は攻撃回数の多さから、HPの割りにKB値が低い敵では一回の攻撃で敵が2回ノックバックすることもある。




手裏剣の消耗もかなり激しくなる。手裏剣16セットで1時間半弱くらいだったかと。

長時間狩る人は一時的に手裏剣を消費せずに攻撃出来るようになる スピリットダークアイコン スピリットダークも合わせて使いたい。










スキル振りのヒント

四次投げにとっての主力となるスキルなのでスキルブック、マスタリーブックが手に入り次第優先的に振っていきたい。

スキルブックのジャクムドロップ率は3~4回に一回だろうか。

ボスルートを取った人がザクチケ持ってたりDT内に撃破すれば2回に一回は出るか?






MB20は出回りが良く安価。スキルブックさえ手に入れてしまえば20までは簡単に上げられる。

というかスキルブック取りに行ったついでにジャクムから出ることもある。




問題はMB30。

こちらはホーンテイルからのドロップ。

希少価値とその重要性から投げで使うMBの中で最高額で取引される。

成功率は50%・・・。ナイトロードとしてのより高みを目指すなら避けては通れないギャンブルでもある。





他の四次スキルのベノムやスピリットダークと相性が良いので、使う際はどちらにも最低1ずつは振っておくといい感じ。








振り方案

四次転職後すぐスキルブックを入手出来るなら、転職時にもらえるSPを

トリプルスロー1、ベノム1、スピリットダーク1、と振って以降はトリプルスローに振れるだけ振ろう。



それ以外の場合は入手後に優先的に振る感じで。

ベノム1、メイプルヒーロー9と振ったあとは、他のスキルに振っても効率がよくなるとは言えないので20程SPを貯めておきたい。











テーマ : メイプルストーリー
ジャンル : オンラインゲーム

tag : トリプルスロー 四次スキル

四次投げスキル:アンブッシュ

アンブアイコン   アンブッシュ

アクティブスキル。

前提スキル:フェイクLv5






*スキル習得方法*


クエスト「影の中に隠れている存在」をクリアすることで習得出来る。

初期習得ではないスキルの中では一番簡単な部類に入る。



ヘリン


まずは四次転職官のヘリンからクエストを受けよう。


受けたら続いてダークロードの元へ。













ダークロードに声をかけてください   ダークロー・・・



ダークロード    「’ダークロード’に声をかけて」クエストを完了する。






その後再び話かけ、ダークロードの子分を六体倒せばクエスト完了。

子分は三次転職のときに出て来たダークロードの分身と同じ強さというかどうも同じやつっぽいので特に苦労はないだろう。

もう一度話しかければアンブッシュを習得出来る。















*マスタリーブック入手法*

アンブッシュ20    MB20:バイキングまたはワルメンボウ(左)からドロップ


アンブッシュ30    MB30:ワルメンボウ(右)からドロップ














スキル効果

隠れていた仲間が一斉に飛び出し、一定時間攻撃する。

一度に6匹以上は攻撃せず、敵のHPは1以下に落ちない。



Lv

消費MP

効果

 16

  ダメージ62%、持続時間4秒、攻撃範囲110%

 16

  ダメージ70%、持続時間4秒、攻撃範囲120%

10

 16

  ダメージ80%、持続時間4秒、攻撃範囲140%

11

 32

  ダメージ81%、持続時間8秒、攻撃範囲140%

15

 32

  ダメージ85%、持続時間8秒、攻撃範囲150%

20

 32

  ダメージ90%、持続時間8秒、攻撃範囲170%

21

 48

  ダメージ91%、持続時間12秒、攻撃範囲170%

30

 48

  ダメージ100%、持続時間12秒、攻撃範囲200%





ダメージはSLv1~10まで2%ずつ上昇、11以降は1%ずつ上昇。

持続時間・消費MPはSLv11で4秒→8秒・16→32、SLv21で8秒→12秒・32→48と大きく上昇。

攻撃範囲はSLv4で10%増加、以降は3レベル毎に10%ずつ増加。SLv28でMAXになる。












スキル詳細

使用した瞬間、攻撃範囲内にいたモンスターに忍者がとりつき毎秒ダメージを与える。最大6体まで。

攻撃対象の物理・魔法防御を無視した固定ダメージ技。

また対象が物理1、魔法1、反射状態にあってもそれを無視してダメージを与え続けることが出来る。

ただし反射中に使うと、忍者のエフェクトが反射のエフェクトと同じ位置に出るため見づらくなる。

特にボスでPTを組んでいるときの使用は注意すべき。

与えるダメージは使用者のSTRとLUK、スキルレベルに影響される。

どれほどのダメージを与えてもKBは発生しない。

シャープアイズがかかっている状態であったとしても、クリティカルは発生しない。




使用時の硬直はおよそ2秒。

メイプルヒーローやシャドーパートナーと同程度の時間だが、梯子に掴っての使用は不可。

使用した瞬間から範囲にいた敵のターゲットを取ってしまうため、

こちらが動けるようになる前に敵の反撃を受けることはほぼ必至。

ダメージを受けないようにするのには工夫が必要。

スキル使用と同時に回復薬を使ったりするとタゲだけとって忍者が出てこないことがあるような。

効果時間はMAXで12秒。その間に大体12~14回ほど忍者が攻撃する。

補助スキルのように効果中に再使用することで、効果時間の上書きが出来る。







物理攻撃というより敵にかけられる補助スキルといった感じのスキルであるためか、必中。

また物理攻撃ではないため、物理攻撃でとけるタイプの気絶や、シャドーウェブの効果を打ち消さない。

シャドーウェブで捕獲→アンブッシュで子分取り付けを繰り返すことで、

敵の反撃を一切受けずシャドーウェブのみの場合より素早く敵のHPを1に出来る。

実戦的ではないがネタとしてどうぞ。

装備武器が篭手や短剣以外でも使える。






横の効果範囲はMAXで忍者ストームMAXと同程度。

忍者ストームMAXで吹き飛ばした敵に当たるときもあれば当たらないときも。

敵の横幅が広い、忍者ストーム使用時の敵との距離が近い、ストーム使用後素早く発動など、条件が良い程当てやすくはなる。

1だと篭手パンチの出る距離くらいでないと当たらない。

縦の効果範囲は上下1キャラ分くらいだろうか?








与えるダメージは以下の計算式で求められるらしい。


ダメージ = α × ( STR + LUK ) × スキル攻撃力(%)

αの値 = 1.5 + スキルレベル × 0.05

「メイプル記 気ままな独り言」様より。

スキルレベルMAXで (STR + LUK) × 3 になるんだとか。



色々とデータとったりごちゃごちゃとした計算をこなした上で導き出した答えなのだろうが、世の中凄い人がいるもんだ。

他にもメルプロ、チャクラ、ピクポケ、暗殺等斬りのスキルを詳細に検証しておられます。

残念なことに更新は止まっているようですが、斬り賊の方は参考にしてみては?











実際にどれくらいのダメージを期待できるのか、またアヴェンジャーやトリプルスローのダメージと比較してみよう。



適当にサンプルとしてステータスは、


攻撃力 = 篭手70 + 手裏剣27 + 手袋10 + マント3 + Jタコ20 + 祝福10 = 140

STR = 14

DEX = 160

LUK = 600

とする。







アンブッシュMAXのダメージ = ( 600 + 14 ) × 3 = 1842

実際は12回ほど攻撃するので 1842 × 12 = 22104









トリプルスローMAX、シャドパ込みで考えて

最小ダメージ = ( 600 × 2.5 ) ÷ 100 × 140 × 1.5 × 3 × 1.5 = 14175

最大ダメージ = ( 600 × 5 ) ÷ 100 × 140 × 2.5 × 3 × 1.5 = 47250

平均ダメージ = ( 14175 + 47250 ) ÷ 2 = 30712

アンブッシュの硬直時間を2秒として、TTは分間100回攻撃できるので、

2秒間の攻撃回数 = 100 × 1 / 30 = 3.33・・・


アンブッシュ使用中にTTで与えられるダメージ = 30712 × 3.33 = 102271





続いてアヴェンジャー。

最小ダメージ = ( 600 × 0.9 × 3.6 × 0.6 + 14 + 160 ) ÷ 100 × 140 × 1.8 × 1.5 = 5066

最大ダメージ = ( 600 3.6 + 14 + 160 ) 100 140 1.8 1.5 = 8822

平均ダメージ = ( 5066 + 8822 ) ÷ 2 = 6944

アヴェは分間95回攻撃なので、

2秒間の攻撃回数 = 95 × 1 / 30 = 3.166・・・


アンブッシュ使用中にアヴェンジャーで与えられるダメージ = 6944 × 3.17 = 22012






ダメージ比較・アンブッシュ一回使用中、およそ2秒の間に与えられるダメージ期待値

アンブッシュダメージ   22104

TTダメージ        102271

アヴェンジャーダメージ 22012





思ってたより弱ぇえな ('A



TTに勝とうと思ったら5体は巻き込むべきか。


実際とこTTとアヴェンジャーは敵の防御力分ダメージが下がるのと、

3回攻撃する間にはほぼ一回反撃が来るので上の数字よりかは幾分ダメージが下がるだろうが・・・

相手にベノムの効果があると考えた場合は、その下がる分のダメージを補って余りあるだろう。

もしシャープアイズがかかっていたとしたらアンブッシュがTTやアヴェに並ぶのは絶望的。



サンプルより攻撃力が上がればTTとアヴェンジャーのダメージがあがるだろうが、

もしLUK極のキャラクターだったならばもう少しアンブッシュの方が強くなるはず。







結果から考えると、アンブッシュが有効に働く状況というのはかなり限定的か。



TT一回またはアヴェ一回投げれるところを、周囲を敵に囲まれていて(出来れば5体以上)、

篭手殴りで一手、

FJで一手、

と余計な行動で消耗するより、アンブッシュを使った方がいい。そんな状況も全くないではないこともないかもしれない。

逆にアンブッシュを当てるためにわざわざ敵に近づくのはまさに無駄だろう

この近づかないと当てられないというのもかなりネックなんだがね。

敵に近づくと篭手パンチが出る分無力になるという投げの性質と相性が悪い。












にしてもMAXでこれだから、MAX未満のアンブッシュだとホントゴミみたいなもんなんだな・・・







せめてダメージ量が倍ほどあれば、、、

せめてスキル硬直がアヴェンジャーほどなら、、、

せめて効果が10体くらいにあれば、、、

あるいはポイズンミストのような設置型のスキルなら、、、

またあるいは禁術クラスの効果範囲と効果対象数があったら、、、







使っててそんな妄想の耐えない、要は残念なスキル。











MAXになったので実際の使用感をちょっと追記。

与えるダメージ量と実際使ってみての隙は、体感的にアンブッシュMAX=アヴェ×2+ベノムダメージ(ベノムはLV21)くらい。

集め狩りに向いている。

FJで飛び回りながらタゲを取る際、

前方に敵が複数いたらアヴェンジャー、着地点に密集していたらアンブッシュと使い分けが出来そうだ。

硬直が長く被ダメの機会が増える気がするけど、その為にフェイクが前提スキルなのかもしれない。案外深いなネクソン。



それでも無理矢理使ってる感が少しある。なければないで困ることはないように思う。

狩りでの選択肢が増えてちょっと楽しいけど。

MH30とフェイク30が揃えばもう少し雰囲気が変わるだろうか?








スキル振りのヒント

まずはご決断を。

無難な1止めか、MAXという無駄に厳しい道のりを歩むのか


その必中性能、タゲは取ってもとどめは刺さない、という性質があるので1でも使い道がないことはない。

というかある意味充分。


例1) ある程度低いレベルで大親分戦に参加して経験値をもらいたいとき。

例2) 天狗戦で姫を片側に寄せたいとき。


MAXにするのはこれ以上の効果を望む人だけにしよう。






何よりもMB30の入手元が問題。

ワルメンボウ(右)ってな。

ワルメ~1

もともと使えないのにそんな無駄な希少価値を付けてどうすんだ?



まず被ダメ4.8kほど、ハイパーボディでもかけてもらわないと投げは大抵即死。

沸き時間も12時間ほどから1日~2日ほど?で滅多にお目にかかれない。

ドロップ率も悲しい程低い。

各鯖露店を探して一冊あるかないかくらいのレアリティと言えばわかるだろうか?







相場はおいくら?と言われても難しい。

ワルメンドロップ(レア)と知ってふっかけてくる人もいれば、

悲惨な性能ゆえ、ネタスキル認定されていることを知っていて格安で置いてあったり。




ちなみに私は忍者ストーム30のMBを探してフリマを巡っているときに偶然5万メルで置いてあるのを発見して

しかも偶然成功したという(いつでも使えるよう15で止めていた)、何とも運任せな来歴。通算2枚目だった。








投げなんてTTとかラッキーセブンやってるだけっしょ?みたいに見られるのが嫌な方。

ネタと言われると上げたくなる方。

投げという職業をあらゆる意味で使いこなしたいなんてお考えの方。

これらに該当する人はそれなりのお覚悟を。

望まねば手に入ることもなく、望んでも手に入りにくい、なんというかもう運の世界だ。

それでもMAXにすれば使える、、、なんていう風には言えそうにない。。。








11/24 スキル詳細をちょっと追記+修正

テーマ : メイプルストーリー
ジャンル : オンラインゲーム

「おい、横すんな」について。

「横」とは・・・




「横」とは概ね、 「横殴り」・「横狩り」・「横取り」 の3つをまとめて指す。

いずれもあまりイメージの良いものではなく、ある種の攻撃行為と見なされることもある。


「横」と言う行為を意図的に行うプレイヤーのことは俗に「横師」と呼ばれ、大概は嫌われている。


ただし、「横」という言葉が広く定着しているのはネトゲ界広しと言えど、メイプルストーリーぐらいのものとも言われている・・・。









以下、具体的に「横」とは何なのか?何故メイプルで「横」は嫌がられるのか?について書く。















「横殴り」とは先に誰かが攻撃しているモンスターを攻撃すること。


ゲームシステム上、モンスターに与えたダメージによってもらえる経験値が変わるため、

途中で誰かに攻撃されるとその分獲得経験値が減ることになる。

また、そのモンスターに最もダメージを与えた人が優先的にドロップアイテムを拾えるようになっている。

要は「横殴り」されると、本来得られるはずだった経験値もアイテムも得られなくなる(または取り分が減る)といった事態が起こり得る。



結果として、苦労の割りにもらいが少なくなるために嫌がられることになる。






いつもと同じ時間、同じだけ働いたのにもらえる給料やお小遣いがいつもより少なかったら嫌じゃない?

ってことだ。


















「横狩り」とは、平たく言うと先に誰かが狩っているMAPにいるモンスターを狩ること。





これをされた人は大まかに


「次にそこ狩ろうとしてたのに!」

「俺が使っているMAPだから他所にいってくれ。」

「ここはMAPが広いしあんまり気にならない。」

「見知らぬ人が無言で近くで狩っているのは気持ち悪い・・・。」



大体このような気分になるだろう。







実際には気分的な問題だけで、実害がないパターンもある。

しかし何故「横狩り」が嫌われるかをゲームシステムを踏まえた上で説明すると、





まずひとつのMAPに沸くモンスターの数というのは決まっている。

実際のゲームでは1つのMAPに二人以上のプレイヤーがいると、一人のときよりも多くモンスターが沸くようになっているが、

ここでは説明を簡単にするためにその法則を無視している。





そしてもうひとつ、沸き間隔というものが存在する。

メイプルではプレイヤーにモンスターが狩られて、MAP上のモンスターが減ったあと、

一定時間(およそ7~8秒)ごとに減った分のモンスターが補充されるようになっている。

この間にMAP上の全てのモンスターを殲滅すると、しばらくモンスターが全くいない状況になる。




例えば、20匹のモンスターが出現するMAPがあるとして、

沸き間隔中に15匹のモンスターを狩れるプレイヤーが二人いたとすると、

それぞれが10匹ずつ狩った時点でモンスターがMAPにいなくなる。

結果、二人のプレイヤーは普段よりも狩れるモンスターが5匹ずつ減ってしまい、

本来ならあと5匹のモンスターを狩っているはずの時間に、何もすることがなくなってしまう。









一人ならば存分に効率を出せるところが、二人になると効率が落ちてしまう。

これが「横狩り」の嫌われる主な理由である。











また「横狩り」と似ているが少し趣きの違うものとして、「通りす狩り」「分担狩り」と呼ばれるものがある。








「通りす狩り」は「横狩り」の一種のようなものである。

狩り場であるところのMAPは同時に通り道でもあることが多い。

後から来たプレイヤーが、自分の進行方向上のモンスターを倒しながら先へ進むことを「通りす狩り」と呼ばれる。



比較的、メルが不足しがちな序盤や、敵から受けるダメージが一気に膨らむ終盤でよく見受けられるように思う。



敵からダメージを受けるとHP薬で回復せざるを得ず、結果メルの消費に繋がる。

メルを余計に使うことになるのは誰にとっても嫌なもの。

特に「通りす狩り」を行うプレイヤーにとってメルが減っていくのは深刻な問題であったりする。

貧すれば鈍する。メルがなくなると狩りを行うことすら出来なくなってしまうからだ。





こういった理由への配慮もあり、また「通りす狩り」の狩りへの影響の少なさから、容認または黙認されることが多い。




稀にこの辺の心理をついて、嫌がらせ目的で意識的に相手にとって邪魔になるように「通りす狩り」を行い、

何か言われるより先に次のMAPに逃げるようなタチの悪いプレイヤーもいないではないが。










「分担狩り」とは「横狩り」とはまた大きく意味合いの違うものである。

先ほどの例のように、モンスターの少ない、狭いMAPで多人数で狩るとそれぞれの効率が落ちる場合と違い、

(あるプレイヤーにとって)一人で狩るには広すぎるということになるMAPもある。




先ほどと同じように沸き間隔あたり15匹のモンスターを狩れるプレイヤーが2人。

ただしMAPに40匹のモンスターが沸く、といったようなパターンである。

二人のプレイヤーが全力で狩ってなお、10匹モンスターがあまる。

お互いがともに本来の力を存分に出せるのだ。






また、多人数で狩ることにより「自分は左、相手は右」といった場所の分担をすればそれぞれの移動距離が通常の半分になる。

人数が増えればMAPに沸くモンスターも増えるので本来以上の効率を見込めることもある。

自分と相手の狩り効率が同程度なら、グループを組むことでグループボーナスが見込め、より効率を伸ばすことも出来る。

同MAP内に3人以上ならばアイテムドロップ率のアップが見込め、5人以上になるとさらにアイテムドロップ率が上がるのも

多人数狩り、またはグループ狩りの大きな利点だ。





これが「分担狩り」。








ただ、「横狩り」・「横」として見られることもあり、嫌なイメージを持つ人は多く、

相手が何も喋らないと不気味だったり落ち着かなかったりするので、最初に一言、

「一緒に狩ってもいいですか?」などと聞くことで、より気持ちの良い狩りを行えるだろう。

一期一会。

例え分担狩りを行う方が効率のいい場合だとしても、断られたら素直に引くのもマナー。



やりようによっては「分担狩り」は、相手に嫌がられる「横狩り」ではなくなると言っていいだろう。














そしてもうひとつ、「横取り」とは誰かが倒したモンスターのドロップアイテムを奪うことを指す。

また狩り場自体を奪うことも、厳密に言うなら「横取り」に当たるだろう。




「アイテムの横取り」は、単に倒したあと拾われずに落ちていたアイテムをとったり、

同時に「横殴り」を行い先に狩っていたプレイヤーよりも多くモンスターにダメージを与えることでアイテム取得の優先権をかっさらうことを言う。



「狩り場の横取り」は、大きく分けて、

先に狩っていたプレイヤーが狩り場で休憩している間に違うプレイヤーが来て狩り始め、

先に狩っていたプレイヤーがそこに戻ってきて喧嘩になり、それぞれが狩り場の優先権を主張するパターンのものと、


もうひとつ、後から入ってきて、超火力、また多人数による狩りでモンスターの独占を行い、

先にいたプレイヤーの狩れるモンスターを奪い、引いては先にいたプレイヤーを追い出す(追い出そうとする)パターンのものがある。








これらは大抵、直接被害者側に損害をもたらす。

レアアイテムを誰かに取られたときのショックは言うまでもなく、

人気の高い狩り場を「横取り」されたとあらば、また空いた場所を探すのも一苦労だ。








ただ、ひとつ微妙なものが、

休憩していた人と、後から来て狩っていた人、どちらにMAPの優先権があるか?ということである。

個人的な見解を言えばどちらにもMAPを独占する権利はないんだろうが。

狩り場に先にいた人にMAPを独占する権利がある、というのはネクソンも規定していない。




では何故上のようなルールがメイプルで定着しているのか?

恐らくまず、ひとつの狩り場に二人以上のプレイヤーがいると大抵いざこざが起こる。

そのため、いざこざを避けようとプレイヤー同士が考えた極めて「日本的なルール」であるのではないか?







海外では「横」の概念が薄いんだとか?実際に行って体感したことがないのでなんとも言えないが。




これは聞いた話であるが、海外的な考えならひとつの狩り場に二人以上のプレイヤーがいる状態になっても、

個々にその状態が損か得かを考え、損となれば狩りをやめるなりchを変えるなりし、

影響がなければ狩りを続けたり、さらにそれが得とあればスムーズに分担狩りに移行する。

そういう非常に合理的な行動をとっているんだという。









少し話しは変わるが、



電車やバスできっちりと列を作り、先に並んでいた人から順番に座っていくというのは日本において常識的な考えだが、

これはあまり海外では通用しないんだとか。

先に並んでいたとかは関係なく、横から割って入っても座ったもん勝ちというのがよくあるらしい。




自分が座るという自分の利益を優先させず、先に来ていた人はそれなりの時間立って待っていて疲れているんじゃないか?

みたいに考えるのはかなり日本人っぽい性質のようだ。

これを「日本人の美徳」と捉えるか「のんきなお人好し」と見るかは人それぞれだろうが。









閑話休題。

先に狩っていたプレイヤーにその狩り場の優先権があるというルールは、個人的に、非常に日本らしくて良いと思う。

「お人好し」どころか、より合理的な手段があるのにやらない「馬鹿」のように見られることもあるだろうが。






では先ほどの例のように、どちらも狩り場の優先権を主張した場合はどうするか?

これはまた個人的な考え、というかやり方になるが、

私の場合、少しでも休憩して離れる場合などは優先権は放棄したつもりで休憩に入る。

休憩から帰ってきて誰かいるようなら、他のchを探すか、または思い切ってグル狩りなどを申請するようにしている。






はっきり言って、お互いに自分の利益を主張しあったところでおさまるものではない。

どちらかが折れるか、或いは可能ならばどちらにとっても有益な形を提示するのがより賢明。

お互い折れずに言い争うのが一番時間の無駄である。







まぁそもそも、こういったいざこざの起こりやすい人気狩り場ってのがあんまり好きになれないんだけどねぇ。

こういうやり方が日本人的で、また自分の性に合ったやり方だろうと思う。

勿論、どういうやり方がその人の性に合っているかは、その人それぞれだろうが。







__________________________________________________________________________










「横」がどういったものなのか、また何故「横」が嫌われるのか、お分かり頂けただろうか?



「横」とはメイプルストーリーというゲームのシステム上、切っても切れない問題なのだ。







ただし、「マナー」を考えることで解決出来ることもある。

最近のJTのCMに、「マナーとは気づき、考えること」とある。

いいこと言う。






「横殴り」も時と場合によっては

「強敵に苦戦していたら、見知らぬ通りすがりの誰かが助けてくれた。」

となることもあるし、





「横狩り」も時と場合によっては

「普段より高い効率が出せた。」

となることもある。




「横取り」は、、、どんな時と場合でも嫌なものだろうが。









「横」にあったとしても慌てず、

自分と相手、どちらの言い分が正しいのか、

自分はどういう結果を望み、その為に何をするのか、

どういう手段なら場に起こった問題をさくっと解決出来るのか、無駄な争いを避けることが出来るか、

よくよく考えてみてほしい。







そして、この記事が少しでも問題の解決に繋がるヒントにでもなれば幸いだ。













テーマ : メイプルストーリー
ジャンル : オンラインゲーム

メイプル旅行記二:ビクトリア・ヘネシス

分かれ道からさらに東へと進む。


西の森   西の森


依然穏やかなMAPが続く。出てくる敵もそれほど恐ろしい相手ではない。





西の丘   西の丘





効率のよさを求める場合、狩場に適しているとは言いがたい。ただの通り道としてある、そんなMAPか。





一方、さらに東へと進むと

狩り場   狩り場1

読んで字の如く狩りに適したMAP。






全体的に狭く、敵の沸く数が多く、遠距離攻撃が出来る人にとって安全に攻撃出来る足場があり、

疲れたら休むための安全なスペースもある。

下の段は敵が弱く、上にいくと少しずつ強くなる、レベル1から職業を選ばずに安心して狩れるMAPだろう。





特に1ch狩り場1には全時間帯を通して誰か他の冒険者がいることが多い。

普通に狩りを目的とした人から暇を持て余した高レベルプレイヤーまで訪れる、幅広い出会いの場でもある。

メイプルで有数の人気MAPとして広く定着しているので、見物に行くのも一興だろう。




ただし、人の多いMAPであまり好き勝手な行動を取るのは好ましくない。

特にメイプルでは「”横”をしてはいけない」という暗黙の了解がある。

知らなければついついやってしまいがちで、例え知らずにやったこととしても時に猛烈な非難に会い嫌な思いをすることもある。

「おい、横すんな」について

↑こちらの記事に「横」とはどんなものであるかまとめておいたので、知らない人は一度目を通しておいてほしい。






ちなみに、狩り場1からさらに上へと登っていくと

狩り場2   狩り場2



狩り場3   狩り場3


というMAPがある。

どちらも狩り場1と似たような構造で、少しづつ出てくるモンスターが強くなっていく。

狩り場1でモンスターの強さに物足りなさを感じたら行ってみよう。

ただし、こちらではあまり人を見かけることはないが。














そして、狩り場を抜けるといよいよそこは、


























ヘネシス  henesis2.png



ヘネシス



ビクトリアアイランドの南にある、弓使いを志す人が訪れる町。

”狩り場1”が有名で多くの出会いのあるメイプルアイランド一広い町でもある。





施設案内
 イベントガイド

 武器屋

 カサンドラ

 防具屋

 ガガ

 道具屋

 ガイドスピネル

 ペットのエサ

 ジャンケンマスター

 倉庫

 タクシー

 ドイ

 高級タクシー× フリマ





リス港口からヘネシスに訪れた人にとっては初めての、フリーマーケットが存在する。



ヘネフリマ




特に1chでは活気があり、多くの露店が並び、それ目当てにたくさんの人が訪れる。

露店を開くには”営業許可証”または”エルフ商人”などのポイントアイテムが必要になるが、

店を持たない人も入り口では、そのたくさんの人目当てに商売を行っている。

ちょっとしたアイテムなら、露店を開かずとも「~いりませんかー?」などと聞いて回ることで売れることもある。



逆にこちらに物を売ってくる人もいるが、美味しい話には安易に乗らないように気をつけること。

取られたアイテムやお金を取り返す手段はほぼ存在しないと言っていいので注意しよう。













またこちらも初登場だがグループクエストというものを行える場所が二つある。


ひとつはウサチャン、

ウサチャン  <月兎の餅>


もうひとつはひげのおっさんが案内してくれる。

セザール  <アリアント闘技場>






それぞれで頑張ると

頭の上にお餅一個   頭の上にお餅一個・全職装備可能な帽子でHP+50(月兎の餅報酬)






ミニオアシス   ミニオアシス・椅子。座っていると10秒ごとにHP40・MP20回復(アリアント闘技場報酬)



といったアイテムがもらえる。







ただしグルクエは名の通りグループでやるものなので一人では出来ない。

やりたい人はどのグルクエでも大抵1chに集まって参加者を募集する。


・・・しかし、この二つのグルクエは過疎。


待っていても人が来ることは滅多にないので、どうしてもやりたい場合は友達を連れて一緒に来るしかない。





グルクエってどんなもの?中でどんなことするの?といった疑問は

MapleGoGo様

MapleStoryDrop-wiki様


こちらのサイト様を参考にすることで解決されるだろう。知識が揃ったならあとは挑戦する勇気だけだb














武器屋には弓使いの町らしく弓や弩が並ぶほか、

ヘネ武器   ネタ装備もあるよ。



防具屋には弓装備のほか、

ヘネ防具屋   色とりどりの野球帽やら


ミリタリーパンツ   HPが少し上昇するミリタリーパンツやら



革靴   移動速度の少し上がる革靴



キャンパスシューズ   見た目に素敵なキャンパスシューズ


イヤリング   そしてイヤリングが置いてあるのは世界でここだけ。


とまぁなんとも豊富な品揃え。







そしてペットに関係する人も多い。ペットで困ったことがあるならヘネシスだ。


クロイ

まずはペットについて詳しいクロイ。

ペットのことを知りたいなら彼の話を聞こう。ペットの命令書なるものも販売してくれる。




キュト

こちらはペットのエサを売ってくれるキュト。ペットがお腹を空かせているようならここで。



ペットパーク入り口

広場にあるこの看板からペットパークと呼ばれる場所にいける。そこには

バルトス

ペットのしつけに詳しいバルトスが。

また、先にエリニアの妖精マルを訪ねなければならないが、彼はペットが人形に戻ってしまったとき、

再び元通り動くようにするのに必要なものをくれる。















そして”弓使い”、”ヘネシス”といえばこの人。


ヘレナ様

ヘレナ様。

初心者から弓使いへの転職、また弓使いとしてより高みを目指したいなら彼女の元を訪ねよう。

昔は冒険者として未開のメイプルアイランドに訪れ、そして町を作った勇敢な指導者でもあるようだ。



実はかなりのご高齢であるが、見た目はまだまだお若い。エルフゆえに年を取るのが遅いんだとか。



ヘレナ様は広場の奥、弓使い転職場におられます。

ヘレナの家 弓使い転職場とアニメの主人公アル。












そのほかの施設としては、

ナタリー   髪型を変えてくれる美容院や



ヘネ整形   整形を行ってくれる病院



私美女   肌の色を変えてくれるスキンケアサロン


などもある。いずれもNP(ネクソンポイント)がかかるポイントアイテムが必要になるが、

イメージチェンジしたいときはお世話になるだろう。











町の風景

割りとRPGっぽい雰囲気の町。

住んでいる人もRPGっぽい雰囲気を纏っている。






長老スタン   長老スタン

何やらお困りの様子の長老。RPGの定番か。

どうやらある人物に手紙 qu60.gif を届けなければならないのだとか。


ある人物とはドクター中村なる人。地球防衛軍本部というところにいるらしい。

世界を巡るいい機会だが地球防衛軍本部はかなり遠いところにあり、

また道中出てくる敵も強いのでレベル30くらいになるまでは放っておくほうがいい。


万一クエストを受けてしまって手紙が邪魔になるようなら一旦捨ててしまっても構わない。

クエストアラームから「諦める」を選べばまた最初から受けなおすことが可能だ。

この手の、クエスト受けたらすぐ何かのアイテムを渡されたといったパターンのクエストならば、こういう手段をとっても大丈夫なことが多い。

一部本当に捨てない方がいいアイテムもあるにはあるが。

地球防衛軍に用事が出来たとき、またはETC欄に余裕があるときに受ければいいだろう。


しかしどうやら悩みの種はそれだけでもないようで・・・?














ジェイ   ジェイ

いかにも学者風の若者。

「メイプル古書」というものを探しているようだ。

探すのに手間がかかる割りにもらえるものも大したことはないのだが、

彼の頼みを聞いておくことで後々、報酬の美味しいクエストが発生するようになる。

是非とも彼の頼みは聞いておこう。手間だけども。













Mrs.ミンミン   Mrs.ミンミン

手先の器用なご婦人。料理や裁縫など、上手にこなすことで有名なようだ。

彼女への頼み事を頼まれる事もしばしば。

逆に彼女の頼みを聞いてあげれば、 リボン~1 こんな装備ももらえる。

HPが50増える全職業で装備可能な帽子。HPの少ない職業で重宝する。
















ブルス   ブルス

研究者風のおじさん。

なんでも娘と生き別れになってしまったのだとか・・・。

見たこともない巨大なキノコのモンスターに襲われ、そのときにはぐれてしまったという。

果たして彼は娘と再会することは出来るのだろうか?


しかしヘネシス近辺ではスポアやメイプルキノコといったモンスターはいるが、見たこともないほど大きいということもない。

そういえば町の門のところに怪しげなポータルがあったような。

ヘネ怪しいポータル   ※過ぎた好奇心はレベルアップの妨げになることもあります












ビシャス   ビシャス

ビシャス討伐パーティーに○○さん募集なんて叫ばれることもあるが、

こういった場合のビシャスはルディブリアムに出るボス、「ビシャスプラント」を指す。

こちらのビシャスさんはヘネシスの市場にいる。

紛らわしいが、残念ながら知名度ではこちらのビシャスさんの方が低い。


一応弓使い用の装備や矢などのほかアイテムを作ってくれるが、手間がかかり過ぎる。

しいて頼むことがあるとするなら木の枝や薪から木の板を作ったり、ネジを作ったりするくらいか。

こちらもあまりやらないが。


一方のビシャスプラントは適正レベルの冒険者にとっては大量の経験値を獲得でき、

高レベルプレイヤーにとっては同じく大量に落とす回復アイテム目当てに薬箱のように扱われるなど、

冒険者への貢献度でもビシャスプラントに軍配が上がる気がする。


ちょっとビシャスプラントと比べて扱いがなぁ。

男だと思うけど女性っぽくも見える。何かと紛らわしい。



そういえばポイントショップにある「ビシャスのハンマー」とはこの人の物なんだとか。

費用対効果を考えるに、こちらを使うのは終盤だけにしておくほうがよいだろう。










ナナ   ナナ

結婚式会場のあるウェディングタウンへと招待してくれる。

結婚したい方、結婚式に招待された方は彼女の元へ。

メイプルにおいて、結婚は儀式的な意味合いの他に、

結婚指輪という装備アイテムについている能力が目当てといった意味合いもあったりする。

結婚したければウェディングチケット(有料)を買うしかない。



以前、彼女の仲間は世界各地にいたのだが・・・

パッチ毎にその数を減らし、

今やここヘネシス広場にいる彼女が最後の生き残りである。

何故いなくなってしまったのだろうか・・・。

みんな何処へ行った 見送られることもなく・・・




「その結婚に”愛”はありますか?」


絶滅危惧種に指定されそうな彼女の瞳は、そんなことを訴えて来ているようにも見える・・・。















ゲームゾーン

ヘネシス広場の一番奥にあるゲームゾーン。


カイジ


そしてそこにいるカイジ。原作には似ても似つかないが、劇場版の方ならまだ少し似ている気もする。

碁石と碁盤、あるいはETCアイテムのモンスターカードを7枚持っていけば、

それぞれ五目並べセットと神経衰弱セットを作ってくれる。

どちらも持っていれば他のプレイヤーと遊ぶことが出来る。

船の時間待ちや乗船中、グルクエで参加者待ち中などに有効な暇つぶしのお供。


中でも碁盤 碁盤_1~1 はちょっとしたレアアイテム。

落とすモンスターはスタンプ、D・スタンプ、ビートラビット、イリオスなど。欲しいときは根気よく狩ろう。



















マヤ   マヤ

病弱な少女・・・、こちらもRPG臭が漂う。

リス港にいるテオから発生するクエスト「マヤと謎の薬」は、

クリアすることで 三度笠~1 三度笠(茶)をもらえる。

LUK+3で全職業で装備可能だ。

特に盗賊の人にとってはオススメで、同レベル帯の職専用装備よりも補正が高い。

これ以外にも彼女に関わるクエストは多めで、また内容の長いものが多い。

クエストスペシャリストを目指すジェントルな方、またはレディーな方は彼女の頼み事は断れまい。






















ヘネシス東端

流石にビクトリアアイランド一広い町だけあって、説明するだけでちょっと疲れた感じが。

ヘネシス東端からノーチラス、エリニアへと続く道があるようだが今日はここまでにしておこう。


ちなみにやや北へ進むことで中央ダンジョンへ行けるらしいが、

そちらはビクトリアアイランドをぐるっと一周してからにしようかね。









ヘネシス ~ ノーチラス 道中編に続く


テーマ : メイプルストーリー
ジャンル : オンラインゲーム

tag : メイプル旅行記

訪問者数
プロフィール

ぐんじょお

Author:ぐんじょお


メイプルストーリーぽぷら鯖で
ぼちぼち活動していた投げ賊

PSO2 ウル鯖にて活動開始!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード