FC2ブログ

LW社員研修三日目:ゲームの進め方

このゲームは基本的にレアアイテム探しが主な遊び。

というかもう攻略のために必要な装備ですら自分自身で探す必要があるので結構大変だ。







ゲームを始めたらまずはストーリーモードを進めよう。

ストーリーを進めることで店の品揃えや行けるミッションが増え、一緒に戦ってくれるパートナーも増えていく。

エピソード1(EP1)とエピソード2(EP2)、どちらから始めてもいいが、

ここは話の内容的にEP1からやるのをオススメしておく。

それぞれをクリアするとより強い敵が出現するハードモードが遊べるようになる。



じっくり進めたいなら、最初に操作を覚える意味でトレーニングミッションをやるのもいい。

トレーニングとか言っときながら、高い評価でクリアするには結構な慣れが必要だったりするが・・・。

報酬で貰える「ウィングスメダル・可」、評価Sクリアで貰える「ウィングスメダル・優」を、

交換ミッションの「トレーニング交換所」に持っていけば、序盤の装備の好きな属性のものを貰える。






以降のゲームの大体の流れをレベルを基準に書いていくとこんな感じ↓



レベル10 ブラスト技が使えるように。

       ヒューマン・ニューマン・キャストはBランク防具とブラストユニットを用意しよう。どちらもショップで手に入る。

       ビーストはエステルームでブラストバッジの装着を。デューマンは自動的にインフィニティブラストが使えるようになる。

レベル20 Bランクのフリーミッションが受託可能に。Bランク武器が装備出来るようになるころ。

レベル40 Aランクの武器が装備出来るようになる。

レベル50 転生が可能に。EP1をクリア出来るころ。その後はEP2やEP1ハードに挑戦してみよう。

レベル60 Aランクのフリーミッションが受託可能に。AランクくらいのモンスターからSランクの武器がぼちぼち出始める。



レベル70 Sランクの武器・防具が装備出来るようになるころ。Sランク装備は強力だが、店で買えないので自力で探そう。

レベル80 エクステンドコードで強化した武器が装備出来るようになるころ。エクステンドコードの入手法は後述。

レベル100 Sランクのフリーミッションが受託可能に。レア武器探しの序章開幕。

       インフィニティミッションでエクステンドコード獲得を狙えるレベル。



レベル100
  ~150 ストーリーハードモードEP1&EP2が全部クリア出来るころ。

        ハードモードをクリアすると交換ミッションでかなり良いものがもらえるようになるので是非やっておきたい。

レベル150 ∞ランクのフリーミッションが受託可能に。ここからあらゆるレア武器を探しに行けるようになる。本番はこれからだ!

       インフィニティミッションでエクテンドコード∞獲得が狙えるレベル。

レベル200 レベルカンスト。そのままレア探しを続けるもよし、転生してステータスを上げるもよし。












と、こんなところか。

以下は攻略に役立ちそうなTIPs。




入手しやすく性能の良いSランクレア武器


 20110603153119.jpg

 コクイントウ・ホオズキ

 装備レベル80のソード。
 モンスターを1万匹倒すことで得られる称号「スーパーエリート」の報酬。
 ゲームを進めていくうちにいつの間にか貰えるようになっているだろう。
 装備した状態で敵を2000匹倒すと”解放”され、武器の性能が飛躍的に上昇する。






 20110603153128.jpg

 マダムノヒガサ

 装備レベル90のソード。PAによるPP消費が少なく、ロック数も+1で使いやすい。
 エクストラミッション「スクラップハート」をBルートでマヤを救出しつつクリアするとたまに貰える。
 「スクラップハート」はTP稼ぎにも良いのでタイプレベルを上げているとその内貰えそう。




 

 20110603153229.jpg

 イコテンヨク

 装備レベル70のツインセイバー。
 マキシマムアタッククロスⅠ~Ⅳまでをクリア(難易度不問)して、
 「MAXイベント報酬交換所」にいくと「お楽しみ引換券」が4つ貰える。
 その「お楽しみ引換券」と交換で貰える装備。
 属性値80%で好きなものが選べる。闇属性で大型スタティリアキラー、光属性で闇ボスキラーに。
 イコテンヨク以外に交換出来る「コテツ(セイバー)」「チョウ・ヒー(スピア)」「グランオルカ(ソード)」も強力。






 20110603153237.jpg

 アストラルブレイズⅢ

 装備レベル80のツインセイバー。EP2で仲間になってくれるヒューガが装備しているアレ。イケメン武器。
 PP消費量が他の武器より10%多くなるが、ロック数+1のおかげで雑魚戦でもボス戦でも非常に使いやすい。
 片手版のスキアブレードⅢも便利。どちらもヒューガをミッションに連れていくと稀に貰える。






 20110603153206.jpg

 エリュシオンズ

 装備レベル100のツインセイバー。
 EP1ハードモードをクリアすると交換ミッション「機械惑星の秘密結社」で交換できるようになる。
 交換には「ウェポンズバッジ金」が34個必要。
 属性はランダムに0~50%まで付くので、直前にセーブして気にいったものが出るまでリセットを繰り返すのも手。






 20110603153333.jpg

 スカルソーサラー

 装備レベル110のライフル。戦闘不能効果付きで強力。
 モンスター25000匹討伐で貰える称号「スーパーモンスター」の報酬。






 20110603153348.jpg

 クラーリタ・ヴィサスⅣ

 装備レベル70のロッド。エミリアが装備しているアレ。
 テクニックによるPP消費を90%に抑えられて、レスタの回復量が上がる「回復力↑」の効果付き。
 エミリアをミッションに連れて行くと貰えることがある。






 20110603153400.jpg

 ラビットウォンド

 装備レベル70のロッド。ただし女性専用。
 ストーリーEP1クリア後に「機械惑星の秘密結社」のリストに並ぶ。
 ウェポンズバッジ金8個と交換。属性値はランダムに0~30%付く。
 エクステンドコードを使って強化すると、好きな属性魔法の強化効果を付けられる。
 強化効果をつけて使う(例:氷強化を付けてギバータをセットする)とかなり強力になる。
 エクステ後の装備レベルは80。






 20110603153357.jpg

 カジューシース

 装備レベル90のロッド。回復力↑の効果付き。
 エクステすると回復力↑の効果以外に炎か光属性テクニック強化の効果を付けられる。
 炎属性のカジューシースに炎強化の効果を付けると非常に強力。エクステ後の装備レベルは100。
 EP1ハードクリア後に「機械惑星の秘密結社」のリストに並ぶ。
 ウェポンズバッジ金21個と交換。属性値はランダムで0~30%。

















エクステンドコードの入手法

 装備を最終強化出来るようになるエクステンドコード。

 武器の性能を最大限引き出せる他、

 見た目は気に入ってるけれど弱いなんて武器も実戦で使えるレベルにまで持っていくことが出来る。

 ただしそれに伴い、武器のランクがSランクになり、

 装備レベル70以下の武器は装備レベル80まで上がって、装備レベル80以上のものは大体+10される。

 入手法は以下のとおり。



 1.チャレンジミッションⅠのステージ1~7を2時間30秒以内にクリア。(1キャラクターにつき1つまで)

 2.チャレンジミッションⅠのステージ1~7を各タイプでクリア。
  (1つのタイプクリアで1つ。こちらは1キャラクターにつき最大で4つまで。)

 3.チャレンジミッションⅡのステージ1~5をクリア。(1キャラクターにつき1つまで。時間制限なし)

 4.ファミ通マキシマムアタックをクリア(難易度・ルート不問)後にMA交換所に行くと3つ。(ただし一回限り)

 5.マキシマムアタックⅠ~Ⅳをクリア(難易度不問)してMAX交換所に行くと3つ。(こちらも一回限り)

 6.DLミッション「ラピ子のなんでも屋さん」に行くと無条件に2つ。(一回限り)

 7.ストーン・ブロンズ・シルバー・ゴールドトレジャーを集めて「トレジャー交換所」で交換する。

 8.難易度∞のフリーミッション(一部エクストラも)クリアで貰えるエクステンドフラグメントを15個集め、
   「機械惑星の秘密結社」で交換する。

 9.転生時に得られるボーナスポイントをエクステンドコードに振る。(転生一回につき最大10個まで)







エクステンドコード∞の入手法

 エクステンドコードで強化した装備を、さらに究極強化出来るようになるエクステンドコード∞。

 大体どんな武器でも終盤まで使っていけるくらいの性能になる。

 ただしこちらは装備レベル110以下の武器は装備レベル120まで上がり、装備レベル120以上のものは大体+10される。

 入手法は以下のとおり。



 1.ストーン・ブロンズ・シルバー・ゴールド・プラチナの5種類のトレジャーを集めて「トレジャー交換所」で交換。

 2.各タイプレベルが40と50に達したときに称号報酬で1つずつ。(4つのタイプ×2で8個まで)

 3.DLミッション「ラピ子のなんでも屋さん」に行くと無条件で2つ。(一回限り)
















レベルを上げたい場合のおすすめミッション

 「マガシ抹殺」
 EP1-8章クリア後に出現するエクストラミッション→サイドストーリーの「紅の戦鬼」クリア後、
 出現するフリーミッション「穿つ双剣の遺産」をクリアすると出現する。
 受託するのに「ハートキー」「イリティスタ」「ブラッディムーン」「ファントムナイト」の各魔石を5個消費する。

 得られる経験値が2倍で、敵のHPも半分以下と非常に効率が良い。
 ただし攻撃力も高くなっているので消耗は激しい。
 フォースでフォバース(レベル21以上)を使いながら進むとかなり楽。







 「経験値+○○%の効果のついたインフィニティミッション」
 インフィニティミッションをプレイしているとたまに”経験値+20%”の効果が付いたミッションディスクが拾える。
 経験値+20%の効果が付いたミッション同士を合成すると”経験値+35%”に、
 経験値+35%の効果が付いたミッション同士を合成すると”経験値+50%”になる。
 ただし、経験値+50%の効果にはなかなか成長しにくいのが難点か。

 ↑に加えて”ブースト率×○○倍”の効果も付けるとより効果的に。







 「自分のレベル+10~30ぐらいの敵が出るミッション」
 特に準備がいらないので楽。
 転生でステータスを高くしていたり、強い装備品があるなら自分のレベル+50ぐらいのミッションに挑戦してもいい。

 ただし、自分と敵とのレベル差が51以上になると補正がかかり、
 本来より得られる経験値が少なくなってしまうのでその場合は効率が下がる。








 「緊急ミッション」
 マルチモード・インターネットマルチモードでフリーミッションをクリアした場合にのみ低確率で発生するボーナスミッション。
 得られる経験値が二倍でアイテムのドロップ率も高い。

 それにしてもなかなか発生しないので「出たらラッキー」くらいの気持ちで挑むといい。







 「マキシマムアタックインフィニティ」イベント期間中の今だけ!
 イベント期間中のみ経験値が二倍!ドロップも二倍でTPも二倍!
 インターネットマルチモードに繋いで受託しよう!

 詳しくはこちら → マキシマムアタックインフィニティ特設サイト










タイプレベル上げのオススメミッション

 「スクラップハート」
 ストーリーモード専用エクストラミッション。
 ミニマップ上でピンク色になっているトラップパネルを避けつつ敵を倒して先に進む。
 トラップに二回以上引っかかると評価が下がるので注意。

 ボスであるグリナビート(S)を倒したあとは、
 制限時間内に大量の敵を倒すAルートと、制限時間内に正しい選択肢を選ぶアドベンチャーゲームのようなBルートがある。

 個人的におすすめはBルート。
 「電源供給装置を探す」「注意深く見てみる」「そっと左に回してみる」「電源スイッチを押してみる」
 の後に「このエリアを探索する」を選んだ後はしばらく○ボタン連打でエリア1をクリア出来る。

 エリア2についてからは「旧リニアライン跡へ向かう」を選んで後は○ボタンを連打でクリア出来る。
 慣れさえすれば、テレビを見ながら~とかネットしながら~のような「ながらプレイ」が出来る。

 詳しくはこちら → スクラップハート PSPo2i wiki






 「スクラップスピリット」
 マルチモード/インターネットマルチモード専用エクストラミッション。
 いくらかややこしい部分もあるが、基本的に敵を倒して先に進むだけでクリア出来る。
 複雑なものが多いマルチ用エクストラミッションの中では、覚えることが少なくかなり簡単な部類。

 ハンドガン等主観射撃が出来る武器を持っていこう。







 「ゲーマガ 天守閣の乱!」
 EP1クリア後から挑戦出来るエクストラミッション。
 難易度というものが存在せず、自分のレベル+10の敵が出現する。
 一回あたり数分でクリア出来、TPも固定で136貰える。
 こちらのレベルが低い内であるほど効率が良く、副産物で手に入るアイテム類にも便利なものが多い。

 経験値効率もそれなり。装備を揃えるために行くのも良い。






 「焔帝の猛攻」
 一回あたりにかかる時間が短く、貰えるTPも多め。
 雑魚敵を蹴散らしながら、ボスであるドラゴンを倒せばクリアと単純。
 ストーリーでもマルチでもお好きな方で。





 「マガシ抹殺」
 経験値の美味しいミッションだが、こちらのレベルがある程度高くなっているとTPも貰えるようになる。
 LV90以上でTP203。
 LV140以上でTP405。
 LV165以上でTP810。







 「マキシマムアタックインフィニティ」イベント期間中の今だけ!
 イベント期間中のみTPが二倍!ドロップも二倍で経験値も二倍!
 インターネットマルチモードに繋いで受託しよう!

 詳しくはこちら → マキシマムアタックインフィニティ特設サイト










転生について

 ・フォースならば「法撃」を上げるだけで手軽に強くなるのでオススメ。

 ・それ以外のタイプで優先して上げたいステータスは「命中」。攻撃のミスが減って武器の選択肢が増える他射撃の威力も上がる。

 ・それ以外に効率を重視するなら「攻撃」を。格上に挑むときには「HP」も上げておいて損は無い。

 ・まー基本的に何上げるにしても自由。




 転生のタイミングについておすすめは大体3通り。

  ・いずれかのタイプレベル20になって、アビリティ「経験値ブースト」を習得した。

  ・上げたいタイプのレベルがカンストした。

  ・レベルが200になった。










ゲームのやり過ぎでPSPのアナログスティックの調子が悪くなったとき

 PSPのホーム画面に戻って「設定」の「本体設定」から本体情報を選ぶ。

 ソフトウェアのバージョンやニックネームが表示されている状態でスティックを2~3周グリグリ回す。

 それでも直らない場合はPSPの電源を完全に切り、

 その状態でアナログスティックと画面の間の部分を程よい力で押す。

 これでも直らなかったら修理に出すか自力で修理に・・・。(※自力で修理するとメーカーのサポートが受けられなくなります)

スポンサーサイト

テーマ : ファンタシースターポータブル2インフィニティ
ジャンル : ゲーム

LW社員研修四日目:インフラで求められる立ち回り(前編)

今回はインフラ(=インターネットマルチモード)で求められる立ち回りについて説明していこう。

これはマルチモードでも一緒だけれども、身近にPSPo2i持ってる人がいっぱいいるなんて人はそんなにいないよな?多分。






まぁそれはともかくマルチ/インターネットマルチモードでは他のプレイヤーの協力が得られるようになって戦いが楽になる反面、

敵のHPが2.5倍と大幅に上昇してしまい、こちらの攻撃に必要な手数も大幅に増えるので結構ダルい。

その為、マルチモード用の立ち回りというものをしっかり意識して行動しないと、

ストーリーモードよりかえって効率が悪くなるなんてこともしばしば起こる。



そんな中で立ち回りにおいて重要になることは、

・チェインフィニッシュを決める(チェインを切る)こと

・チェインを溜めること

・打ち上げや吹き飛ばしの追加効果に気をつけること

・死なないこと

・経験値の手付けに気をつけること




以上の5つ。

結構多いな。



今回は中でも特に大事なチェインフィニッシュを決めることとチェインを溜めることについて説明しようと思うが、

そっちに入る前にまずチェインシステムについて詳しく説明しないといけないだろう。

チェインシステムのルールは3つ。



1.チェイン数が溜まっているときに△ボタンによる攻撃でフィニッシュすると、

  2チェインのときにはフィニッシュダメージが2倍になり、

  以降1チェイン増えるごとに7.5%ずつダメージが増える。



  2c(チェイン)→200%

  3c→207.5%

  4c→215%

  10c→260%

  20c→335%

  30c→410%

  40c→485%

  50c→560%

  60c→635%



2.コンボフィニッシュ受付時間が1チェイン増えるごとに0.1秒増える。

  基本は2秒で、10チェイン溜めると+1秒で3秒になる。

  この受付時間の間(チェイン数が点滅している間)は△ボタンによる攻撃全てに倍率がかかる。



3.チェインが溜まるほどチェイン数が消滅するまでの時間が短くなる。

  基本は約3秒。

  30チェイン溜まるごとに1秒短くなる。

  これのおかげで60チェインを越えるとチェインを継続するのが困難になり、

  また80チェインを越えたあたりでは必ずチェインが消滅してしまう。







要はたくさんチェインを溜めるほど高いダメージが与えられて、

しかも受付時間が延びるのでよりたくさんの攻撃を叩き込めるようになり、味方もフィニッシュに参加しやすくなる。

しかしチェインが溜まるほど途切れやすくなるのでそこは注意が必要だが。



以下にチェインの良い例と悪い例というものをまとめみた。







チェインの良い例

なんだかんだでスヴァルティアに30チェイン溜まった!

ブレイバー「みんな行くわよ!ライジングストライク!」

スヴァルティアに200のダメージ!

スヴァルティアは少しよろめいた!

フォース「私にまかせて!ディーガ!」

スヴァルティアに200のダメージ!

スヴァルティアは大きくよろめいた!

レンジャー「ロックオン完了!こいつを食らえ!ショットガンチャージⅡ!」

スヴァルティアに200のダメージ!

スヴァルティアは完全にバランスを崩して倒れた!

ハンター「うおおおおおっ!これが俺の必殺技!アンガ・ジャブロッガ!!」

スヴァルティアに300のダメージ!

スヴァルティアを倒した!

スヴァルティア「ぐおおおっ!・・・これが・・・絆の力かっ・・・!」












チェインの悪い例

コルトバに2チェイン溜まった!

ハンター「俺に任せろォォォオ!グランドクラッシャー!!」

コルトバに100のダメージ!

レンジャー「ちょっと、早いって!?」

慌ててレンジャーはチャージを開始した!

レンジャー「よし、ハンドガンチャージ完了!当ったれー!」

チェイン受付時間が終了。コルトバに50のダメージしか与えられなかった・・・。

・・・フォースはコルトバの体当たりで転倒していて攻撃に参加出来なかった。

・・・ブレイバーは遠くにいたため攻撃に参加出来なかった。

コルトバ「あれ・・・俺まだ生きてる?・・・これならまだ、戦える!」







とまぁこんな感じ。

良い例と悪い例の違いが分かるだろうか?




確かにストーリーモードでは2チェイン溜めてからフィニッシュにもっていくと効率が良いとされるが、

マルチ/インターネットマルチモードではプレイヤー全員が息を合わせて「せーの」で一緒に攻撃するのが理想的。

そうした方が1回のフィニッシュあたりのダメージが飛躍的に上昇するためだ。

とは言え実際にお互いの顔が見れて声を掛け合えるマルチモードならばいざ知らず、

相手の顔も見えず声も聞こえないインフラではそこまでの連携は取りにくい。



そこでインフラではチェインを溜める大体の目安を付けてフィニッシュを発動するという形になる。

具体的にはコルトバなどの小型の雑魚敵が相手のときは10チェインほど、

スヴァルティアなど大型モンスターが相手のときには20~30チェインほど、

ディラ・ブレイヴァスなどのボスモンスターが相手のときには30~60チェインほどという具合にだ。



この辺は実際にやってみて敵が強いと感じたらチェインを増やしてみたり、

フィニッシュの途中で敵が倒れるようならチェインを減らしてみたり、

゚+.(・∀・).+゚.。oO(あの人は20チェインでフィニッシュを出すんだな・・・)ポワポワ

とか味方がどの辺でチェインを切るかに注意をしながら、

それに合わせてフィニッシュしたりするなど状況に合わせて変えられるとより良い。









そんなこんなでチェインを切るときに気をつけたいのは味方の状態や使っている武器。

例えば味方が打撃武器持ちなら近くにいないと受付時間に間に合わないし、

味方が射撃武器持ちなら遠くからでも撃ちこめるが、反面チャージに時間がかかる分すぐには反応出来ない。



また近くにいても敵の攻撃で吹っ飛ばされていたりすると参加出来ないので、

敵の強力な攻撃のあとには味方が立ち直るのを待つために少し時間を置いてからフィニッシュに持っていくなど、

そこまで判断が出来るようになればエリートハムスター(※)と呼べるだろう。

※このゲームにハマっている人はハムスターと呼ばれます。
 その中でも装備や知識、操作技術の充実したハムスターのことはエリートハムスター(エリハム)と呼ばれます。
 みんなもハムスターのエリートを目指そう!
 



下に自分がフィニッシュしたときに、どれぐらいの味方が攻撃に参加出来るのか、チェイン数ごとの目安をまとめてみた。






2チェイン

打撃武器:近くにいる味方しか参加出来ない。間に合ってもカス当たりになりやすい。

射撃武器:事前にチャージをしておかないとまず間に合わない。

法撃武器:やはり近くにいないとまず参加出来ない。間に合ってもテクニック1発ぐらいが限度。



10チェイン

打撃武器:近くにいれば余裕を持ってフィニッシュに参加出来る。PA一段目のジャストアタックも狙える。

射撃武器:チャージ時間の短いものなら余裕で参加。遅いものだと間に合わないことも・・・。

法撃武器:テクニックの射程内に相手がいれば2~3発叩き込める。



20チェイン

打撃武器:多くのPAを全段叩き込める。多少距離があっても近づいて一段目くらいなら余裕。

射撃武器:チャージショット1~2発撃ちこめるレベル。

法撃武器:テクニック3連を全段叩き込める。ものによっては+1発ぐらい。



30チェイン

打撃武器:PAでジャストアタックを狙いつつ全段叩き込めるレベル。モーションの短いものなら2セット目も。

射撃武器:余裕で2発。ものによっては3発ぐらいいける。

法撃武器:ものにもよるがテクニック3連を2セットぐらいいけることも。






とまぁチェインを溜めれば溜めるほど、より多くの味方がよりたくさん攻撃出来るようになるのが分かるだろう。

・・・勿論敵の残り体力というものにも気をつけたいが、

味方にも一緒にフィニッシュに参加してもらおうと思うときはこの辺を意識していきたい。








そしてフィニッシュを決めるのと同じく大事なのがチェインを溜めること。

チェインを切る役=最初にフィニッシュを決める役はなるべくパーティー内で一番強いプレイヤーがこなすと良いけれど、

このチェインの溜め役ならば誰がやってもかまわない。

強いプレイヤーと一緒に遊んでいるときはチェインを溜める役にまわり、

その強いプレイヤーがフィニッシュするのを見てからこちらもフィニッシュに参加するといいだろう。

もちろん自分でトドメがさせそうならそのまま自分でやっちゃってもOKだし、

逆に自分の方が強いと判断したら積極的にチェインを切っていくフィニッシュ役になった方がいいだろう。






ついでにチェインを溜めるのに向いた武器やテクニックも紹介しておこう。

 ソード:4体攻撃。振りも早くて攻撃力もあるので溜め役・フィニッシュ役のどちらもこなせる。

 ダブルセイバー:4体×6回攻撃。ソードに威力は劣るがチェインの溜めやすさはこちらが上。

 アックス:2体×6回攻撃。振りは遅いが敵を転倒させられるメリットが大きい。

 ツインダガー:7回攻撃。対単体においては最高の手数。次点でナックルやツインセイバー、ツインクローなどもそれなりに優秀。

 片手打撃武器+盾:R押しっぱなしで□連打の盾キャンが強い。かなりの勢いでチェインが溜まる。

 ウィップ:5体×4回攻撃。威力は低いのでフィニッシュ役には向かないが範囲は非常に広い。盾キャンで使うと対集団戦で圧倒的。



 ショットガン:最大5体攻撃。範囲が広いので集団戦向き。しかし連射は遅いので対単体で使うと絶望的。

 ツインハンドガン:一回の射撃で2連射。対単体では最高クラスのチェインの溜めやすさ。

 ハンドガン:ツインハンドガンには劣るがそれなりの連射力。使いやすい。

 クロスボウ:最大3体攻撃。ショットガンとハンドガンの中間的な使い心地。やや微妙か。

 シャドゥーグ:ヤクトディークやオパオパ、エルノアなどの連射系シャグがあるとなかなか優秀。



 フォバース:プレイヤーの周りをグルグル回る火球を発生させる。近接武器との相性も良い。

 サ・ゾンデ:帯電する雷を前方に発生させる。2体×5ヒット。打ち上げ効果付きなので扱いには注意。

 サ・バータ:停滞する吹雪を発生させる。3体×4ヒット。処理落ちしやすいのが難点。

 ナ・グランツ:レーザー3連射。無制限×3ヒット。射程は非常に長いが消費は重め。

 サ・メギド:ネタにどうぞ。

 ダム系テクニック:前方に連続で攻撃を発生させる。特にダム・バータは敵を凍結させられるのでオススメ。

 ギ系テクニック:周囲の敵4体まで攻撃出来る。発生は遅いが転倒効果付きのおかげで扱いやすい。





ちなみにプレイヤーの強弱は戦闘中にいくらか変化することがある。

というのも敵の中には打撃・射撃・法撃の各攻撃に対して耐性を持つモンスターがいたりするためだ。

メンバーの中でハンターが一番強かったとしても、打撃耐性持ちのモンスターが相手の場合は戦力が半減してしまう。

そういう場合にはレンジャーやフォースがフィニッシュ役に回った方がいいこともある。

またハンターでは攻撃の届かない場所に敵が逃げてしまってフィニッシュどころじゃなくなることもあったりする。

敵の耐性や状況を見極めるのがエリートハムスターへの道だ。

テーマ : ファンタシースターポータブル2インフィニティ
ジャンル : ゲーム

LW社員研修五日目:インフラで求められる立ち回り(後編)

今回は後編ということでインフラにおいて求められる立ち回りについての残りの3つ、






・打ち上げや吹き飛ばしの追加効果に気をつけること

・死なないこと

・経験値の手付けに気をつけること






この辺りに触れていこうと思う。






戦闘に関して言うと前回触れたチェインについてもかなり重要なんだが、

上記3つのことが出来ていないと、

「この人は戦闘のことがよく分かっていないんだな」 = 地雷

という風に見なされてしまうこともあるくらい、結構重要な事柄。

逆にこれがしっかり出来ていれば、

「この人ちゃんと分かってるな~。パトカ送っちゃおうかな~」

みたいに思ってくれること請け合いだ。



とは言えゲームを始めて間もない段階ではこの辺りにまで気が回る人もそうはいないだろう。

立ち回りに自信がない人は「初心者ですが~」とか「操作に不慣れですが~」などと、

部屋を作成するときのコメント欄に入力しておくか、入った部屋で最初に発言しておき、

ゲーム中ではひとまずチェインにだけ気を付けてプレイしながら、

後のことは徐々に覚えていくといだろう。



同じ操作のうまくない人でもこの「初心者ですが~」「操作に不慣れですが~」の一言があるだけで、

「ゲームを始めて間もない初心者」と「理解の無い地雷」くらい印象が違う。

前者ならば暇を持て余したエリハムが「どうした 攻撃が当たらないか?」などと戦闘に関するウンチクを披露してくれそうなもんだが、

後者の場合は「フレに呼ばれたので抜けますね^^;」とか言われたり、最悪部屋主に蹴り出される可能性もある。

っというかホント慣れないうちにはショートカットメッセージの「こんにちは」の下の「よろしく」のところを、

「初心者ですがよろしくお願いします」と書き換えておくといいと思う。

こちらが初心者だと分かっていれば、相手もフォローに回ってくれたりアドバイスをくれたりするだろう。











そんなこんなでインフラで気をつけたいことその三、打ち上げや吹き飛ばしの追加効果に気をつけること。

敵を攻撃したときに発生するリアクションの種類には、大きく分けて4つある。

それが「のけぞり」「転倒」「打ち上げ」「吹き飛ばし」だ。






「のけぞり」は一番普通の効果。

セイバーなど各武器の通常攻撃やらスキルやら、

ハンドガンなどの通常射撃、チャージショット、

テクニックでならフォイエなど大半の攻撃で発生するのがこれ。



「のけぞり」が発生した敵は直前のアクションを中断し、「あ痛たたー」みたいなリアクションを見せて一瞬だけ隙が生まれる。

のけぞっている時間は短いものの、連続で素早く攻撃を当て続けていけば相手に一切反撃させずに一方的に攻撃することも可能だ。

ただし「のけぞり」は小さめのモンスターにしか効かず、大型のモンスターやボスモンスターには効果が無い。

またミッションランクがA以上になってくると小さめのモンスターでも一定確率で無効化してくるので過信は禁物。

レベルが上がってくるほど立ち回りに関して慎重になる必要がある。






続いての「転倒」は状況や相手を選ばず、使いやすい追加効果。

アックスの通常攻撃や、ダブルセイバーのスキル「スパイラルダンス」の一段目、

ライフルのバレット「バスターシュート」、レーザーのバレット「バスタープリズム」、

テクニックではレベル21以上のギ系のもの(ギ・フォイエなど)やノス・メギドなんかに付いている。



「転倒」を受けたモンスターは文字通りその場に転び、「のけぞり」よりも長い時間無防備になる。

時間にして2秒ほど動きを止められるので、素早いモンスターなんかに対してもより効果的。

パーティープレイでも味方が敵を追いかけなくてすむ&安全に攻撃出来るようになるので使うと喜ばれる。

大型モンスターに対して使っても転ばないことが多いが、代わりに大きくのけぞらせることが出来て隙を作りやすい。

流石にボスモンスターには効かないが、どんな状況でも使っていける安心の追加効果と言えるだろう。






そしてここからが問題の「打ち上げ」

ツインセイバーのスキル「ライジングクラッシュ」や、ナックルのスキル「ボッガ・ランパ」、

レーザーのチャージショットⅡや、グレネードのバレット「ボンマ・バンガ」、

テクニックではサ・ゾンデやディーガなどに付いている。



「打ち上げ」を食らったモンスターは文字通り大きく浮かんだあと落下してダウンし、「転倒」よりもさらに長い時間無防備になる。

結果として敵の反撃を封じつつより長い時間安全に攻撃していけるという便利な効果ではあるが・・・。

マルチモードなどで使うと、敵が浮いている間は味方の攻撃が当たらず外れてしまうので注意が必要だ。



さらには一部のモンスターには連続で打ち上げると高ーく飛んでいってしまいより攻撃が当てにくいやつもいたり、

浮き上がったあとに転がって距離が離れてしまうものもいたり、

打ち上げを食らった場合に反撃として強力な攻撃を繰り出してくるものもいたり、

追撃を察知してワープして逃げるなんてやつもいたりする。

この辺を理解せずに適当に使っていると味方の攻撃が外れまくったり反撃で味方が死んだりなんてことが起きてしまう。

そのため打ち上げていい敵と打ち上げない方がいい敵の見極めが重要だ。

以下打ち上げたときの敵の挙動の一例を挙げておこう。



打ち上げが有効な敵

スヴァルタス:打ち上げ効果で大きくひるむ。連続で当てるとダウンして隙だらけに。

イルギル、イヴァーラス:見た目に大きく吹き飛ぶが、何故か判定が足元に残るため普通に攻撃出来る。

タヴァラス:地面からちょっと浮いているタイプのモンスター。浮かずに落下してダウンする。

センディラン、オルクディラン:四脚獣型SEED。こちらも浮かずにダウンするタイプ。

オブリリーなどリリー系モンスター:やはり浮かずにダウン。危険なモンスターが多いのでむしろ積極的に打ち上げたい。



打ち上げ注意!な敵

大抵の小型モンスター:サ・ゾンデなどで打ち上げ続けると近接で戦うプレイヤーのストレスの原因に。たまに使う程度ならOK。

コルトバなど一般的な四脚獣型モンスター:浮いた後転がって距離が離れるので近接の方はストレスマッハ。こちらもたまになら。

ビル・デ・ビア:打ち上げられると反撃として無敵グルグルアタックを繰り出してくる。ハメ続けられる状況ならば有効。

SEED・アーダイト:ダウン後に蹴り上げながら起き上がってくる。近接で戦うプレイヤーは注意。

ジャスナガン:あまり飛ばない鳥型の大型モンスター。連続で当てると大きく後ろにのけぞりまくる。やはり攻撃を外しやすい。

コウマヅリ:浮かされると着地するまでの間にワープして逃げる。使うならば転倒効果のあるものを。



とまぁどちらかというと近接武器を持って戦うプレイヤーがいる場合に気を付けた方がいい。

一人で遊んでいるときならばサ・ゾンデで敵を打ち上げ続けるだけで無傷のまま倒せちゃったりもするんだが。

ソロ用の戦法とマルチ用の戦法を使い分けられるようになれば一人前だ。






最後のひとつが一番扱いにくい「吹き飛ばし」

ダブルセイバーのスキル「サイクロンダンス」や、クローのスキル「ショウセントツザンガ」の二段目、

グレネードのチャージショットⅠなどに付いている。

テクニックには吹き飛ばし効果のものはない。



「打ち上げ」は縦に飛ぶがこちらは横に大きく吹き飛ぶ。

その為吹き飛ばし効果付きの攻撃でトドメをさせなかった場合は走って近寄る必要があったりで地味に面倒。

またこれを使われると、まず味方が攻撃に参加出来なくなるのでマルチプレイでは特に注意。

一応敵が密集しているところや敵に囲まれた状況で使えば、敵がばらけて戦いやすくなったりもするが・・・。



ちなみに浮かないタイプのモンスターに対して使うと「打ち上げ」効果を当てたときと同じ挙動を取る。

打ち上げ注意のモンスターに対しては「吹き飛ばし」にも注意しよう。













そしてインフラで気をつけたいことその四は死なないこと。

とはいえ基本的に「フリーミッション」なんかでは死んだところでこれといったペナルティーもなく、

すぐ復活出来るスケープドールがあったり、

味方を復活させられるムーンアトマイザーが一人につき五個まで持てたり、

さらにレベルの高いフォースが覚える「リバーサラー」というアビリティがあれば何度味方が死んでも蘇させられたりと、

かなり死にまくっても問題無いようなゲームになっている。

っていうか敵の攻撃もかなり鬼畜で、ちょっとしたミスがすぐ死に繋がるようなところもあるので仕方ないと言える部分も多いしな。



しかしマルチモードで受けられる「エクストラミッション」の多くでは、

パーティーの誰か一人がスケープドールを持たずに死亡するとミッション失敗扱いになったりする。

また現在開催中のイベント、マキシマムアタックインフィニティではパーティーの死亡回数が多いと評価が下がってしまう。

この手のミッションに行く場合には特に注意したい。



だが、訓練を受けたエリートハムスターでさえ割としばしば死ぬのが当たり前のこのゲーム。

ちょっと立ち回りに慣れたぐらいでは心もとないし、死なないための注意点を文でひとつひとつ説明するのも難しい。

そこでこれやっときゃかなり死亡率減らせますよという非常に有効なスキル構成を紹介しておこう。



それが自動回復薬ハーフライン+ハーフディフェンス(通称Wハーフ)だ。

これ偉大。

初期習得で、HPが半分以下になると自動で回復薬を使ってくれる自動回復薬ハーフラインと、

ブレイバーLv8で習得出来る、HPの半分以上のダメージを受けてもHPが1残るハーフディフェンス。

どちらかひとつ付けるだけでも死ににくくなるのに二つつけたら理論上は絶対死なないはずの組み合わせだ。

(・・・理論上は絶対死なないはずだが強力な敵の攻撃を同時に二発以上受けると流石に死ぬ。しかもそんな状況は割とよくある)

アビリティ枠を4つ使うがそれだけの価値はある。

特に自分よりレベルの高い格上のモンスターに挑むときには是非とも装備していきたい。

4つも枠が無い場合はハーフディフェンス(コスト3)だけでも装備しておきたい。



もうひとつ、ややネタっぽい感じもあるが無敵を誇るスキル構成がある。

それがシールド装備+ガードアブソーバー+PPガードセイブ+ダメージコンバートPP

(合計コスト4)だ。

シールドでガード中は受けるダメージを90%軽減出来る。

そこにガードアブソーバー(コスト1)を付けると軽減率が100%になり、正面から受けるあらゆるダメージを0に出来る。

そしてPPガードセイブ(コスト1)を付けることでガードによるPPの消費を抑えつつ、

加えてダメージコンバートPP(コスト2)で失ったPPを補填する。

この構成ならばガードしていれば絶対に死ぬことがない。

これにプラスWハーフなんか付けた日にはアンブレイカブルな絶対無敵の存在になれるだろう。

・・・まぁこの構成の問題点は盾を装備しないといけない=強力な両手武器が使えないということと、

ダメージコンバートPPを覚えるためにはいずれかのタイプレベルを45まで上げないといけないところか。

人と違う自分を演出したい、そんな貴方におすすめの構成だ。






それともうひとつ死なないために気を付けるべきものが、敵の攻撃を受けることで発生する状態異常。

中でも危険なものが麻痺・睡眠・凍結だ。

仮に上記のアビリティ構成をセットしていても、これらの状態異常が発生すると回復薬の使用を含めた行動が一切取れなくなり、

そのまま何も出来ないうちに死亡するケースが多い。

そこでこれらの状態異常になるのを未然に防ぐために、プロテクト系のアビリティか防具にレジスト系のユニットを装備しておきたい。

ついでに各アビリティが習得出来るタイプ/タイプレベルとレジスト系ユニットの入手手段ものせておこう。



麻痺プロテクト:麻痺無効。フォースレベル10で習得。

睡眠プロテクト:睡眠無効。レンジャーレベル10で習得。

凍結プロテクト:凍結無効。ハンターレベル10で習得。



スタンレジスト:麻痺無効。オルガ・スピリトゥスを五体以上倒したときに貰える称号の報酬。MA交換所でも交換可能。

スリープレジスト:睡眠無効。オルガディランを五体以上倒したときに貰える称号の報酬。MA交換所でも交換可能。

アイスレジスト:凍結無効。ダークファルス最終形態を五体以上倒したときに貰える称号の報酬。MA交換所でも交換可能。



ちなみに一応凍結だけはレバガチャ(スティックを上下左右に入力しまくる)で素早く解除することも出来る。

また睡眠を使ってくるのは光属性のモンスターに多く、それ以外では闇属性の一部のモンスターがたまに使うくらいなので、

光属性の防具(鬱陶しく感じるなら闇防具にも)にスリープレジストを付けておくだけでほぼ大丈夫だろう。



















いよいよ最後、インフラで気を付けたいことその五は経験値の手付け

ミッション中にモンスターを倒すと、

トドメをさした人には100%分、倒すまでに一度でも攻撃を当てた人には70%分の経験値が入る。

なのでより多く経験値を得たい場合は敵が出現すると同時になるべく多くのモンスターに攻撃を一発ずつ当てて回るといい。

これが経験値の手付けだ。(※注:ボスモンスターの場合は全員に100%入る)



経験値の手付けには、攻撃の射程が長く、ロック数が多い武器やテクニックが便利。

打撃武器ならソードやダブルセイバー、ウィップ、スライサーあたり。

射撃武器ならライフルやグレネードやショットガン。小回りの効くハンドガンやクロスボウもいい。

テクニックならばラ系のものや、フォバース、サバータ、ナ・グランツなど。中でも特にジェルンとザルアが良い。

ジェルンとザルアはテクニックなので必中で、なおかつ範囲が広くて全方向に効果が及ぶので非常に使いやすい。



ちなみに自身が強すぎるときや、戦闘不能の効果付きの武器を使っている場合は、

味方が手付けをする前に敵を倒してしまうことがある。

あんまり一人だけ先走って敵を倒す行為はよく思われないことがあるので、

そういうときには味方が手付けをするまでちょっとだけ待つような気遣いも出来ると素敵。

特に貰える経験値が通常より多くなる緊急ミッションでは気を付けるようにしておきたい。



テーマ : ファンタシースターポータブル2インフィニティ
ジャンル : ゲーム

LW社員研修六日目:装備品の知識(武器編)

社員たるもの装備品を使いこなしてこそ一流。

ってことで装備品について説明書に載ってないような知識をレクチャーしていきたいと思う。






まず今回は武器から。

20110624124757.jpg

装備ステータスの上から、

・装備品のグレード:装備品の名前

・メーカー名

・武器攻撃力:(武器攻撃力+プレイヤー攻撃力)

・武器命中力:(武器命中力+プレイヤー命中力)

・属性値

・特殊効果

・装備に必要なレベル



となっているが、このうちグレードとか攻撃力・命中力、装備レベルとかは見たまんまなんで説明を省くとして、

とりあえずはメーカーの説明から。












装備品のメーカーは大きく分けて3つ。

それがGRM(ガルム)社・ヨウメイ社・テノラ社。

それ以外の、個人で作られたようなものや製作者不明のもの、または違法に作られたものなんかはまとめてクバラ品と呼ばれる。



GRM社はセイバーやソード、ライフルやハンドガンといったハンターやレンジャー向け装備の中でもクセが無く使いやすいものを、

ヨウメイ社はロッドやウォンド、ロングボウやカードといったフォース向けの装備品を、

テノラ社はアックスやスピア、ショットガンやグレネードなど、クセは強いが使いこなせば強力な武器を多く扱っている。



また同じカテゴリの武器でもメーカーが違うと、(装備品の種類によっても違ったりするが大体)

GRM社製品は平均的な性能、ヨウメイ社製品は攻撃力が低めで命中力が高め、

テノラ社製品のものは攻撃力が高めで命中力が低めとなっている。

その他にも隠しパラメータとしてPA倍率・消費PP倍率というものが違ったりするが、それについては後述。



いずれのメーカーのものもAランクまでの装備なら店で買える。

各カテゴリの最強武器なんかは大抵クバラ品扱いになっているが、それでも冒険序盤には何かとお世話になるだろう。

しかしアビリティの「~フリーク」と武器のメーカーを合わせると敵に与えるダメージが10%増加する。

(例:テノラフリークとテノラ社製武器アンク・ブッティなど)

これをうまく利用すれば半端なレア武器をしのぐような性能を引き出せることもあるのでメーカー品も上手に利用しよう。













続いては属性値

この世界には炎・氷・雷・土・光・闇の6属性と、いずれにも影響を受けない無属性の全部で7属性が存在する。

このうち炎と氷、雷と土、光と闇は反属性になっている。

ミッション中に拾える装備品は無属性の0%から各属性の1~60%まで付く可能性がある。

ちなみに店で買える装備には最大でも30%までしか属性値が付かず、

一部イベント報酬で貰える武器は60%を越える属性値が付いていたりする。



例えば武器に属性が付いていた場合、上の写真で言うと雷属性(26%)だが、

これを雷の反属性である土属性のモンスターに対して使うと通常よりも大きなダメージが与えられ、

逆に雷属性の相手に使うと通常よりも与えるダメージが低くなってしまう。



実際には反属性の相手に使うことで、

武器攻撃力 × ( 武器の属性値 + 30 ) ÷ 100

分武器攻撃力が上乗せされている。

属性値が20%も付いていれば武器攻撃力が1.5倍になり、60%なら1.9倍となる。

逆に同属性の相手に使うと20%なら武器攻撃力が半減、60%だと本来の1割程度の攻撃力になってしまう。

この辺をうまく利用していくと、レベルの低い装備でもレベルの高い装備以上に高いダメージを出せたり、

ミッションを楽にクリア出来たりするようになるのでなるべく意識していきたい。



ついでに色々ある属性の装備を全て持ち歩くのは面倒とか、

戦闘中に武器を変更すんのもダルいよなんて人にはよく使う属性というものを教えておこう。


よく使う← 光=闇>土≧雷>氷>炎 →あまり使わない


強力な大型モンスターやボスモンスターには光や闇属性のものが多いので、

面倒臭がりな人でも光と闇の2属性を持ち歩いておくと重宝するだろう。

氷や炎属性のモンスターはしばしば同時に出現したりして、

両方の属性の武器を持ち歩いていても結局武器の持ち替えが面倒になってどちらも使わなかったりする。



ちなみに法撃武器(=フォース)の場合はよく使う属性が変わる。


よく使う← 雷=炎>土=氷>光>闇 →あまり使わない


フォースの場合は今回テクニックが超強化されたこともあってヘタに属性合わせなくてもサクサク敵を倒せたりする。

そうなると攻撃力云々よりも使いやすいテクニックがあるかどうかでよく使う属性が変わる。

具体的にサ・ゾンデ(雷)やフォバース(炎)はよく使い、闇系テクニックはあんまり出番がない。

極論雷属性杖と炎属性杖だけでなんとかなったりしないでもない。













次は特殊効果について。

武器に特殊効果が付いている場合、打撃武器なら通常攻撃やスキルで攻撃したときに発動し、

射撃武器の場合は通常射撃でのみ発動し、チャージショットには影響しない。

そして法撃武器だけは勝手が違い、特定の属性の威力を上げる効果が付いていることがある。



打撃武器や射撃武器に付いていることがある特殊効果は、

毒 ・・・ 敵の最大HPの3%分のダメージを4秒ごとに与える。状態異常Lvが上がると効果時間が延びる。

燃焼 ・・・ 敵の最大HPの2%分のダメージを2秒ごとに与える。Lvが上がると効果時間延長。

睡眠 ・・・ 敵の動きを止められる。1度でも攻撃すると解除。Lvが上がると効果時間延長。

凍結 ・・・ 敵の動きを止められる。3回攻撃するか時間で解除。Lvが上がると効果時間延長。

麻痺 ・・・ 敵の動きを止められる。時間経過以外で解除されない。Lvが上がると効果時間延長。

感電 ・・・ 敵の攻撃を封じ込められるが、移動だけは出来る。Lvが上がると効果時間延長。

混乱 ・・・ 敵が同士討ちを始めるようになる。Lvが上がると効果時間延長。

感染 ・・・ 敵が他の状態異常に弱くなる。Lvが上がると効果時間延長。

魅了 ・・・ 敵がこの状態異常を与えたプレイヤー以外狙わなくなる。Lvが上がると効果時間延長。

戦闘不能 ・・・ 一撃で敵を倒す。状態異常Lvによる違いはない。

HP吸収 ・・・ 攻撃するたびこちらのHPが回復する。Lvが上がると吸収量が増える。

ダメージ反射 ・・・ 攻撃するたびにダメージを受けてしまう。Lvが上がると受けるダメージが減る。

憤怒 ・・・ 自身のHPが減っていれば減っているほど相手に与えるダメージが増加する。Lvが高いほどより効果が高い。

攻撃・法撃↓ ・・・ ジェルンと同じ効果。Lvが高いほどより効果が高い。

防御・回避・精神↓ ・・・ ザルアと同じ効果。Lvが高いほどより効果が高い。



とこんなところ。



ちょっと補足しておくと、

毒と燃焼は特にHPの多いブーストモンスターに有効。

睡眠は一回の攻撃で解除されてしまうものの、直前の敵の行動も解除出来る。

連続で発生させることが出来れば結構無傷でいられる。特に人型モンスターには有効。

凍結は直前の敵の行動を中断させられるが、凍結が解除された瞬間にそのまま動き出す。

麻痺は発生させても直前の敵の行動が終わるまで効果が出ない。

HP吸収はLv1や2だとあまり使い物にならないが、Lv5もになると一気にメイトの消費が減る。

Lv5のHP吸収が付けられる、解放+エクステしたコクイントウ・ホオズキは別名モノメイトウとして有名。

ダメージ反射は基本的にデメリットしかないがエクステンドコードを使うと一気に強くなるような武器に付いていたりする。

※大抵このときに別の状態異常に変更できる。

またアビリティのダメージコンバートPPを付けておけば攻撃するたびにPPを回復するなんてことも可能っちゃ可能。

サイコガン(ダメージ反射Lv4)+メセタフィーバー+ダメコンPPってやるとすごそうなんだけどなぁ。



ちなみに状態異常の発生率は武器ごとに違い、全体的な傾向として、

ウィップ・ライフル・レーザー・ロングボウ・ショットガン・グレネード・カードあたりだとより敵を状態異常にさせやすくなっている。






もひとつ法撃武器に付く特殊効果は、

炎属性威力↑

氷属性威力↑

雷属性威力↑

土属性威力↑

光属性威力↑

闇属性威力↑

回復力↑



となっている。効果は読んでそのまんま、各属性のテクニックの威力を上げる。

ただし上昇率は武器によって違い低いものだと5%しか威力が上がらず、逆に高いものだと40%も上がったりする。

どの武器でどれくらいの効果があるかはwikiで調べるか、自分で検証するか攻略本を買うしかない。

ちなみに回復テクニックのレスタは光属性ではあるが、光属性威力↑の効果で回復量が増えたりしない。













ここからは武器ごとに存在する隠しパラメータ。

まず最初のカテゴリ補正

20110624124922.jpg

20110624124909.jpg


上と下の写真をよく見比べてみてほしい。

上が武器を何も装備していない状態で、下がジョギリ(ソード・レア度8)を装備した状態のステータスだ。

ジョギリを装備した状態だと防御力と精神力が40ずつ上昇しているのが分かるだろうか?

この、武器を装備していると、その間だけこっそり上昇(下降)しているのがカテゴリ補正だ。

どの武器を装備するとどのステータスに影響があるかは下にまとめてみた。



攻撃力が上昇する武器 ・・・ クロー、シャドゥーグ

法撃力が上昇する武器 ・・・ ウィップ、カード

命中力が上昇する武器 ・・・ ダガー、ハンドガン

防御力が上昇する武器 ・・・ ライフル、マドゥーグ、シールド

精神力が上昇する武器 ・・・ ダブルセイバー、ロングボウ、ウォンド

回避力が上昇する武器 ・・・ ナックル、スピア、ツイン○○系の武器、スライサー、クロスボウ

防御力と精神力が上昇する武器 ・・・ ソード、ロッド

回避力が下降する武器 ・・・ アックス、ショットガン、グレネード、レーザー

補正の無い武器 ・・・ セイバー、マシンガン



例えばシャドゥーグを装備することで右手打撃武器の威力を上げたり、

ハンドガンとダガーを装備すると大きく命中が上昇してハンドガンの威力が上がったり、

左手にカードを持つことで右手のウォンドのテクニックの威力を上げたりなんてことが出来る。

各ステータスは基本的に武器のレア度(☆の数)×5ずつ上昇するが、

レア武器の中には例外も多々あるので詳しくはwikiなんかで調べてほしい。












続いての隠しパラメータがPA倍率PP消費倍率

20110624134403.jpg

20110624134414.jpg

20110624134425.jpg


今度も上3つの写真を見比べてみてほしい。

上からGRM製T(ツイン)セイバー、ヨウメイ製Tセイバー、テノラ製Tセイバーとなっているが、

PP消費量が50、45、55とそれぞれ違うことに気づくだろうか?

実はヨウメイ製武器は各種スキル、バレット、テクニックを使うときの消費PPが10%少なくて済み、

逆にテノラ製武器は消費PPが10%増えるようになっている。これがPP消費倍率だ。



そしてもうひとつ、これは実際に攻撃してみないと分からないが、

ヨウメイ製武器はスキルやテクニックで与えるダメージが10%減少し、逆にテノラ製武器は10%増加する。

これがPA(フォトンアーツ)倍率。



例えばヨウメイ製武器はPP最大値が低くてテクニックやスキルを連発しにくい種族で使ったり、

テノラ製武器ならPP消費が増えたとしても少しでもダメージを上げたいときなんかに使うといいだろう。



ちなみに射撃武器だけは少し異質で、PP消費倍率のみ通常射撃に影響し、

チャージショットにはPA倍率・PP消費倍率ともに一切影響がない。

このためヨウメイ製の銃は単にPP消費の少ない扱いやすい武器になり、

テノラ製武器だとPP消費がちょっと増えるだけの微妙な武器になる。

・・・とは言えどちらもあんまり気にならないレベルではあるが。

またクバラ品では武器ごとにPA倍率やPP消費倍率が違う。詳しくはwikiなどd(以下略)












最後に、隠しパラメータとは違うが武器の中には模造品と呼ばれるものが存在する。

20110527124629.jpg

20110527124648.jpg

20110527124612.jpg


一番上のものが模造品で、大抵名前の最後に「~ック」と付いている。

真ん中のものが模造品の元になった武器(正規品)。

一番下のものは比較としてアポカリプスックと同じBランクの武器を並べてみた。



模造品は正規品と比較すると、

・装備レベルが同じ

・性能は若干低い

・装備グレードが低い

・PA倍率とPP消費倍率が特殊(基本的に一律PA倍率10%ダウン、PP消費倍率10%アップ)で燃費は悪い

・見た目が若干違う(分かりにくいがこの場合微妙に色が黒い)



模造品の何よりの利点は装備グレードが低いことにある。

「レベルは高くなってきたけど、タイプを変えるとエクステンドポイントが足りなくて強い武器が装備出来ない」

なんてときに重宝する。



模造品はストーリーモードを進めることでショップで買えるようになるほか、

イリアスから受けられる武器縛り系のクライアントオーダー(ソードだけ使ってミッションをクリアしてこいってやつ。)

をこなすことで報酬として貰える。

他にエクストラミッション「少女の英雄は卵泥棒」「ブルースダンジョン」「彼女からの極秘任務」などのクリア報酬としても貰える。

転職前にこれらで模造品を集めておくと楽になるだろう。


テーマ : ファンタシースターポータブル2インフィニティ
ジャンル : ゲーム

訪問者数
プロフィール

ぐんじょお

Author:ぐんじょお


メイプルストーリーぽぷら鯖で
ぼちぼち活動していた投げ賊

PSO2 ウル鯖にて活動開始!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード