FC2ブログ

ぼっちでも出来る!?モンスターハンター3(tri)G その1

モンスターハンター3(トライ)GをNintendo3DSとセットで買ってプレイしてるんだがその辺の記事を書いてみる。






まー期待通りというかそれなりに面白い。

ただ面白いゲームではあるんだが、このシリーズに関して前から少し気になっていたことがある。



前作(厳密に言うと違うが)のMHP3rd(モンスターハンターポータブル3rd:PSP版)

を友人に勧めてやらせてみたりもしたんだが、どうもそいつには合わずに続かなかったようだ。

思うに基本的に2~4人で協力して遊ぶことを想定して作られているので一人で遊ぶ(ソロプレイ)には色々としんどい部分があり、

また社会人ともなるとしょっちゅう会って一緒に遊ぶなんてのもなかなか難しい話。

そーなると必然的に強い敵に対して一人で頑張って戦う必要があるんだけれども、

そこんところがしんどくて挫折したんでなかろうかと。






確かにソロプレイは色々とマゾい部分がある。

一回のクエストで格下の相手でも10分程度かかり、同格の強さの相手の場合だと20分ほど、

自分より強い相手ともなると30分からそれ以上クリアまでにかかったりする。

入念な準備と万全の装備とを整えて自分より強い相手に挑んで

ギリギリまで頑張ったのに3乙(3回戦闘不能になる)でもしようもんなら、

報酬も素材も手に入らず、使った回復アイテムやら契約金やらかかった時間30分とかも戻らず。

…みたいになってマユ毛でも抜けそうなほどの虚脱感に襲われたりすることもままあるしな。

とは言え今より強い装備品を手に入れようと思うとその強敵との戦いも避けては通れず、と。



どっちかと言うと、

自分より強い敵を工夫してなんとか倒すことに楽しさを覚えるみたいな人向けのゲームだろう。

某無双シリーズのように強い主人公がバッサバッサと雑魚敵をなぎ倒していく

みたいなゲームが好きみたいな人には合わないのかもなぁ。



ただこう、誰かと一緒に遊ぶ為のツールとしてはかなり良いもので、

一人が辛いからと諦めるのも勿体無いんじゃないかなーと思うので、

一人でもなんとか頑張れるよーにコツというかハウツー的な記事を書いてみようかと思った続く。
スポンサーサイト

テーマ : MH3(tri)G
ジャンル : ゲーム

ぼっちでも出来る!?モンスターハンター3(tri)G その2

そんな訳でその2、最初に大事なのは武器選び。






MH3Gには近接武器で、

大剣、太刀、片手剣、双剣、ハンマー、狩猟笛、ランス、ガンランス、スラッシュアックスの9種類。

遠距離武器で、

ライトボウガン、ヘビィボウガン、弓の3種類。

と合計で12種類も武器がある。

まー最初から基本的な武器が一通り全部アイテムBOXの中に入ってるので、

それぞれ使ってみて自分にあったものを使うと良い感じ。



全部の武器を使って全部の武器も揃えるなんてやろうとすると、かかる時間とお金とが物凄いことになるので

この12種類の中から1つか2つくらいに絞って強化していくと効率的。

…仮に全部の武器と、あと防具も揃えようなんて考えると、

プレイスタイルにもよるだろうが2,3年くらいかかるんじゃないだろーか。

そうなると最早やり込みというより耐久マラソンみたいなレベル。

このシリーズに慣れてないとか初プレイとかでやるのは決してオススメしない。





ま、そんな訳でそれぞれの武器の特徴なんかを軽ーくまとめてみるので、

自分に合った武器探しの参考にでもしてもらえると吉。









大剣

こうげき  ★★★★★
ぼうぎょ  ★★★★
すばやさ ★★★
とくしゅ  ★


高い攻撃力を持ちながらガードも出来て防御面も安心な、さながら戦士タイプ。

武器のリーチも長くどんな相手にも使いやすいのでぼっちにもオススメ。

武器を構えている間は動きが遅くなるものの納刀状態からの抜刀攻撃が強く、

走る→抜刀攻撃→回避→武器しまって脱出!の一撃離脱戦法が基本となるので実際にはかなり動き回りやすい。






太刀

こうげき  ★★★★
ぼうぎょ  ★
すばやさ ★★★★
とくしゅ  ★★


流麗な動きで敵の攻撃をひらりひらりとかわしながら怒涛の連続攻撃を繰り出す、さながら剣士タイプ。

クエスト開始直後は弱いが攻撃を当て続けて専用のゲージを貯めて強化していくと比類無き破壊力を発揮する。

んだが時間経過でだんだん元に戻るので逃げ回る相手なんかは苦手。

特に操作に慣れていないと攻撃を当て続けるのも難しいので初心者にはおすすめしない。





片手剣

こうげき  ★★
ぼうぎょ  ★★★
すばやさ ★★★★★
とくしゅ  ★★★★


素早い動きでチクチクと相手を攻め立て属性攻撃や道具による補助にも長ける、さながら魔法剣士タイプ。

とにかく動きの軽さが売りで直感的に動かしやすいのがポイント。

しかし一撃の威力も軽いために、相手を手早く倒すためにはちょっとした隙にも攻撃を差し込む慣れが必要。

どちらかと言うとパーティープレイにおける補助で本領を発揮するため、ぼっち向きとは言いがたい。






双剣

こうげき  ★★★★
ぼうぎょ  ★
すばやさ ★★★★★
とくしゅ  ★★★


両手に持った剣による圧倒的な手数と鬼人回避によるスタイリッシュアクションが楽しめる、さながら忍者だろーか。

効果音で表すと「ズババ ヒュンッ ズバババ ヒュンッ ズバババババババシュンッ」ってな感じで他の武器種とはスピート感からして違う。

面白い武器ではあるが斬れ味の消耗の早さやスタミナ管理が難しく、またリーチの短さから苦手な敵も結構多い。

嵌れば強いがこれ一本では辛い部分もあると思われるので、サブとして他の武器も用意したいところ。






ハンマー

こうげき  ★★★★
ぼうぎょ  ★
すばやさ ★★★
とくしゅ  ★★★★


高い火力とスタミナ奪取、さらに気絶も取れる攻撃のスペシャリスト、さながら闘士タイプ。

敵の頭を叩いて気絶させ、ダウンを奪ったときのウッホホイ(・∀・)♪な快感は他ではなかなか味わえない。

ただし打撃属性のため尻尾の切断が出来ないのがネック。

慣れればソロでも強いがどちらかというとパーティー戦でその存在感を発揮する武器種。…何かSの人向けな気がする。






狩猟笛

こうげき  ★★★
ぼうぎょ  ★★
すばやさ ★★★
とくしゅ  ★★★★★


スタミナ奪取に気絶、加えて笛による演奏効果と補助に長けた武器種、さながら詩人タイプ。

演奏による自身+パーティーの強化を行い戦闘を有利な状況に持っていける。

パーティーに一人いるとすごく助かったりするものの、ソロでは演奏しにくいのもあって難しい部分がある。

総じてぼっちでやるにはオススメしない。パーティーなら楽しいんだがなー…。






ランス

こうげき  ★★★
ぼうぎょ  ★★★★★
すばやさ ★★
とくしゅ  ★★★


鉄壁の防御を誇る盾を持ち、敵の攻撃を完封しつつ狙い澄ました槍を一閃、さながら…ナイトタイプ?

安心して敵の攻撃を受け止められる盾の存在が強み。敵の攻撃を無効化しつつ攻撃を繰り出すカウンターも楽しい。

しかし足の遅さとステップという独特な回避、スタミナ管理の難しさなどから初心者には難しいんじゃないだろうか。

一撃の威力も低めなので精確に相手の弱点を突いていく必要があったりする。…何かMの人向けっぽい気がする。






ガンランス

こうげき  ★★★★
ぼうぎょ  ★★★★★
すばやさ ★
とくしゅ  ★★★


頑丈な盾と、砲撃という独自のシステムを持つ武器種。その姿はさながら戦車。

敵の固い部位にも変わらずダメージを与えられる砲撃に、フルバーストや龍撃砲といった浪漫と破壊力を兼ね備えた必殺技を持つ。

まーしかし足が遅く、武器しまうのも遅く、フルバも龍撃も隙がでかいと扱いにくい部分があるのが難点。

とは言え慣れさえすればソロでもパーティーでも問題なく立ち回ることの出来るポテンシャルを秘めている。

個人的に好きな武器その1。





スラッシュアックス

こうげき  ★★★★★
ぼうぎょ  ★
すばやさ ★★★
とくしゅ  ★★★


一撃離脱の斧モードと定点猛撃の剣モードの二つを使い分けることが出来る攻撃的な武器。さながらバーサーカー。

大剣と双剣を足して割ったような感じだろうか?リーチが長くて部位破壊も容易。

変形システムは少し複雑かもしれないがとりあえずどちらのモードでもXボタンを押しているだけで攻撃が出続けるので、

結構初心者向きと思われる。ぼっちにもオススメ。






ライトボウガン

こうげき  ★★
ぼうぎょ  ★
すばやさ ★★★★
とくしゅ  ★★★★★


軽快な動きと速射の手数で攻め立てる、その姿はさながらライフル片手に戦場を駆ける兵士のよう。

ちょっとボウガンのシステム自体、使いこなすには豊富な知識が必要になったりするのが難点ではある。

しかし動きやすさと相手と距離を離せるというアドバンテージは大きく、非常に安全な立ち回りが可能。

またうまく使いこなせれば攻撃からサポートまで幅広くこなせるのが利点。とりあえず触ってみるのもいいかもしれない。





ヘビィボウガン

こうげき  ★★★
ぼうぎょ  ★★
すばやさ ★
とくしゅ  ★★★★★


名前通り遅い動きに重い一撃、どっしり構えて敵の弱点を狙い撃つ様はさながらスナイパー。

何より動きが遅いため、ぶっちゃけライトボウガンより扱いにくく、不用意に初心者におすすめ出来る武器種でないように思う。

しかし一撃の破壊力は遠距離武器随一で近接武器にも匹敵するほど。しゃがみ撃ちが決まれば脳内麻薬も出まくりだ。

また各武器をどういう風に扱うかと考える面白みが大きいのもこの武器種の特徴。スキル構成次第で様々な顔を見せてくれる。

個人的に好きな武器その2。







こうげき  ★★
ぼうぎょ  ★
すばやさ ★★★★
とくしゅ  ★★★★


離れた場所からの攻撃が得意で、曲射によるトリッキーな戦法に加えて各状態異常も使いこなす、さながら魔法使いタイプか。

ガンナー入門としてはおすすめの武器。あれこれ弾を持ち込まずともそれなりに戦えたり、

相手の弱点となる属性さえ知っていれば適当にどの部位に矢を撃ち込んでもそこそこダメージが通るのでとっつきやすい。

小型には連射、大型に接近戦を挑むなら拡散で離れて戦うなら貫通といった感じ。ガンナーで迷ったらこれにしとくといいかも。



テーマ : MH3(tri)G
ジャンル : ゲーム

ぼっちでも出来る!?モンスターハンター3(tri)G その3

その3は狩りに行く前に用意しておきたいアイテム前編。

アイテムの使い方をちゃんと知っておくのもハンターにとってはかなり重要なんでさらっと解説してみる。

前編ではいつもよく使うものから。








「回復薬」
「回復薬グレート」
「秘薬」



よく使う体力回復アイテム3種。

「回復薬」は常に10個用意しておきたい。店で買えるほか「薬草」と「アオキノコ」から調合できる。

「回復薬」より効果の大きい「回復薬グレート」は敵の攻撃が厳しくなってきたと思ったら持ち込むようにしよう。

こちらは「回復薬」と「ハチミツ」の調合で作れる。

ちなみに「ハチミツ」は非常に利用価値の高いアイテムなのでハチの巣を見かけたら小まめに採取しておくと吉。


「秘薬」は体力の上限をMAXの150まで上げつつ全回復してくれる強力な回復アイテム。

その高い効果と引き換えに最大でも2つまでしか持てず、また調合するにもかなり手間がかかる。

「アオキノコ」+「不死虫」で出来る「栄養剤」にさらに「ハチミツ」を加えて「栄養剤グレート」にし、

そこにさらに火山などで採取出来るやや貴重なキノコ「マンドラゴラ」を加えてようやく完成。

入手が困難で使うのがちょっと惜しいが、敵の攻撃力がぐっと上がってくる上位中盤以降はあると非常に心強い。


長期戦になりそうなときは「薬草」「アオキノコ」「ハチミツ」などの調合素材と調合書も持ち込めば磐石。

これら以外の回復アイテムとして「生命の粉塵」という、同じエリアにいる味方プレイヤーやオトモも同時に回復出来るものがあるが、

ぼっちハンターにとってはただのオトモ回復薬。持ってたところで役には立たないだろうよ・・・。









「こんがり肉」
「元気ドリンコ」
「強走薬、強走薬グレート」



こちらはスタミナ回復用のアイテム。

スタミナがなくなると極端に行動が制限されるので余裕を見ては小まめに回復するよう心掛けたい。

「こんがり肉」はアプトノスなどの草食モンスターなどから剥ぎ取れる「生肉」を、「肉焼きセット」で焼くと作れる。

肉焼きに失敗すると回復量の少ない「生焼け肉」やランダムで逆にスタミナが下がることもある「コゲ肉」になったりする。

まー慣れればそんなに難しいもんでもないが。


「元気ドリンコ」は「こんがり肉」より効果が低いが、かえってスタミナの微調整をしやすかったりもする。

「ハチミツ」+「ニトロダケ」または「トウガラシ」+「眠魚」の調合で作れる。

ついでに「元気ドリンコ」には敵の攻撃を受けて眠りかかったときに飲めば眠らずにすむので、

「こんがり肉」とどちらが良いかはお好みで。


「強走薬」「強走薬グレート」は飲むとスタミナを回復しつつ、一定時間スタミナを一切消費しなくなる。

グレートはより効果時間が長い。双剣、ハンマー、弓などスタミナ管理が重要な武器を使っている人にとっては心強いアイテムだ。

「強走薬」は「生焼け肉」+「増強剤」、「強走薬グレート」は「こんがり肉」+「狂走エキス」で作れる。

ちなみに「増強剤」は「ハチミツ」+「にが虫」の調合、「狂走エキス」は大型モンスターのロアルドロスを倒すことで入手出来る。










「ペイントボール」
「千里眼の薬」



こちらは敵の位置を知るのに便利なアイテム。

特にゲームに慣れないうちはこれらが無いと目的のモンスターを長時間探してあちこち走り回るハメになったり。

「ペイントボール」は敵に投げてぶつけることで数分間その位置が分かるようになるアイテム。

「ペイントの実」と「ネンチャク草」から調合出来る。基本的にはこちらを使おう。

特に羽の生えたモンスターなどはエリア移動の際に見失いやすいので効果が途切れないよう定期的にぶつけておきたいところ。

「千里眼の薬」はお店で買えるアイテム。飲むと数秒間相手の位置が地図に表示される。

まー慣れれば「ペイントボール」だけでも充分ではあるが、持っていれば便利っちゃ便利。









「ピッケル系(ボロピッケル、ピッケル、ピッケルグレート)」

「虫あみ系(ボロ虫あみ、虫あみ、虫あみグレート)」

「漁獲モリ系(漁獲モリ、漁獲モリグレート)」

「釣り餌系(釣りミミズ、釣りフィーバエ、釣りカエルetc.)」



色々な採取ポイントでアイテムゲットするための採取用アイテム。

「ピッケル」は各種鉱石やお守りなどを掘るのに使う。ボロ<ノーマル<グレートの順で壊れにくい。

グレートが手に入るようになったらノーマルとボロはいらなくなるだろう。


「虫あみ」は調合や装備作成のための素材となる虫を採取するのに使う。

この「ピッケル」と「虫あみ」は常に持ち歩きたいところ。


「漁獲モリ」は弱らせた魚類を仕留めて剥ぎ取れるようにするためのアイテムだがあんまり使わない気がする。

「釣りミミズ」や「釣りフィーバエ」などの釣り餌類は無くてもルアーで釣ることが出来るが、

餌があると魚の食いつきが良くなるほか、特定の種類の魚を狙って釣れるようなタイプの餌もある。

釣りの効率化を狙うのであれば持っていくと便利だ。










「ホットドリンク、ホットミート」

「クーラードリンク、クーラーミート」

「酸素玉、増息薬、増息薬グレート」



プレイヤー側に不利なフィールド環境を克服するためのアイテム類。

”砂原(夜)”や”凍土”などの『寒い』環境ではスタミナ最大値が通常よりもぐいぐい減っていくため、行動が制限されやすく危険。

そんな『寒さ』を無効に出来るのが「ホットドリンク」と「ホットミート」。

「ホットドリンク」は手軽にお店で買えるほか、「トウガラシ」+「にが虫」の調合で作れる。

「ホットミート」は寒さ無効の効果に加えてスタミナも回復出来る。こちらは「こんがり肉」+「トウガラシ」の調合で。


”砂原(昼)”や”火山”などの『暑い』環境では体力がじわじわと減っていくので危険が危ない。

そんな『暑さ』を無効に出来るのが「クーラードリンク」と「クーラーミート」。

「クーラードリンク」は店で買うか、「氷結晶」+「にが虫」の調合で。

「クーラーミート」はスタミナ回復付きで「こんがり肉」+「氷結晶」の調合で作れる。


”孤島”や”水没林”にある『水中』では酸素ゲージがだんだんと減っていき、

酸素ゲージがなくなると今度は体力がどんどんと無くなっていくので割と危険。

その場合には水面まで上昇するか水中で泡が出ているポイントを探すかすることで酸素ゲージを回復出来るが、

どこにいても酸素ゲージを回復出来るアイテムが「酸素玉」。水中戦が長引くようなら持っておくと安心だ。

そして「酸素玉」の効果に加えてさらに酸素ゲージ自体が伸びるのが「増息薬」と「増息薬グレート」。

どちらも飲むことで水中で活動出来る時間が長くなる。勿論グレートの方が効果が高い。

「酸素玉」は店で買うか、「素材玉」+「イキツギ藻」の調合。

「増息薬」は「増強剤」+「イキツギ藻」、「増息薬グレート」は「イキツギ藻」+「狂走エキス」の調合で作れる。

ついでに「イキツギ藻」は水中にある草の採取ポイントから取れる。












「砥石」
「弾」
「ビン」など



「砥石」は近接武器の下がった”斬れ味”を回復させるアイテム。剣士なら絶対に忘れてはならない程の必需品。

”斬れ味”が落ちる(ゲージ緑→ゲージ黄色などになる)と単に敵に与えるダメージが減るだけでなく、

敵に攻撃を弾かれやすくなる。そうなると大きな隙をさらすことになり、敵から攻撃を貰う原因になりやすい。

戦闘中に隙を見つけたときやエリア移動の際など、小まめに武器を磨いては常に斬れ味を最大にしておきたい。


「弾」はヘビィ&ライトボウガンで使うもの。これが無いとボウガン使いは始まらない。

代表的なものに「通常弾」「貫通弾」「散弾」がある。

「通常弾」は一番クセのない弾種。無限に撃てるLv1、Lv1の倍の威力があるLv2、跳弾が発生して複数ヒットが見込めるLv3。

これらはどんな状況、どんなモンスター相手にも使える汎用性の高い弾。またレベルが高いものほど飛距離が長い。

「貫通弾」は同じ敵に複数ヒットしながら貫通して飛ぶ弾。レベルの高いものほどにヒット数が上がる。

フルヒットさせれば高い威力が見込めるが、小さなモンスターを倒すのには向かない。

「散弾」は範囲内にいるモンスター(注:プレイヤーやオトモにも)にランダムで複数ヒットする弾。射程は短め。

基本的に小型モンスターの掃討に使うが、一部大型モンスターには高い効果を発揮することもある。


「ビン」は弓に装着して使うもの。

持ち込める数に限りがあるが、使い分けることで矢の威力を上げたり敵を状態異常にしたりと様々な効果を得られる。

代表的なものとしては、矢の威力を上げる「強撃ビン」、敵を毒状態に出来る「毒ビン」、

ペイントボールと同じ効果を持つ「ペイントビン」などがある。用途や目的に応じて持ち込もう。








とまぁ基本的なアイテムだけでもこんなにあったり。

有用なアイテムは他にもまだまだあるので後編に続く。

テーマ : MH3(tri)G
ジャンル : ゲーム

訪問者数
プロフィール

ぐんじょお

Author:ぐんじょお


メイプルストーリーぽぷら鯖で
ぼちぼち活動していた投げ賊

PSO2 ウル鯖にて活動開始!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード