FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マグ育成について その1

マグについてまずいくつか基本的なことから解説しようと思う。













pso20120425_190350_010-2.jpg
(C)SEGA


これはcβのときに撮ったものだが。



①はまずマグの見た目。

白っぽく見えるがゲーム中ではプレイヤーの服の色(キャストの場合はメインカラー?)によって色が変わる。

個人的には見た目重視派なので重要な要素。



②はその形態の名前。



③はマグのレベル。大まかにそのマグの強さを表す。

このレベルが30、100になったとき特定の条件を満たすとそれぞれ第二形態、第三形態に進化する。



④はそのマグを装備しているときに使える必殺技”フォトンブラスト”(PB)の名前。

ヘリクス・プロイはユニコーンのような幻獣が現れて突進によって敵に大ダメージを与える。

最初は使えないがマグレベル30以降で進化した際に習得する。

ちなみに形態ごとに使えるPBは決まっていて、形態が変わるとPBも変わる。

それともひとつ、覚えたPBはサブパレット編集でサブパレットにセットしないと使えないのには注意。




⑤はマグのエネルギー。

後述のオートアクション、トリガーアクションを行うのに必要なもの。

時間経過やトリガーアクションの発動で減少していき、0になると各アクションを一切行ってくれなくなる。

ただし0でも支援レベルに影響は出ず、PBも普通に使える。

エサを与えることで回復することが出来る。(一個あたり33%)



⑥はマグを育てる上で最も重要と言える支援レベル。

マグを装備すると、この支援レベルと同じだけプレイヤーのステータスを底上げしてくれる。

上の画像のマグだと、装備したときに打撃が35、技量が27、打撃防御が2上昇するといった寸法。

この”底上げ”ってのが結構重要で、武器や防具を装備するときに必要な要求ステータスも上げてくれる。

例えば打撃支援を上げておけば通常より低いレベルでより強力なソードが持てたりする。

これらの支援レベルはマグに与えるエサによって何が上昇するかが決まり、

例えばハンター用の武器を与えれば打撃が中心に上がり、防具を与えれば防御関係のステータスが伸びる。



⑦は敵が近くにいるときに自動で攻撃を行ってくれるオートアクション。

こちらもレベル30以降で進化後に習得でき、形態ごとにどういうタイプのアクションを行ってくれるかが変わる。

体当たりなどで攻撃してくれる打撃タイプ、弾を撃つ射撃タイプ、フォイエなどのテクニックを放つ法撃タイプの3タイプがある。

画像の「打撃/ブロー」は敵に体当たりを仕掛けて転倒させてくれる。



⑧はゲーム中に特定の条件を満たすと発動されるトリガーアクション。

例として画像の「支援デバイス/HP回復J」ではHPが減った際に自動で回復を行ってくれる。

回復の他にも補助テクニックをかけてくれたり回復アイテムをポロッと生産してくれたり

プレイヤーにかかった状態異常を直してくれたり消費したPPを回復してくれたりとか、

死んだときに復活させてくれたりとか一時的に無敵にしてくれるなんてのもある。

オートアクションと同じように進化の際に習得するほか、特定のデバイスを与えることでも習得出来る。









実際どう育てたらええねんとかどういうマグがいるのんみたいな詳しい話はまた次回。



『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp/

テーマ : ファンタシースターオンライン2
ジャンル : オンラインゲーム

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【マグ育成について そ】

マグについてまずいくつか基本的なことから解説しようと思う。(C)SEGAこれはcβのときに撮ったものだが

コメント

非公開コメント

訪問者数
プロフィール

ぐんじょお

Author:ぐんじょお


メイプルストーリーぽぷら鯖で
ぼちぼち活動していた投げ賊

PSO2 ウル鯖にて活動開始!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。