FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オシリア旅行記十二:武陵

武陵アイコン 武陵


武陵風景



いきなりお詫び。



前々々回の白草村の紹介のときに、

「武陵桃源」は「武陵」+「桃源」の二つの言葉を組み合わせた造語だろうみたいなニュアンスで記事を書いたんですが、

どうやら「武陵桃源」という単語は歴としたものみたいですね。







桃源郷 Wikipediaより。

桃源郷(とうげんきょう)は、中国における理想郷を指す、想像上の場所である。

俗世間から離れ、山水の中で仙境に遊んだり素朴な農耕をしたりできる世界である。

また転じて、仙人がいる・あるいはそこにいけば仙人同様になれる聖地ともされる。武陵桃源(ぶりょうとうげん)ともいう。







桃源郷の初出は『桃花源記 ならびに序』という詩。

武陵にいた漁師の男があるとき桃源郷に迷い込んで云々という話らしい。

まぁ意味としては武陵+桃源って感じであながち間違ってもなさそうだけれど。



詳しくはこちら↓

桃源郷 -Wikipedia- http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%83%E6%BA%90%E9%83%B7



よくよく読んでみるとこの話、中学くらいで習った気がしないでもない。

「仙人」とか「桃」だとかめいぽの中にもあるようなそれっぽい単語が出てきてちょっと面白い。



ちなみに「パンダ」という単語はひとつも出てこない。

軽く調べてみたけれど「桃源郷」や「武陵源」などと「パンダ」の関連性は分からなかった。

これはネクソンの中に「桃源郷はパンダの国だ」と信じてやまない人がいるのかもしれない。

なんだかファンシー。

単純に「中国=パンダ」っていう発想だろってのが有力な気がするけれど。



めいぽの世界での到達目安レベルは45くらいからとわりと序盤からでも行けるが、

現実世界の武陵桃源への到達目安レベルは不明。

人生が終盤に近づくまで修行しても果たして行けるのや否や。

それはさておき武陵周辺に出てくるモンスターは最高でもせいぜい70程度なので高レベルになるほどあまり用が無くなる。

100まで行けるデビクエがあんだから100くらいまでのモンスターがいてもいいだろーと思うのだけれど。




施設案内
 イベントガイド

 武器屋

 カサンドラ

 防具屋

 ガガ

×

 道具屋

 ガイドスピネル

 ペットのエサ

 ジャンケンマスター

×

 倉庫

 タクシー

 ドイ

 高級タクシー

×

 フリマ



同じ武陵桃源にある町、白草村と比べて施設は充実。

整形、美容室、スキンケアーもある。

地味にガガがいないのが気になるようで気にならないような。






武陵ツノーレ ツノーレ

白草村にもいたツルのツノーレ。

500メル払うことで白草村に送ってもらえるほか、

1500メルで一分かけてオルビスへと送ってもらうことも出来る。

なのでスピネルワープと併用すればどんな町にもかなり行きやすくなる。

何気に武陵も交通の拠点になり得る。










チエル チエル

武陵の水薬製造師。

珍しくて効果のやや高い各種消費アイテムを作ってくれる。

が全体的に残念な感じがぬぐえない。


薬剤調合書

消費アイテムを作ってもらうにはこちらの薬剤調合書が必要になり、

薬剤調合書はチエルから受けられるクエスト「チエルの薬剤調合法」をこなすことでもらえる。

調合書は捨ててもクエストが再発生するので邪魔な場合は捨てても問題はないだろう。



作ってもらえる消費アイテムは

「桃」3個から HPを1000回復する「桃缶詰」 または MPを500回復する「桃ジュース」

赤(青)花蛇が低確率で落とす「蛇皮」とキキョウのETC「キキョウ」各10個+910メルから 10分間攻撃力が+6される「キキョウ蛇湯」

クルリスのETC「ドングリ」10個と「名手の薬」1個+950メルから 10分間命中率が+12される「上名丸」

天鹿のETC「折れた鹿の角」と人参ルツボのETC「人参煎液」各20個+1940メルから 10分間魔力が+10される「聡明丸」

クロコファミリーのETC「クロコファミリーの皮」10個と600メルから 10分間回避が+12される「酢名膏」

デビクエで手に入る「人参濃縮液」「キキョウ濃縮液」各1個から 「万病治療薬」

など。

他にクエストで必要になる「桃木用名薬」なんてのも作ってもらえる。



ずらずらっと書いたがはっきり言ってほぼ全て手間の割には使えない。

ルディブリアムに売っている丸薬類の方が遥かに便利で手軽。

そちらと比べて多少効果は高いがいずれも誤差レベルだ。

辛うじて万病治療薬が作りやすくてなお且つ使う機会が多いところから便利な気もするが、

それもアルケスタを通じて買えるようになっていれば濃縮液はそのまま飲んだ方がメル的にお得だったりする。





また消費アイテム以外にも、チエル玉100個+原石類(※)10個を集めて渡すことで各武器の強化書を作ってくれたりする。

※戦士用武器なら鋼鉄、弓使い武器ならミスリル、盗賊武器ならガーネット、魔法使い武器ならサファイア、海賊武器ならアクアマリン

チエル玉は武陵桃源に出現するモンスターのETCを100個単位で集めて渡すことでもらえる。

一回でもらえるチエル玉は7~17個で、渡すETCのモンスターレベルが高いものほどたくさんもらえる。

もらえる強化書は大体100%のもので、稀に60%のものも貰えることがあるが確率はかなり低い。

手間と貴重な原石類を使うことを考えるとありがたみは薄い。

鋼鉄やアクアマリンなら何かと余りやすいので戦士や海賊の人は挑戦してみるのもアリ、とも言い切れないほど使えない。

もうちょっと60%書が出やすければ・・・。









~町の人々、風景~

武陵ワープポータル1

武陵の町でみかける橋の上に建つ楼閣。

何気にワープポータルになっていて、写真の位置で上キーを押すと屋根の上に移動出来る。

屋根の上の近くにはロープがぶら下がっていたりして、町の上の方へ行く場合に利用したりするといい。










武陵ワープポータル2

武陵にあるワープポータル2。

モモサルの他に猫仙人のものと眼鏡女子のものがある。

それぞれ、町の左側、真ん中へん、右側らへんとあり、それぞれへとワープで移動出来る。

武陵の町はかなり横に長いので、覚えておくとマップの端から端への移動などがぐっと楽になるので便利だ。











太上 太上

武陵のエライ人。

薬の製造に精通していて、クエストを通じて珍しいドーピング薬を作ってくれたりする。

いずれも一回しか出来ないクエストで数個しか作ってもらえず、しかも交換不可でこれ以外の入手法がほぼない。

珍しいというか珍し過ぎる。

「青熊湯」「神仙湯」「蛇尾湯」とか名前を聞いても効果が分からない人も多いはず。

そのままメイプルカルトクイズに出題出来るレベルだろう。

性能もそこそこ悪くないんでクエストクリアすれば販売してくれるようになるとかあればちょいと面白かったかもなぁ。














ジンジン ジンジン

割と最近追加されたNPC。

役職?が花蛇?

花蛇ってあの花蛇なのか?



空森の端 青花蛇と赤花蛇


・・・。

どう見たって花蛇にゃ見えないパンダなんだけれども。

何者だろうと思って調べてみたら、どうやらアランのクエストでちょびっと出番があるだけのNPCなよう。

何故”花蛇”なのかはクエストをやってみたら分かるんだろうか?













老工と看板 老工と武陵道場掲示板

町の外れにある武陵神社にいる、主に武術の(?)厳しい修行を積んで仙人となったっぽいパンダ。

プレイヤーにも修行をつけてくれたりする。

「老工の教え」や「老工のテスト」などはかなり経験値の美味しいクエスト。

これらのクエストが発生する頃には指定されたモンスターが狩り頃になっているだろう。

狩り場を巡るついでに受けてみるといい。

にしても「老工の教え」は討伐モンスターの桁数間違えたんじゃないかなとしばしば思うほど楽。



そして老工の隣にある看板は今や珍しくなってしまった武陵道場掲示板。

以前はエリニア、カニング、オルビスなどでも見かけられたが、次元の鏡の実装でそちらにお株を奪われ希少な存在に。

ベルト取るのもセーブして退出のループが出来なくなって非常に面倒に。

そのベルトもピラミッド&(不滅の)ファラオベルトの実装で価値が微妙に。

そんな時代の変化を感じられるモノ。

記念撮影にでもどうぞ。





道工 道工

こちらは武術ではなく道術(魔法とか超能力のようなもの)の修行によって仙人となった道工。

やはりこちらも修行をつけれくれる。

「道工の教え」や「道工のテスト」などもかなり経験値が美味しくて以下略。

ちなみに下町にゆかりが多く、しばしばそちらまでお使いを頼まれて何だか面倒なイメージがある。











訓練用藁かかし 訓練用藁かかし

武陵神社の隣に仙人になる修行のためだろう、訓練用のマップがある。

そちらに出現するのがこの訓練用藁かかしLv.50。

平面鬼沸きのマップで、経験値/HPの割合も高いとまさにレベル上げのために用意されたかのようなモンスター。

回避もかなり低く設定されているために低レベルからの背伸び狩りにも向いている。

サファスバクリ なんかをよく落とす。



藁かかしの出現する初級修練場というマップは武陵随一の人気マップ。

ただ狭いのであんまりグル狩りには向いていない。

ちなみに初級修練場には平面鬼沸きマップに付き物のマクロ対策モンスターも出現する。


仙人人形

それがこちらの仙人人形だ。


練習記録帳

そのまま攻撃すると強制的にマップを追い出されるので、出現したら近くにある練習記録帳をクリックして弱体化させよう。

弱体化させたあとは普通に倒すことが出来る。




訓練用木かかし 訓練用木かかし

初級修練場より奥のマップに出現する訓練用木かかしLv.51。

初級修練場は人気なのに、そこから少し奥へ踏み込んだだけで一気に過疎る。

グル狩りならそんなに悪くないと思うんだけどなぁ。

しかしこうまでグル狩りが流行らないのは、やはり現状の仕様に問題があるんだろうな。












とまぁ今回はそんなところで。

次回はアクアリウムまで戻って今度は海の東側へ。















それともうひとつお詫び。



随分前にヘネシスの記事で、

ナナ

こちらの”ナナ”は「ヘネシスにしかいない」とか書いてたんですが、

実はそれは間違いでこの武陵にもいたんですね。

それが最近(2010/06/26)のコメントで武陵にもいますよって突っ込まれていて、

修正しないといけないなと思いつつも、もう少ししたら武陵の紹介するからそこでやっちゃおうなんて考えていたら、

そんな矢先に先日(2010/7/14)のパッチで武陵からナナの存在が消されてしまったという何だかややこしい自体に。

(代わりにエリニアに引っ越したようですが)



ひとまずコメントいただいた方の指摘はその時点で正しかったよと伝えさせていただきたい。

このブログもなにかと間違いも多いですがすいません。

そしてご指摘ありがとうございますm(-_-)m



しかしそんな細かいところまで見ていて間違いがあったら「ここ間違ってるよー」なんて分かる人がいるなんて、

メイプルは愛されてるんだなーと思うよね。

と強引に何かいい話に持っていこうとしてみたり。
















ところで全く話は変わりますけど、


エヴァンTUEEEE



エヴァン強いねぇ。

40くらいまで育てたところだけれど、これがまた育てやすいこと育てやすいこと。

無強化でサブIDの方なんで祝福も低いけれど、そういう不利さをまるで感じさせない。



これからメイプル始めてみようって人の場合はとりあえずエヴァン選ぶと外れがないんじゃないだろうか?

全てのスキルをMAXに出来るようなのでスキル振りのミスがないのも初心者向けと言えそう。

ただ動きがもっさりしているのでその辺の好みは別れそうだが。

他にサブキャラとして軽い気持ちでも育てやすそうな感じだ。



ただ育てやす過ぎて正直既存の魔法使い(火毒や氷雷)がいらなくなるレベルになっているような。

エヴァンと冒険者魔法使いを軽く比較してみると、



まず開始から10レベルくらいまではサクサク育つのはどちらも同じ。

その後エヴァンはマジッククローもどきがそこそこ使えるレベルになるまでの間もクエストがあって早い。

冒険者の方は弱いエネルギーボルトを使いながらベネフィットとか上げなきゃいけないのでいきなり差がつく。



レベル20くらいになるころにはエヴァンのマジッククローもどきと魔力上昇のパッシブスキルがMAXに。

このパッシブスキルのおかげで、冒険者とは4レベル分くらいの火力差をつけられる。



エヴァンがレベル30になるころにはテレポと、序盤何かと使いやすい火属性の範囲攻撃がMAX。

この範囲攻撃スキルの範囲がやたら優秀。

どのくらい広いかというと上のSS見てもらえれば分かるかと。

威力も弱点を付けばマジッククローを少し上回り、実質マジッククローが4体攻撃になったようなもの。

テレポの習得によって機動力も大きく上昇。

移動によるストレスも減少して楽々。

この間冒険者はまだテレポはおろか得意な属性攻撃すらない。

相変わらずちびちびとマジッククローで狩ってるという有様だ。



その後30レベル以降からようやく冒険者も属性魔法を習得するけれど、

それも実際には35,6くらいになるまでマジッククローの方が強かったりする。

エヴァンはそのくらいの時点で新しく雷属性でマジッククローの二倍の威力がある単体攻撃がMAXになりつつある。

いやもうホントに格が違うねぇ。英雄様は。



デュアルブレイドの方もやたら強くて育てやすいと聞くな。

ただ聞いた話、あんまりやらずにちょっと調べただけとかの範囲だけれど、

こっちはスキル振りとかHPの低さとか武器が2つもあるので強化が大変そうとかで、

かなり玄人向け(お金と知識のある人向け)な印象を受ける。

初心者は挫折しそうな要素が多そうなんであんまり手を出さない方が良いんじゃなかろうか?



しかしネクソンも職業格差を埋めるどころかグイグイ広げていっているような。

まぁ格差は競争を生むというから、あればあるほどメイプル自体の成長に繋がるとも言えるかもしれないけれど。

プレイヤー同士を強さや職業どうので争わせて、お金を使わせる、という構造になるのか。



果たしてMMOとはどういうものなのか、とか何だか考えさせられた。

プレイヤーは誰かと競争したくてMMOを、メイプルを始めるのかね?







テーマ : メイプルストーリー
ジャンル : オンラインゲーム

tag : メイプル旅行記

コメント

非公開コメント

訪問者数
プロフィール

ぐんじょお

Author:ぐんじょお


メイプルストーリーぽぷら鯖で
ぼちぼち活動していた投げ賊

PSO2 ウル鯖にて活動開始!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。