FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オシリア旅行記二十四:アリアント外周の砂漠

アリアント西門の外 アリアント西門の外

そんな訳で今回はアリアント外周の砂漠へ。

西門からぐるっと時計回りに東門の外まで行きますえ。



アリアント西門の外にはちっちゃい方のサボテン、ジュニアカツスLv.22とエプロンをつけたカツスLv.25が出現。

それとイベントで宇宙人の方達がうろついておられて邪魔でございます。

・・・早いとこ帰って欲しいもんだ。



マップ構成は単純な二段構造。

というかアリアント一帯はどこもかしこもかなり単純なマップ構造になっている。

その点狩り向きと言えば確かだが、ビクトリア辺りのごちゃごちゃした感じのマップが好きな人からすると少々味気ないか。



どちらも火に弱いので、低レベルから火属性の扱えるファイアウィザードやエヴァンにとっていいカモかも。

またジャンプもせず攻撃手段は体当たりのみ。

ジュニアカツスのドロップは ミスリルリチウムオパ など。

レアドロップに 10%書ジャンプの書(靴) などのほか、

一部クエストで少し使う機会もある珍しいMP回復薬、砂漠の露なんてのもある。


カツスのドロップは アダマンリチウムオパ など。

レアドロップに 60%書素早さの書(全身鎧) や、砂漠も露も。






アリアント西門の外・隠し

それと西門の外には隠しマップあり。

ちっちゃいサボテンの家が目印。

その先は・・・



カツスの砂漠 カツスの砂漠

ジュニアカツスのみ出現するカツスの砂漠。

名前としちゃジュニアカツスの砂漠と言った方が正しいような気もするんだけど。

構造は単純な平面マップでかなり狭いが、沸きがまばらなせいで過疎っている狩場。

安置も用意されているのでのんびりだらりと狩るにはいいマップかもしれない。

にしても効率狩り場ってホント微妙な差で見捨てられたり逆に滅茶苦茶混みまくったりするよなぁ。



アリアントはマップ構造こそ単純なものの、隠しマップはかなり多い方。

沸きがまばらな反面、特定のモンスター一種類のみが沸くというマップが多いので主にクエスト目的で役に立ったりする。










サボテン砂漠1 サボテン砂漠1

西門の外から北へ、サボテン砂漠1。

こちらはカツスのみ出現。

マップ構造や沸き量は、西門の外のそれをほとんどそのまんま流用したような感じ。

一応カツスを狙って狩るクエも少しはあったはずなんで覚えておくと気持ち楽かも。的な。

効率で言うと他の良いマップに劣るので過疎。














サボテン砂漠2 サボテン砂漠2

サボテン砂漠1から東、サボテン砂漠2。

カツスと、カツスよりさらに強いローヤルカツスLv.28が出現。

やはり火に弱い。

マップ構造や沸き量は、サボテン砂漠1のそれをほとんどそのまんま(ry



ローヤルカツスのドロップは トパサファリチウム知恵クリ など。

レアドロはペロペロキャンディー、ニムブルリスト、砂漠の露など。







サボテン砂漠2・隠し

サボテン砂漠2にも隠しマップがある。

マップ中央と右側にあるポータルのちょうど中間地点あたりの大きなサボテンの家が目印。

その先は・・・



ローヤルカツスの砂漠 ローヤルカツスの砂漠

ローヤルカツスばかり沸くローヤルカツスの砂漠。

平面構造で沸きはぼちぼちなので効率もそれなりに出るだろう。

またこのマップにはアリアント一帯のエリアボスでカツス達の親玉、デウが出現する。

デウは稀に業火刀という装備品を落とす。

デウからのドロップ以外ではガシャポンからしか入手出来ないという非常に珍しいアイテムだ。



デウを倒すことが目的のクエスト「砂漠の懸賞手配」というものがあるが、

こちらは砂絵団に認められていないと途中までしか進められないので注意が必要だ。

クエストクリアで人気度が6もらえる。













白岩砂漠 白岩砂漠

サボテン砂漠2を抜けると今度は不毛の白岩砂漠。

鈴を付けた蛇のベラモアLv.23と、このクソ暑そうな中何故かマフラーと耳当てをつけたトカゲのプリルドLv.24が出現する。

ベラモアは毒半減、プリルドは火半減。

どちらも攻撃手段は体当たりのみで、マップは概ね単純な二層構造。

アリアント外周における効率は並のクラスで過疎。



ベラモアのドロップは 銀リチウム など。

レアドロップに 10%書攻撃の書(両手剣) など。


プリルドのドロップは リチウムダイヤガー など。

レアドロップに 60%書攻撃の書(弓) など。



それと上の写真に写っている岩のアーチは隠しポータルになっていて・・・



ベラモアの洞窟 ベラモアの洞窟

その先はベラモアの洞窟に繋がっている。

正直洞窟には見えないが・・・、一応名前通りベラモアのみが出現する。

しかし効率で言うとそれほどでもないのでクエスト目的でちょっと来るぐらいか?













灼熱の砂漠 灼熱の砂漠

白岩砂漠から東に進むと灼熱の砂漠。

こちらの出現モンスターはプリルドのみ。

概ね二層のマップで効率はほどほどか。



アマヤード アマヤード

それと灼熱の砂漠にはアマヤードがいる。

義賊集団である砂絵団のメンバーを名乗っているがどこか怪しい。

「砂絵団員の頼み!?」ではカツス達のETCであるサボテンの幹やトゲを集めたり、王宮に忍び込むよう頼まれたりする。

一体何に使われるのだろう・・・?





灼熱の砂漠・隠し

もうひとつ、灼熱の砂漠にも隠しポータルがある。

アマヤードがいる足場の右隣にある牙のような岩が目印だ。

中に入ると・・・



岩坂 岩坂

何やら怪しげな洞窟が。

扉があるので入ろうとすると、


洞窟の門を・・・

合言葉を言うように言われる。

合言葉はアリババと40人の盗賊でも有名なアレ。

・・・ちなみになんで”ごま”なのかと言うと、

ゴマの実が熟すとポンと開いて中の実が飛び出す様から来ているんだとか。



盗賊の巣窟・宝箱

洞窟の中には無防備にお宝が置いてあるが、

中身を頂けるのは、クエスト「善行に対する適切な報酬」のとき一回のみ。残念。

様々な宝石の原石とリチウムの原料が入っているが、ここではリチウムを選択することをオススメしよう。















不毛の砂漠 不毛の砂漠

灼熱の砂漠から東、不毛の砂漠。

出現モンスターはプリルドと、プリルドから耳当てを取ったようなマフラープリルドLv.27。

火耐性。

マフラープリルドのドロップは リチウムエメアクマリ など。

これといったレアドロはない。




プリンス プリンス

そしてこちらは不毛の砂漠にいるプリンス。

どう見たって小説「星の王子様」がモデルだろう。

プリンスが砂漠にいるのは、「星の王子様」で主人公の飛行機が砂漠で墜落して星の王子様と会うところから来ていると思われる。

クエスト「プリンスのために」のクリア報酬で”星”のイヤリングがもらえるのには作為的なものを感じる。




不毛の砂漠・隠し

そしてもうひとつ、不毛の砂漠にも隠しマップがある。

こちらの岩のアーチが目印で、中に入ると・・・



プリルド棲息地域 プリルド棲息地域

マフラープリルドのみ出現するプリルド棲息地域。

三層構造でアリアントの中ではそれほど効率がいいとも言えないマップ。

やはりこちらもクエスト目的でちょっと来るくらいだろうか?











流浪団のテント 流浪団のテント

不毛の砂漠の南側、流浪団のテント。

ここからはオアシスになっていて、アリアントの町はもうすぐそこ。

出現モンスターは白い方のスナウサギ(♀)Lv.20と、茶色い方のスナウサギ(♂)Lv.21。

あまりこのレベル帯では意味を感じないがどちらも聖属性耐性を持っている。

攻撃手段は体当たりのみ。

あれ、ふと思うとアリアント外周の雑魚モンスターって全くジャンプも反撃もしないような・・・。

マップも適当に作ったような感じならモンスターも適当に作った感じなんですかい?



平面構造で沸きもよく、なかなかの効率が見込める、低レベルから使える狩場。

オスとメスではオスの方が多く沸く。



メスのドロップは 鋼鉄リチウムトパ など。

これといったレアドロなし。


オスのドロップは 金リチウム紫水晶 など。

レアドロに魔法使い専用盾、ミスティックシールドなど。



カルタサ カルタサ

そして流浪団のテントにはNPC、砂漠のカルタサがいる。

彼に頼めば1万メルでビクトリアアイランドのどこかの町にランダムで飛ばしてもらえる。

が正直、いちご牛乳を使って神社→ペリカンからカニングへと移動した方がはるかに割安なので、意味があるとは思いにくい。

結構厚かましいところもあるようで・・・。















アリアント東門の外 アリアント東門の外

流浪団のテントの西、アリアント東門の外。

名前にあるように町のすぐ外にある。

沸きモンスターは流浪団のテントと同じだが、こちらの方はメスの方が数が多い。

平面構造で沸きも良いので効率もなかなか。

モンスターのレベルもアリアントで一番低い部類で、また平面構造のマップとしても一番レベルが低い。

効率を重視するならビクトリアでレベル20手前くらいまで鍛えたあとにとっととここに来てしまえばOKと言えるかもしれない。

それと、どうでもいいかもしれないけれど、倒したときの泣き声すら可愛い。














とまぁそんなところかな。

次回はアリアント~マガティア街道へ。

























・・・にしてもアリアント(&マガティア)には平面マップが多いやね。

確かにそういうマップの方が効率はいい。

しかし効率を求めた場合、やもすればそれは”遊び”ではなく”作業”に変わり、

「効率」の究極論としてはマクロやチートを使うのが一番。

(勿論どちらも規約違反。・・・ただ規約違反のはずが無数のチーター達が堂々と狩りしてますけども。)



そいでその手の単純なマップってのはマクロ組みやすいんですよね。(チートに至ってはマップ構造を無視出来るが)

回復はペットにでも頼れば後はマクロに「移動」と「攻撃」の要素を入れるだけでOKなので、ある意味マクロ奨励マップとも言えてしまう。

実際こういったマップではしばしばマクロを使ってる人に会えますし。

あるいは普通に狩るにしても左右に移動して攻撃するだけなんで、それこそマクロと大差無いなんて乱暴な言い方も出来るほど。



しかしこう、なんでここまで効率が叫ばれるゲームなんだろうか?

遊びに効率求めるなんてナンセンスだと思わないか?

というのもやはりレベル上げるのが辛いってことなんか。

なるほど、それは確かに。



以前にタイホン狩りの動画を上げたことがありますけど、

そこにも「~で狩った方が効率いいだろ」みたいなコメントが多数寄せられていたしなぁ。



ナイトでタイホン狩ってみた



・・・いやいや違うんすよ。タイホンなんて遊びなんすよ。

効率どうこうよりもアクションゲームとしての要素を追求して行き着いたマップなんすよ。

失敗したときの「ああチクショウ」みたいな感じすら楽しく、

「俺あのマップで~分も落ちずに狩り出来たぜ」とかそういった無意味なことが自慢になったりするような。

アクションゲーム特有の「○○なんて無傷で倒せるぜ」「いや俺ならもっと早く・・・」みたいなやり取りってあるじゃないすか?

ああいうのが。きっとある。

それに基本黒字なんで下手すると狩り生命を絶たれかねないような重要な問題、

メルの問題も気にせずただアクションにのみ集中出来る。

・・・素敵やん。

と思うんだけどねぇ。



この辺あんまり伝わる気がしなかったので一曲目が「暗号ワルツ」。

尺の都合でカットしてますが最後に「君に伝うかなぁ、君に伝う訳は無いよなぁ」と続きます。

そして「これは今までにない、全く新しい狩場だ」と思って二曲目が「新世紀のラヴソング」。

こっちは今まで発表された曲とガラっと作風を変えてきたイメージがあったので、その辺を無理矢理こじつけてみました。

や、ほらタイトルも”新世紀”だし。

どちらもゆっくり目でナイトの狩りのリズムとも合うかなと思ったのも選曲理由のひとつですけど。

そんな裏話。



それはさておき、ビッグバンが来るとどうなるんでしょね。

もっとヌルゲー化するんじゃないかとも言われているし。

レベル70までの必要経験値が現状と比べて80%カットで、それ以降も50%カットなんだとか。

しかもダメージの上限もアップ、敵のHPもアップで火力ゲーになるんだとか。








・・・なんというか最近はメイプルやってて全く別のゲーム思い出すんですよね。

その名も「魔界戦記ディスガイア」

515NQ70PBHL__SL500_AA300_.jpg





と「ファントムブレイブ」。

61QBNY9B5AL__SL500_AA300_.jpg



どっちも一応ジャンルはシミュレーションRPGで、製作元は日本一ソフトウェア。

ディスガイアは凶悪やり込みゲー、ファントムブレイブはやりたい放題ゲーというサブタイもついてます。

うん、まぁ合ってる。

友人が面白いよっつってたんで買ってみたんすけど、俺にはどうも肌が合わなかったんすな。

(肌に合わないと思いつつ2本も買ったのは、最初にディスガイア面白いと言われたんだけれど他にやってたのがあったのでスルー。

 後に続編っぽいファントムブレイブってのが出て、ちょうど暇だったので購入。

 しかしあんまり面白いとも言い切れず、じゃ本家のディスガイアならちゃんと面白いのかと思い、

 また別の時期にちょうどDS版ってのが出てたんで購入。それでも肌に合わず・・・

 ただまぁ長くやり込む分にゃ悪くないゲームなんだろうけど。)



シミュレーションRPGというジャンルだけれど実際のところはそれも名ばかりの火力ゲー、またはオナニーゲー。

数字至上主義的なゲームの癖に妙にストーリーを人情系に持っていってたりするのが鼻についたりするんすよね。



ちっちゃい子供の主人公が一人で大勢の屈強な戦士達を一撃で葬っていったりする様は実にシュール。

逆に隠しボスなんかはえげつない性能を誇り、長い時間をかけて育てたこちらのチームを逆に一瞬で消し去っていってくれたり。

出るダメージも何十万、何百万とか果ては何千億みたいな数字も出たりする。

imagesCALB5MMP.jpg



戦略もクソもあったもんじゃねぇ。

まさに強さこそが全て。

まぁやり方次第では(いわゆる縛りプレイなら)戦略的な要素も楽しめなくはないんですけどね。



そういう上限はどこまで行くの?みたいな天井知らずの部分とか、

「このゲーム、何のゲームだったっけ?」みたいな次第に何が楽しいか分からなくなるような部分がやたら似てきているように思う。

将来的に、10年とか20年後のメイプルも億単位のダメージを出すのが当たり前のゲームになるのか?

正味1とか2みたいな小さい数字のやり取りですら楽しめるんだがね。



ウン十万とか億とかそういうバカみたいにデカイ数字は、人間ではちょっと扱い切れないと思うんですよね。

人間そこまで進化してないな、と。

桁増やしても感覚がマヒしていくだけだなって感じで。

今のメイプルもディスガイアもファントムブレイブも、ゲームバランスはガッチリ崩壊してるしねぇ。

もうちょっとシンプルにやろうぜ?と。



システムだけならシンプルなんだけどなー。

味付けの仕方がくどいよなぁ。










・・・まぁ、とはいえなんだかんだ言いつつもビッグバンは楽しみ、かな。

潜在にしても久しぶりに狩りに対してやる気が沸いてきたりもしたし。(宇宙人来て邪魔なことこの上ないけど)

潜在能力のおかげでメインの投げキャラもHP+120、DEX+3%と大幅にパワーアップ

もうちょっとレアアイテム出やすければなぁとか、早いとこ付加書がもっと安くなんないかなーと思う毎日。



にしても実質レアが出る確率って、体感だが、10%くらいじゃないだろうか?

そう思うと装備ドロ率10倍にされても実際に役に立つ装備が出る確率は変わってないような・・・。



どうにもゲームの進む方向性に不安を感じてやまない毎日ではあるけれど。

さーて、どうなるかな?




テーマ : メイプルストーリー
ジャンル : オンラインゲーム

tag : メイプル旅行記

コメント

非公開コメント

訪問者数
プロフィール

ぐんじょお

Author:ぐんじょお


メイプルストーリーぽぷら鯖で
ぼちぼち活動していた投げ賊

PSO2 ウル鯖にて活動開始!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。