FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オシリア旅行記二十八:アルカドノ研究所

アル・研究所中央ゲート 研究所中央ゲート

そんな訳でこちらがアルカドノ研究所の中央ゲート。

アルカドノ協会長、マッドがいた部屋から進んだところ。

研究員のラセルロンが目印。

アルカドノ側の狩り場はレベル40~60代でオススメの場所が多い。

対してジェニミスト側はレベル30~40代、60~70代向けの狩り場が多い。

アルカドノとジェニミストをいったりきたりしてたら二次から三次くらいまで問題なくレベル上げられますよってことなんだろう。



ちなみにアルカドノ側は1つのマップ当たりに複数のポータルがあったりして、ちょいと構造が複雑なので迷いやすいかも。

分かりやすく全体図で見ると↓こんな感じ。

A-1-A-3
B-1中央ゲートB-3
C-1C-2C-3


隣合う部屋同士はポータルで繋がっていて移動出来る。

ここ中央ゲートからはB-1区域・C-2区域・B-3区域へと移動可能だ。



アル・研究所中央ゲートミニマップ

ミニマップで見ると左のポータルからそれぞれ、

研究所B-1区域へ
アルカドノ協会に戻る
研究所C-2区域へ
研究所B-3区域へ

となっている。



今回はルートを気にせずA-1から順にC-3まで説明していこうと思う。


















アル・研究所A-1区域 研究所A-1区域

北西に位置する行き止まりの部屋、A-1区域。

ここから移動出来るのはB-1区域のみ。

ちなみにアルカドノ協会と中央ゲートを繋ぐ通路で潰れさているのかA-2区域は存在しない。



出現モンスターは水色の方のミスリルミュテLv.47と、紫がかった方が強化されたミスリルミュテLv.50。

どちらも無属性。

というかマガティア一帯に出るモンスターは基本的に全て無属性か。(サイティはヒールが効くけどコイツも無属性)



マップは狭く概ね2層構造でほぼソロ向き。

世界的に見ればぼちぼちの効率だが、マガティアの中で言うとむしろ悪い方で不人気。

このマップの1つ手前にある平面鬼沸きでミスリルミュテのみ沸くB-1区域に行けば、わざわざこちらに来なくても事足りてしまうような。



ミスリルミュテのドロップは トパガースバクリ など。

装備ドロップは50レベルの魔法使い装備が、

ゴールデンサクリット(炎・帽子)、カルラス(青・全身・♂)、クロミ(杖)、など一通り揃うが、

それ以外の職業の装備はほとんど出ない。

これといったレアドロもなし。


強化されたミスリルミュテのドロップは サファスバクリ など。

装備は万遍なく出るが種類は少なめ。

武器で言うならベズルロード(STR短剣・REQLv.40)バック(片手斧・REQLv.50)、デビルクロー(ナックル・REQLv.50)など。

レアドロには 60%書素早さの書(耳飾り) が出るようだ。

















アル・研究所A-3区域 研究所A-3区域

こちらは北東側の行き止まり、A-3区域。

B-3区域からのみ行き来出来るようになっている。

マップ構造や沸きなんかはほぼA-1区域と同じ。



出現モンスターは六角形のアイアンミュテLv.42と、イカツイ方が強化されたアイアンミュテLv.45。

ちなみにアイアンミュテがアルカドノ研究所最弱のモンスター。

ここの手前にあるB-3区域は平面でアイアンミュテのみの鬼沸きなので、効率だけ見るならこちらに来る理由は余り見当たらないかも。

マップ構造以外にそんなところもA-1区域に似てたり。



アイアンミュテのドロップは 金ダイヤ闇クリ など。

装備品は盗賊用の装備が、黄陽上下(REQLv.50・♂)やシャドー上下(黒REQLv.40・♀)など豊富。

ドクロイヤリング(REQLv.50・耳)も出る。

レアドロには 60%書素早さの書(マント) が。


強化されたアイアンミュテのドロップは ミスリル銀力クリ など。

装備ドロはあんまりにも種類が無いので狙いようがないような。

レアドロは 10%書攻撃の書(両手剣) くらい?
















アル・研究所B-1区域 研究所B-1区域

ほぼ平面鬼沸きの高効率マップその1、B-1区域。

二人以上で狩るには少し手狭か。

出現モンスターはミスリルミュテのみ。

B-3区域のアイアンミュテで物足りなくなったらこちらにこよう。

職業によっては安置もあるので楽々な狩りが出来たりする。



ミニマップ上真ん中やや左のポータルからはA-1区域に、ほぼド真ん中のポータルからはC-1区域、

右のポータルからは中央ゲートにいける。



ルルモ ルルモ

また、こちらのマップには平面鬼沸きマップに付き物のマクロ対策モンスター、ルルモが出現する。

そのまま攻撃してしまうと町に戻されてしまうので、


毒噴射機

マップ内にあるこのような毒噴射機を5回ほど通常攻撃で叩いて起動しよう。

毒噴射機を起動したあとは普通に攻撃出来るようになる。



アル・研究所B-1区域・左

そしてもうひとつ、B-1区域には秘密通路への入り口がある。

ジェニミスト協会側にも同じようなものがあったが、果たしてその先には?















アル・研究所B-3区域 研究所B-3区域

B-1区域とは反対側のB-3区域。

B-2区域はちょうど中央ゲートに当たる位置になるためか存在しない。

こちらもB-1区域と同じようなほぼ平面の鬼沸き構造で、やっぱり微妙な安置もある。

ルルモが出現するのも同じで、二人以上で狩るのにはやはり手狭な感じ。

出現モンスターはアルカドノ最弱、アイアンミュテなのでアルカドノで一番最初にお世話になる狩り場だろうか?



ミニマップ上、左から数えて最初のポータルからは中央ゲートに、二番目のポータルからはA-3区域、

三番目のポータルからはC-3区域に行けるようになっている。














アル・研究所C-1区域 研究所C-1区域

マガティアで一番有名だろう、高効率狩り場のC-1区域。

平面鬼沸き、やや横に広めで安置あり。

出現モンスターはロイドLv.54。

特に紹介の必要性もないくらい有名な狩場&モンスターでなかろうか。

今どきの、ほぼ全ての冒険者がここでお世話になってそうだ。

いや昔はこんな効率マップなんてなくてのう(以下略)



ミニマップ上、左のポータルからはB-1区域、真ん中あたりでSSにも移っているのがミニダンジョン・禁断の実験室、

右側のポータルからはC-2区域にそれぞれ行ける。



ロイドのドロップは サファ闇クリ など。

装備ドロップはオリエンタイカン上下(赤・REQLv.60・戦士♂用)、ショルダーメイル上下(青・REQLv.50・戦士♂用)、

黄陽上下(REQLv.50・盗賊♂用)などが揃うので戦士や盗賊向け。

これといったレアドロはない。




アル・禁断の実験室 禁断の実験室

そしてこちらがC-1区域から行けるミニダンジョン、禁断の実験室。

こちらもロイドのみ出現。

C-1が人気過ぎて場所が取れないときなどに利用される感じ?

地形の問題でC-1と比べるとどうしても少し狩りにくいが、範囲攻撃が優秀な職業であれば複数の段差をまとめて巻き込めるので、

その場合の効率はC-1と遜色ないレベルが出るんじゃないだろうか。














アル・研究所C-2区域 研究所C-2区域

C-1のお隣、C-2区域。

C-1と並んでやはりこちらも人気が高い。

C-1と同じような構造で、こちらはロイドと一緒にネオヒュロイドLv.58が出現する。



ネオヒュロイドは、マガティアでは珍しく反撃してくるタイプ。

やる気の感じられないゆっくりしたミサイルを飛ばしてくる。

また毒噴射機があることから分かるようにルルモが沸くこともある。



ミニマップ上、左のポータルからはC-1区域、真ん中やや右辺りのポータルからは中央ゲートへ、

右側のポータルからはC-3区域にいける。



ネオヒュロイドのドロップは 金 など。

装備品はハイドフード(銀・盗賊用帽子・REQLv.60)、紫月上下(盗賊♀・REQLv.50)、黄月(盗賊手袋・REQLv.50)など、

妙に盗賊用の装備を落とすが他の職業の装備ドロップは少ない。

レアドロップには 60%書攻撃の書(手袋) がある。




アル・研究所C-2区域・隠し

また、このC-2には妙に高く何だか怪しい足場がある。

ここのてっぺんで上キーを押すと・・・



アル・関係者以外出入禁止区域 関係者以外出入禁止区域

隠しマップの関係者以外出入り禁止区域にいける。

こちらも平面構造で、沸きはそこそこだが横に狭いので移動は楽。

出現モンスターはヒールアタックが有効なサイティのみで聖魔さん向けの狩り場。

サイティはジェニミスト側にも沸いているが、サイティのみ沸くマップというのはここしかない。



ファウェン ファウェン

それとこのマップにはサイティに混じってNPCのファウェンがいる。

見た目はサイティと全く一緒なのでややこしいが、大体マップ右端にいるのでマウスポインタを合わせて探してみよう。

どう見ても幽霊だが、本人は死んでいることに気づいていないようだ。

一応これでもマガティアの秘密を解き明かしていく上で案外重要な人物。

ある閉ざされた場所への入り方を知っているようだが・・・。



自動警備システム 自動警備システム

そしてこちらも平面マップのお約束、マクロ対策モンスターの自動警備システムが出現。

もちろんそのまま攻撃すると追い出されるので、


制御装置

マップ内にある制御装置を調べて止めることで普通に攻撃出来るようになる。












アル・研究所C-3区域 研究所C-3区域

そしてアルカドノ最後の部屋、研究所C-3区域。

こちらはネオヒュロイドのみ沸く、二層構造のマップ。

平面でこそないが、沸きも良いので効率も充分。

ミニマップ上、左のポータルからC-2へ、右のポータルからはB-3区域へと行ける。



D.ロイド D.ロイド

またこちらのマップには中ボス、D.ロイドが出現する。

ジェニミスト側に出現する中ボス、ホムンスキュラが「正直の魔法石」を落とすように、

こちらのD.ロイドも「信頼の魔法石」を落とす。

どちらもマガティアのクエストを進める上で必要なアイテムだが、

何かとETC欄を圧迫しがちなので必要になってから取りに行くのがいいだろう。

やる気がないなら捨ててもOK。何度でも拾えますし。






っとそんなところでっと。

今回でこのオシリア旅行記編も終わりです。

次回は旅行記のラストとしてうっかり紹介し忘れてたフロリナビーチとカニングスクエアでも行きますか。



テーマ : メイプルストーリー
ジャンル : オンラインゲーム

tag : メイプル旅行記

コメント

非公開コメント

訪問者数
プロフィール

ぐんじょお

Author:ぐんじょお


メイプルストーリーぽぷら鯖で
ぼちぼち活動していた投げ賊

PSO2 ウル鯖にて活動開始!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。