FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ「効率良く遊ぼう」とするのだろう?

今回はちょっとネットマナーというテーマからは外れるようだが、

オンラインゲームで遊んでいてどうしても気になったことについて書いてみる。

実に不思議に思うことなので。






こう例えば実際に遊んでいるときにでも、

「どこどこの狩り場またはボスで~時間あたり~の経験値が得られた」

「私弱いんですけど、早くレベル上げたいから強い人手伝ってください」

「なんでこんな効率の悪いやり方で遊んでいるんですか?」

ってな感じの声をよく聞く。



2ちゃんなんかの掲示板でも、

「○○なんて装備なんか使ってんの?弱いのに?」

「××なんて種族(または職業)なんか選んじゃったの?情弱乙」

みたいな話がしばしば上がり、

ゲームの攻略サイトには、

「強いのは○○って武器です。それが手に入れにくい場合は××って武器がオススメです」

「効率よく経験値を稼げるオススメの狩り場は△△です」

みたいな情報が載っている。

これは最近やったどのゲームでも大体共通して言えることだった。






まぁ確かに攻略サイトに攻略のためのヒントを載せるのは当たり前だけれど。

そしてまぁ確かに分かる、

効率を求める理由は。

オンゲの多くはゲームの寿命(=プレイ時間)を引き伸ばすために、

なかなかレベルが上がらないようにしてあったり便利なアイテムの入手確率が意図的に下げてあったりする。

そのせいもあってゲームをしていて「レベル上げが辛い」「レアアイテムレア過ぎ」みたいな問題にはよくぶち当たるからだ。

まぁ、あっさりレベルあがったりレアアイテム取れてしまったりするとそれはそれで味気なくなっちゃう面もあるだろうけれど。



それでももっとこう、色々遊んじゃってもいいはずなんだ。

「○○って狩り場は経験値そんなに多くないけど楽しい」とか、

「××って装備、弱いけど見た目好きだから使ってる」とか、

「△△って職業、攻撃は弱いけど味方をサポートするのとか好きだからやってる」みたいな、

そんな楽しげな声で溢れかえっていてもいいと思うんですよ。

なのに、やれ最も効率高いのは云々とかやれ最強装備は云々みたいな話ばかりをよく聞くような気がする。




仕舞いにゃ、

「こういう組み合わせが最強なので、それ以外の弱いやつはいらない」

とか妙なことを言い出したり、

「こうすればもっと売れたのに」

とかお前はその会社の役員か株主かなのかとツッコミたくなるような話まで出る始末。

どうしてこうなった。













勉強や仕事で「効率」どうこう言うのは重要だ。

同じ時間勉強して10個の英単語覚える方法と20個の英単語を覚える方法があるのなら、

20個の英単語を覚えられる方法のが確実にいいし、

仕事では商品にかかる費用を1円でも減らして、1円でも多く売り上げを出せる方がいい。

しかし「効率」を「遊び」にまで持ち込むのは何故なんだぜ?



究極論、人間は遊ばなくても生きることが出来る。

何日もぶっ通しでほとんど休みなく働くことの出来る人もいるしね。

(まぁ得てしてそういう人は凄い発明しちゃったり、どこぞの大企業のシャッチョサンになってたりするんだが。

 まぁそういう人はほんと何千人だか何万人に一人くらいしかいないんだけれども。)

「効率を求めて生きる」場合は「遊び」は不必要とも言える。



しかし大抵の人間は何日もぶっ通しでほとんど休みなく働いたりすると、

体か心のどちらか、あるいは両方が壊れたりします。

で体を壊さないようにするためには適度な「休息」が必要で、

心を壊さないようにするためには生きていく上では無駄な「遊び」という息抜きが必要になる。

より効果的に遊ぼうと思うのなら「なるたけ盛大に無駄なことをする」ことになってくる。



要約すると、

「効率」を求める場合には「遊ぶ」必要がない。

ゲームなんかやっててもいい大学や会社にも入れないし、

成績が上がったり給料が増えたり昇進出来たり飯が食っていけたり服が買えたりする訳でもない。

より「遊ぼう」とした場合はより「無駄なこと」が必要になる。

そうなると「効率」=「無駄を省くこと」とは致命的に相容れない。

つまり「効率よく遊ぶ」というのは有り得ないことだ。



・・・と思うんだけどなぁ。












それにしたって「効率よく遊ぼうとする」人が多いように感じる。

まぁ、そういう人は「効率よく遊ぶ」ことの矛盾に気づけず、

結果としてうまくいかないから不満が溜まってそれを2ちゃんなんかで吐き出そうとして、

声が大きく聞こえるだけかもしれないけれど。

普通に「遊んでるなー」って感じられる人も普通にいるしなぁ。

「あ、この人分かってるな」って人もいるし、

「お、この人”粋”な遊び方をするじゃないか」って人もいるし、

「へぇ、この人はいっそマニアだな」って人もいて、

「うわぁダメだコイツは変態だ」って人もいるしな。



「”ちゃんと”遊んでる人」には大人が多いように見える。

「効率よく遊ぼうとする人」には子供が多いように見える。

では自分が子供のときはどうだったか?

・・・普通に無駄なことをして遊んでたと思うんだけれど。

今の子供は「ちゃんとした遊び方」を知らないんだろうか?

うーむ。

なぜだ。

分からん。










果たしてこれはインターネットのせいなんだろうか?

いわゆるゲーム脳のせいなんだろうか?

ゆとり教育のせいなんだろうか?

仕事のことしか考えないアナタのせいなんだろうか?

子供の面倒を見ていたオマエのせいなんだろうか?

それとも長引く不況のせいなんだろうか?

混迷極める日本の政治のせいなんだろうか?

あるいは草食系男子が増えたせいなんだろうか?

温室効果ガスの増加による地球温暖化のせいなんだろうか?

・・・それにしても何でこんなに雪が降るんだよチクショー。

日本の企業がエコ活動頑張り過ぎたせいなのか?

就職氷河期就職氷河期と世間が言い過ぎたせいでホントの氷河期でも来てしまうのか?








・・・誰のせいなんだろう?

・・・誰のせいなんだろう?

























・・・まぁこんなくだらないことで悩めるのは日本が平和な証拠だよなってオチに繋がるんですけどね。



↑なんてオチつけようと思ってたら、地震が来て日本が平和とか笑えないジョークに。

みんな生きろよ。

俺は大丈夫だ。



コメント

非公開コメント

No title

ぐんsも無事で安心しました。
私の方も、リア含め、概ねの状況がわかったところです。
今はただ皆の無事を祈るのみです。

何だか、色々ゆっくり考えて気を紛らわせたい気分なので、久々にまじめな書き込みします。

「たかがゲーム、所詮仮想空間のできごと」
そう言っている人たちにも、現実世界のストレスと折り合いをつける場所が必要です。
効率成果で追い立てられるのは、大人も子供も同じですから。

バランスをとるためのものが、何であるかは人それぞれ自由です。
年齢とか職業とか男も女も関係ありません。

自分が選ばなかったものに安らぎを見出している人の価値観にしっかり共感できるか?
NOでしょう。
誰もが、他の人から見れば「そんなことで?」と思い思われているんです。
それは仕方の無い事であり、同時にどうでもいい事でもあります。
自分が安らぐための世界、人に判断される筋合いはありませんから。

ただ、自分が選んだ安らぎの場所でさえ現実と同じような事、つまり効率成果を追い求めだしたらどうなっていくのか。
トップで居続ける事、ノルマをこなす事に固執するストレスを抱えだしたらどうなるのか。

いつかその競争に疲れ、自分が負け劣っていると感じる時が来るでしょう。

そして「たかが○○じゃないか」「つまんない」「そんなことにムキにならなくても」「他にやることないの?」って、言い出します。
それを貶めるしか、自分を救う手立てが無くなるからです。

冷めた上から目線で物申すといえば聞こえはいいかもしれませんが、要は自分の感情の折り合いをつける場所を失った人の恨み節です。
新しい場所を探さなければならない時が来ているんです。

純粋に無心に遊んでいられるのは、慣れ親しんだというより、新鮮な感情をそれに対して持っている時期だけなのかもしれません。
それでいくと、どんな世界でもいつかはストレスを抱え込むようになります。
趣味はたくさん持っていた方がよさそうですね。

以上、まじめに話してみました。
今度はまた、楽しい話しましょう。

それにしても原発大丈夫かな><  
地震国日本で、いつかは起きる事と想定はしていたんだろうけど、怖い・・・

効率をだす工夫をするのが楽しい

No title

初コメ失礼します。

効率を求めて遊ぶというのは日本人独特の文化なのではないでしょうか?
もちろん日本人全員、というわけではありませんが、日本人は余暇の使い方が上手であり下手であると思うのです。
ある作者は『余暇は「する」のではなく「である」ことが大切ではないのか?』と仰っています。
この言葉を言い換えてみますと、休みを使う(する)のではなく、休みである(である)事が大切だ。ということらしいのです。

具体的なことを言ってみますと、
旅行先でもガイドブック片手に一日中観光地をチェックしながら回る。
というのが良い例でしょうか。


しかし、外国人からすると、こういうのを見ると不思議がられるそうです。
「どうして日本人は休みでも仕事をしているのだ?」と。



纏めてみます。
私は休日はダラダラするのが好きなのでなんとも言いにくいのですが、
今の日本人は無駄が嫌いなのではないでしょうか?

出来るだけ無駄を省いて行動しようとする→効率化 に繋がることなのだと思います。

仕事仕事で心の余裕が無くなり、そのまま遊びにも心の余裕が無いまま遊ぶので、
結局遊んでいるのか仕事をしているのかわからなくなってしまいます。ただ、普通なら、です。
そんな習慣が長い間続いたのでそういった感覚が麻痺してしまったのではないでしょうか。

そしてそれが子ども達にとっても普通になってしまった…
→遊びにも無駄を省くようになった。
というのが私の考えです。




私は人造人間さんのあの言葉が好きです。
「その無駄が良いんじゃないか。」


日本人は昔なら「無駄」ということに趣を見いだせていた。
今は「無駄」は「無駄」でしかない。
「無駄」を素晴らしいと感じられる心の余裕が無くなってしまったのでしょうか。

そう思います。


長文失礼しました。
訪問者数
プロフィール

ぐんじょお

Author:ぐんじょお


メイプルストーリーぽぷら鯖で
ぼちぼち活動していた投げ賊

PSO2 ウル鯖にて活動開始!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。